エッグボード開業資金などFC契約条件は?

エッグボード開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい飲食系フランチャイズ、エッグボードの実態を暴く!

「エッグボード」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「エッグボード」についてしっかり学びましょう!

エッグボードについて

エッグボードは株式会社ビルトゥアの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「ニッポンを元気にするオムライスエンターテイメント」です。

エッグボードの会社概要

代表者名 加藤 大輔
本社所在地 〒472-0045 愛知県知立市長篠町大山18-1ギャラリエアピタ知立店1Fエッグボード内(営業本部)
その他事業所所在地 現在調査中
HP http://www.birutua.jp/eggboard_top.html
設立 37165
資本金 2,750万円
売上高 2億3,900万円(2015年12月期実績)
従業員数 100名(社員数12名)(2015年12月現在)

飲食系フランチャイズ、エッグボードのFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

エッグボードのフランチャイズ情報

初期費用 1,220万円(ショッピングセンター内飲食テナント30坪の場合)
開業までの日数 現在調査中
契約期間 現在調査中
契約更新費用 現在調査中

エッグボードの特徴と強み

エッグボードでは、本社とオーナーはウィンウィンの関係を築くことをモットーにしています。フランチャイズ加盟したら必ずしも儲かるという保証はありません。ノウハウやスキルは提供しますが、経営や店舗運営は各オーナーにすべてお任せするというスタンスです。提供されたノウハウをどう活かすか、いかに使いこなすかはオーナーの手腕にかかっています。本部はオーナーをしっかりと手伝いオーナーは自分の店を経営する、これがエッグボードの目指すフランチャイズの本質です。ただ独立したいという人やフランチャイズ加盟して成功したいという考えの方には、エッグボードのフランチャイズ加盟は向いていないでしょう。逆にエッグボードの考えに賛同している人にとっては、一緒に成長していけるチャンスであるとも言えます。オムライス専門の外食店はまだあまり数なく、競合が少ないというメリットがあります。ローコストでの開業に、少人数で手堅く経営できることがオムライス店の強みです。エッグボードは、路面店から大型ショッピング施設のテナントやフードコートまで幅広く対応できます。募集エリアは全国を対象としており、住み慣れた街での開業に限らず、故郷に戻って開業する夢を叶えても構いません。フォーマットや規定が決まった大手チェーンと違い、柔軟な対応ができることもメリットです。だからこそオーナーひとり一人が経営者としての責任をしっかり持ち、運営していくことが求められます。

エッグボードの研修やアフターフォローについて

 

飲食系フランチャイズ、エッグボードの需要や消費者の声

消費者ニーズ

エッグボードは、家族やカップル、おひとり様でも美味しく楽しい時間を過ごせることを目指しているオムライス専門店です。明るく温かみのある店内は、食卓のような感覚で来店できます。メニューは定番のケチャップライスから、しょうゆライスの和風、サフランライス、ドライカレーライス、明太子ライスとバリエーション豊かです。ご飯と卵という日本人の食卓にはなじみ深いこの組み合わせのオムライスに、無限の可能性を感じられるでしょう。エッグボードでは、オーダーを受けてから調理に取り掛かる方法を採用しています。ご飯を中華鍋で炒めて味付けし、卵で巻いてソースで仕上げるため工程は多いですが、作りたての美味しさに勝るものはありません。オムライスのメニュー開発に取り組みようやくたどり着いたのが、シンプルが一番であるということでした。だからエッグボードのオムライスは美味しいけれどどこか懐かしく、何度でも食べたくなる味なのです。お米には、三重県産のブランド米「みえのゆめ」を使用しています。粒が大きく食べ応えがあり、甘みも感じるのでオムライスに最適です。卵は愛知県や岐阜県にある提携農家から仕入れる新鮮卵を使い、研究センターで綿密な品質チェックを通過したのち届けられます。こだわり抜いた素材を使って作られるので、小さな子どもからシニア層までみんなが安心して美味しく食べることができます。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする