PABLO(パブロ)開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

PABLO(パブロ)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい飲食系フランチャイズ、PABLO(パブロ)の実態を暴く!

「PABLO(パブロ)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「PABLO(パブロ)」についてしっかり学びましょう!

PABLO(パブロ)について

PABLO(パブロ)は株式会社ドロキア・オラシイタの関西地方に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「「笑顔が広がるきっかけづくり」いわば、「トキメキスイッチ」をつくること」です。

PABLO(パブロ)の会社概要

代表者名嵜本 将光
本社所在地〒556-0015 大阪府大阪市浪速区敷津西2-1-8MKSビル
その他事業所所在地なし
HPhttp://www.drq.co.jp/
設立40969
資本金1,000万円
売上高現在調査中
従業員数623名(2017年6月現在)

飲食系フランチャイズ、PABLO(パブロ)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

PABLO(パブロ)のフランチャイズ情報

初期費用1,000万円
開業までの日数現在調査中
契約期間5年
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年2月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

PABLO(パブロ)の特徴と強み

チーズケーキの最も美味しい瞬間の焼きたてを提供するPABLO(パブロ)は、お客さまに驚きと感動を与えるチーズケーキ専門店です。独自の製法によって、チーズケーキの焼き加減を選べるようになっています。企業やスポーツチーム、コンビニとのタイアップスイーツを展開するなど、知名度が上がりつつある企業です。PABLOでは、ハイセンスな店舗とユニークなエンターテイメント性が特徴で、製造方法やバリエーション豊かなメニュー、焼き加減が選べるチーズケーキが他店にはない強みと言えるでしょう。フランチャイズ展開は法人が対象になっており、加盟推薦者には飲食事業経験のある企業が望ましいです。スイーツが好きで、ハイセンスなお店を開業したい人に向いている事業と言えるでしょう。フランチャイズ展開の種類としては、製造物販・物販のみ・カフェ・PABLOmini専門店の4種類です。製造物販とカフェの開業は、加盟金及び保証金として各500万円が必要で、物販のみとPABLOmini専門店は加盟金が各250万円、保証金が物販のみが500万円 PABLOmini専門店は150万円が必要になります。PABLOを開業する候補地は繁華街や駅周辺など、人通りが多く集客が見込まれる場所が好ましいです。また、展開する種類によって店舗面積の必要坪数が異なるため、候補地にどの種類の店舗を構えることができるのかを確認しておくといいでしょう。店舗面積以外にもストックヤードが必要なので、候補地には余裕のある広さが必要になります。また、販売促進の一役を担う広告チラシは、企業全体で作成するため、広告を発行した場合、広告分担金として1%を支払います。

PABLO(パブロ)の研修やアフターフォローについて

現在調査中

飲食系フランチャイズ、PABLO(パブロ)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

繁華街や駅周辺での開業は、家賃が高く敬遠しがちですが、開業することができれば、交通アクセスもよく人の往来も多いため、幅広い客層の十分な集客が見込めます。交通アクセスが良ければ、アルバイトやパートの採用に関しても母集団の形成がしやすいため、従業員確保も比較的しやすいでしょう。メニューはインスタ映えするものが多く、若い女性や流行に敏感なお客さまを集客できれば、広告費の節約にもつながります。定番メニューだけではなく、季節に応じたバリエーション豊かなメニュー展開がリピーターの獲得にもつながります。SNS社会が急成長している昨今、見た目にも鮮やかなスイーツ事業は今後も女性客を中心として成長していく事業と言えるでしょう。

その他の飲食系FC(フランチャイズ)

PABLO(パブロ)の他のスイーツ(パン屋・ケーキ屋など)に関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする