intopet(イントゥーペット)開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

intopet(イントゥーペット)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたいサービス系フランチャイズ、intopet(イントゥーペット)の実態を暴く!

「intopet(イントゥーペット)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「intopet(イントゥーペット)」についてしっかり学びましょう!

intopet(イントゥーペット)について

intopet(イントゥーペット)は合同会社Y&Tの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「お客様に喜ばれるサービスである「ペットシッター」を全国に広めたいという気持ちでサポートを行う。」です。

intopet(イントゥーペット)の会社概要

代表者名現在調査中
本社所在地〒270-2231 千葉県松戸市稔台7-28-5
その他事業所所在地現在調査中
HPhttps://petsitter.intopet.jp/company/
設立現在調査中
資本金現在調査中
売上高現在調査中
従業員数現在調査中

サービス系フランチャイズ、intopet(イントゥーペット)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

intopet(イントゥーペット)のフランチャイズ情報

初期費用39,800円
開業までの日数2~3カ月
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年1月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

intopet(イントゥーペット)の特徴と強み

intopetは、ペットシッターを運営している会社が始めたペットシッター事業の開業支援サポートサービスです。消費者ニーズを体感している会社だからこそ行うことのできる、行き届いた事業サポートを受けることが可能です。全国どこでも店舗を持つことなく、ペットシッターやキャットシッター、また犬の散歩代行の自宅開業が可能です。Intopetでは、個人では加入することができないペット事業関連の損害保険にも、intopetの月額サポートを受けることで加入できるというメリットがあります。その他サービス内容として、ホームページ作成のサポートも行っており、更新料なしのホームページのように余計な広告が入ることのない独自のページを作成することが可能です。

intopet(イントゥーペット)の研修やアフターフォローについて

intopetでは、開業時の支援をするスタートパックがあり、ペットシッター運営マニュアルや、動物の取り扱い方や店舗運営方法などの研修が充実しています。開業までに行う研修に回数の制限はなく、納得がいくまで徹底して行えるのが特徴です。開業する地域の需要に対する助言や、ペットシッター運営時に必要となる書類一式の提供もあり、開業手続きもスムーズです。開業後のアフターフォローの中には、月額17,000円でペットシッター保険の加入やホームページの編集、現役ペットシッターによる相談などのサポートを受けることができます。また、開業後の研修は何度でも更新料なし受講が可能という体制も整っています。ペットシッターやキャットシッターの資格がない場合は、最適な資格の提案や手続き方法などのサポートも受けることが可能です。

サービス系フランチャイズ、intopet(イントゥーペット)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

近年のペットブームによって、ペットシッターの需要が高まっていることに対して、全国におけるペットシッターの数は決して多いとは言えず、サービスを受けたい時に受けられないことも多いのが現状です。一方で、ペットシッターの資格保有者もそのまま資格を活かすことができていないという、需要と供給のバランスが取れていない状況にあります。困っている飼い主様に喜んでもらえるペットシッター事業の認知度を上げ、ペットシッターの数を全国的に増やしていくことが必要です。一度飼い主様からの信頼を得ることができれば、継続して依頼される固定客が増え、売り上げの安定へ繋がります。ペットブームで飼い始められたペット達が年老いてくることで、飼い主に更に手がかかるようになることからも、ペットシッターの需要は今後も増え続けると言えるでしょう。

その他のサービス系FC(フランチャイズ)

intopet(イントゥーペット)の他のペットに関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする