hug house (ハグハウス)開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

hug house (ハグハウス)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい小売系フランチャイズ、hug house (ハグハウス)の実態を暴く!

「hug house (ハグハウス)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「hug house (ハグハウス)」についてしっかり学びましょう!

hug house (ハグハウス)について

hug house (ハグハウス)は株式会社ヤマチコーポレーションの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「私たちは既成概念にとらわれず新しい価値を創造しグローバルな視点からトータルライフスタイルを提案し地域社会に貢献していきます。」です。

hug house (ハグハウス)の会社概要

代表者名山地 章夫
本社所在地〒060-0001 札幌市中央区北1条西10丁目1-17北一条山地ビルディング3F
その他事業所所在地現在調査中
HPhttp://www.yamachi-corp.jp/
設立21245
資本金5,000万円
売上高68億円
従業員数230名

小売系フランチャイズ、hug house (ハグハウス)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

hug house (ハグハウス)のフランチャイズ情報

初期費用現在調査中
開業までの日数現在調査中
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年2月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

hug house (ハグハウス)の特徴と強み

子育て世代をターゲットにした新しい住宅商品のブランドとして、「hug house」は誕生しました。夫婦で作る子どもへの愛情表現をコンセプトにした家で、毎年契約棟数を増やしています。ターゲットを絞り込み、世代のニーズに合わせたデザインや仕様にした、シンプルモダンで温かみのある住宅が特徴です。建材商社としての強みを活かし、高品質・高性能な建材の提供で、価格を抑えながら優れたデザインや素材を採用した規格住宅を実現しました。仕様やプランが決まっているので、安定した利益率を確保できるのが強みです。ハグハウスは、他社とは異なる独自の営業スキームでお客さまを獲得しています。ユニークな仕様書説明マンガや実例紹介ブックなどの販促ツールが充実しているので、すぐ取り組めるのもメリットのひとつです。

hug house (ハグハウス)の研修やアフターフォローについて

ハグハウスでは、フランチャイズ加盟後の導入研修を行っています。実際にモデルハウスを見学し、建材や構造などを学び営業や原価などの説明を受けます。この研修で大部分が理解できるようになっているので、次の日からでも営業活動に取り掛かれるのが特徴です。その後は、ハグ活動フォローとしてスーパーバイザーによる定期訪問を行っています。1ヶ月に1度の訪問で、棟数計画の作成や進捗確認などのフォローを行い、本部が一緒になって目標棟数に到達するためのサポートをしています。また、年に数回加盟店が集まる研修は、加盟各社の状況や取組みなどの情報共有ができる良い機会です。これらの充実したアフターフォローと販促ツールにより、契約棟数を増やしています。

小売系フランチャイズ、hug house (ハグハウス)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

団塊ジュニア世代・ポスト団塊ジュニア世代をターゲットにしたハグハウスは、若い子育て世帯のニーズにマッチしています。デザインはもちろんのこと、家族とのコミュニケーションを重視しつつ、各個人の過ごし方を尊重できるプランを提供しています。1ブランドに約10パターンの図面があり価格も設定されているので、商品を選ぶように仕様を決めていけば、ライフスタイルにあったプランの完成です。集成材と+HS金物の在来工法で、シンプルモダンを基本にしたおしゃれで温かみのある家を建てられます。パッケージ住宅ですが、オリジナル輸入建材を使ってオリジナリティを演出することも可能です。高性能で高品質な仕様を取り入れながらも手に入る価格帯であることが重要なポイントとなり、子育て世帯を中心に選ばれています。

その他の小売系FC(フランチャイズ)

hug house (ハグハウス)の他の不動産・住宅に関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする