FUNE(フューネ)開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

FUNE(フューネ)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたいサービス系フランチャイズ、FUNE(フューネ)の実態を暴く!

「FUNE(フューネ)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「FUNE(フューネ)」についてしっかり学びましょう!

FUNE(フューネ)について

FUNE(フューネ)は株式会社FUNE フューネの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「親切・丁寧が合言葉 広げよう信用の輪と連帯の和」です。

FUNE(フューネ)の会社概要

代表者名三浦 直樹
本社所在地〒471-0034 豊田市小坂本町六丁目15番地
その他事業所所在地現在調査中
HPhttp://www.fune.ne.jp/
設立27749
資本金現在調査中
売上高現在調査中
従業員数200名

サービス系フランチャイズ、FUNE(フューネ)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

FUNE(フューネ)のフランチャイズ情報

初期費用8,980万円~1億1,930万円
開業までの日数最短18ヶ月
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年4月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

FUNE(フューネ)の特徴と強み

「FUNE(フューネ)」は全国でフランチャイズ展開を行う企業です。このフランチャイズは対象を個人から同業形態の法人までと幅広く募集しており、個人・法人それぞれに最適な状況で開業できるフランチャイズパッケージを3通り用意しています。業界の経験がないオーナー希望者には、FCパッケージ1として新規参入事業者向けのフルパッケージを用意しています。パッケージ内容には葬儀会館用地の選択から営業・事務管理ツールの提供・指導までトータルサポートされており、業界知識ゼロからの経営も可能です。葬儀業界の経験がある法人に対しては、FCパッケージ2として同事業者向けのパッケージを提供しています。FCパッケージ1に含まれていた市場調査や広告費用など、同事業者ではすでにノウハウを有する部分を省略することで、最低限の初期費用で営業を開始することが可能となっています。FCパッケージ3はさらに業界経験のある法人へ向けたパッケージです。「FUNE(フューネ)」では独自の葬儀形態を確立しており、他社と差別化されたサービスを自社プランに加えたい、「FUNE(フューネ)」と提携することによってより深い消費者ニーズを得たいと考える法人に適した内容となっています。

FUNE(フューネ)の研修やアフターフォローについて

「FUNE(フューネ)」では、開業前に業界知識や営業のノウハウを学べる教育研修を実施しています。研修では従業員の募集や従業員指導から始まり、徹底した業界知識を習得することが可能です。この開業前研修の間に、オーナーが希望する土地が葬儀会館経営に適しているかどうかの疑問、開業や営業に関する様々な疑問を解消できる質疑応答の時間があるので、疑問を解消した状態で営業を開始することができます。「FUNE(フューネ)」は葬祭業教育機関を運営しており、希望者はこの機関を受講することが可能です。

サービス系フランチャイズ、FUNE(フューネ)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

葬儀社が身を置く葬儀業界は、公取委の調査によると市場規模は約7,000億円以上とも言われています。国内死亡者数は増加の傾向にありますが、葬儀自体の平均単価は下落しているのです。そのため、他社との差別化をしっかりと図り、企業独自のサービスを提供することによって顧客ニーズを高めると、十分な市場規模が広がる環境下で安定した経営を実現することが可能です。「FUNE(フューネ)」が提案する葬儀の形は、業界でも珍しい洋館施設での1日1組限定葬儀です。顧客のニーズが縮小の傾向にある今、多数の葬儀を請け負って数をこなすよりも、顧客満足度を充分に高めて長期的な人気を得る経営方法が重要となります。「FUNE(フューネ)」はこの点に着目し、多様化する顧客ニーズに応えられる充分なサービスを提案するため、拡大する葬儀市場の中で他社よりも優位に経営を存続することができると言えるでしょう。

その他のサービス系FC(フランチャイズ)

FUNE(フューネ)の他の冠婚葬祭に関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする