ECCジュニア開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

ECCジュニア開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたいサービス系フランチャイズ、ECCジュニアの実態を暴く!

「ECCジュニア」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「ECCジュニア」についてしっかり学びましょう!

ECCジュニアについて

ECCジュニアは株式会社ECCの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「「生涯学習」ができるユニークな総合教育機関」です。

ECCジュニアの会社概要

代表者名山口 勝美
本社所在地〒530-0044 大阪市北区東天満1-10-20
その他事業所所在地全国にセンターが44カ所あり
HPhttp://www.eccjr.com/
設立27395
資本金4,500万円
売上高419億9,700万円(2016年5月期)
従業員数1,482名、講師3,595名

サービス系フランチャイズ、ECCジュニアのFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

ECCジュニアのフランチャイズ情報

初期費用契約金3万円・4,000円の収入印紙
開業までの日数現在調査中
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年3月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

ECCジュニアの特徴と強み

ECCジュニアに通う生徒達は、幼児から中学生までの子ども達です。そんな子ども達に直接向かい合うホームティーチャーの仕事は、子どもの成長を見守りながら自分も成長することができる魅力的な仕事といえるでしょう。ホームティーチャーになるために、特別な資格は必要ありません。中学3年生までの基本的英語知識があればいいので、教員免許などを持っていない人でも教室を開設することができます。また、ECCジュニアの開設コースに合わせて自由にレッスン時間を設定することができるので、空いた時間を有効的に使うことができます。6畳程度のスペースがあれば、自宅で教室を開設することができる点も特徴です。また、賃料が発生しないので、コストを抑えることができます。自宅が使えない場合は貸会場の使用も可能です。その場合は、教室運営補助金を利用することができるので、資金面も安心です。

ECCジュニアの研修やアフターフォローについて

ECCジュニアでは教室開設時、開講するコース別に研修が行われるため、安心して教室をスタートさせることができます。研修終了後は、ECCジュニアホームティーチャー講師認定証が発行されます。ホワイトボードなどの備品は、ホームティーチャー自身が用意する必要がありますが、教室名入り看板提供・チラシ作成・パンフレットの更新料なし支給などのサポートは受けることが可能です。募集活動応援費として5万円の支給がある点も大きなメリットです。ホームティーチャー対象の研修制度も設けられており、レッスンスキルの習得や指導力向上などもでき、スキルアップもしやすい環境といえます。また、ECCジュニアで所定講座を受講すると小学校英語指導者資格の取得もできる点も特徴です。教室運営においてプラス要素になるだけでなく、小学校の英語指導者など活躍の場も広がります。

サービス系フランチャイズ、ECCジュニアの需要や消費者の声

消費者ニーズ

ますます国際化が進み、グローバルな人材育成が求められている社会背景において、幼少期から英語を習わせたいと考える家庭が増加傾向にあります。そんな中、歴史と伝統、長年の実績を持つECCジュニアは、高い質を保っている英語教室です。2017年には、「イード・アワード2017子ども英語教室」の幼児部・小学生部ともに顧客満足度No.1を受賞しており、その質の良さが裏付けされています。ECCジュニアで使用される教材は独自のノウハウにより編み出されたオリジナル教材です。最も効果的な教授法をもとにして作られているため、学習効果を大きく高められる内容となっています。英語教育において歴史・実績 を持つECCジュニアは、子どもの習いごととして選択されることの多い英語教室といえるでしょう。

その他のサービス系FC(フランチャイズ)

ECCジュニアの他の幼児教育・保育園に関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする