CoCo壱番屋開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

CoCo壱番屋開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい飲食系フランチャイズ、CoCo壱番屋の実態を暴く!

「CoCo壱番屋」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「CoCo壱番屋」についてしっかり学びましょう!

CoCo壱番屋について

CoCo壱番屋は株式会社 壱番屋の全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「経営を通じ人々に感動を与え続け、地域・社会に必要とされる存在となること」です。

CoCo壱番屋の会社概要

代表者名浜島 俊哉
本社所在地〒491-0827 愛知県一宮市三ツ井六丁目12番23号
その他事業所所在地現在調査中
HPhttps://www.ichibanya.co.jp/comp/
設立30133
資本金15億327万円
売上高702億円
従業員数792名

飲食系フランチャイズ、CoCo壱番屋のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

CoCo壱番屋のフランチャイズ情報

初期費用現在調査中
開業までの日数最低2年
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年2月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

CoCo壱番屋の特徴と強み

日本全国と10の国と地域合わせてカレーチェーン店「CoCo壱番屋」を1458店も展開する「株式会社壱番屋」は、じっくり育ててから独立を認める「ブルームシステム」と呼ばれるフランチャイズの形式を採用しています。ブルームシステムとは、独立する前にまず「CoCo壱番屋」を運営する「壱番屋」に正社員として入社し、社員として働きながらノウハウを身に付けた上で独立をする制度です。社員として勤務する間9つの等級で評価をされ、第3等級以上となると独立が認められる仕組みになっています。そのため、独立開業まで最低2年と時間はかかりますが、その分経験・ノウハウを蓄積することができ自信をもって開業することができます。実際、開業後の継続率は10年間で90%近くになり、10年以上営業している店は1割程度と言われる飲食業界においてこの数字は大きな強みと言えます。

CoCo壱番屋の研修やアフターフォローについて

正社員として入社することで、給与を得ながら店舗運営などの経営スキルを学ぶことができるのが「壱番屋」の大きな特徴です。独立を前提として、店内のオペレーションから人事管理・原価管理・収益の確保をOJTで学ぶことができるシステムになっているのです。独立時には資金の融資保証や物件提供を受けることができるため、資金ゼロで独立を目指せます。独立後には本部のスーパーバイザーが定期的に経営相談を実施しています。その他食材の安定供給・店舗メンテナンス・広告宣伝なども壱番屋ならではのスケールを活かすことが可能です。独立したオーナー同士の情報共有会も行われるなど、独立後長く続けていくことができる仕組みが構築されています。

飲食系フランチャイズ、CoCo壱番屋の需要や消費者の声

消費者ニーズ

全国に1302店舗、アメリカ・中国・韓国・タイ・フィリピンなど10の国と地域に156店舗展開する「CoCo壱番屋」は2013年に「世界でもっとも大きいカレーレストランチェーン」としてギネス記録に認定されました。ルーの種類や辛さ・トッピングが選べ、どんな客層でも対応可能なため業績を伸ばしてきました。2017年9月決算によると年間に国内で625億円、海外で77億円を売り上げています。現在では店舗での飲食のみならず宅配やテイクアウトも行ない、単身者や増加している共働き家庭などのニーズに応えています。また、近隣に店舗がない人の要望に応えるため、レトルトカレーの通販も行なっています。「壱番屋」では人口4万人ごとに店舗を出店できる余地があると考えており、今後も積極的な出店と顧客の増加が見込まれています。

その他の飲食系FC(フランチャイズ)

CoCo壱番屋の他のカレーに関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする