BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい飲食系フランチャイズ、BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)の実態を暴く!

「BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)」についてしっかり学びましょう!

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)について

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)は株式会社ビーアンドエムの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「現在調査中」です。

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)の会社概要

代表者名小宮山 誠
本社所在地〒164-0011 東京都中野区中央4-60-3銀座ルノアールビル
その他事業所所在地現在調査中
HPhttp://www.blenz-japan.com/index.html
設立33543
資本金3,000万円
売上高現在調査中
従業員数現在調査中

飲食系フランチャイズ、BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)のフランチャイズ情報

初期費用1,250万円~
開業までの日数約半年
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年2月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)の特徴と強み

BLENZ COFFEEはバンクーバー発祥のカフェチェーンで、バンクーバーのブリティッシュコロンビア州において店舗数No.1を誇っています。日本においては、株式会社ビーアンドエムがBLENZ COFFEEのマスターフランチャイザーとして運営を行っています。カフェ戦国時代とも言われるほど全国にはカフェの店舗が数ある中で、BLENZ COFFEEでは、最高のコクを求めて最高級のアラビカコーヒー豆のみ使用しているのが特徴です。焙煎方法にも焦がし過ぎず苦過ぎないように工夫を行っています。また、「手作りのおいしさ」を基本コンセプトとしており、ラテアートを取り入れています。カフェを提供するだけでなく、お客さまにもラテアートを実際に体験していただく体験型店舗を経営することもでき、他のカフェとの差別化を図ることが可能です。

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)の研修やアフターフォローについて

フランチャイズに加盟するにあたって、初期費用を安く抑えて開業しやすいよう、「ミニマムタイプ」と呼ばれる低コスト型の開業モデルが用意されています。ミニマムタイプの費用は1,250万円からとなっており、加盟金や保証金、設計費や什器代といった開業に必要なコストがほとんど含まれているのが特徴です。フランチャイズへの加盟後は、店舗物件や施工業者の選定や出店手続きなどの準備が必要ですが、BLENZ COFFEEではこのような煩雑な手続きを本部スタッフがサポートしてくれます。そのため、オープン準備などに手間取ることなく開業への道のりを進めることができます。店舗形態など状況にもよりますが、フランチャイズ申し込み後、約半年程度の期間でオープンすることが可能です。本格的なコーヒーやラテをお客さまに提供するため、本部スタッフによる丁寧な研修が設けられており、研修期間は店長で約1カ月、スタッフは約5~15日程度となっています。オープン後も本部スタッフによる定期的なチェックも行われるため、カフェに必要な高い技術を維持することができるのがポイントです。

飲食系フランチャイズ、BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

BLENZ COFFEEでは、コーヒーの他にエスプレッソの上に泡立てたスチームミルクを注いで模様を描くラテアートに特に力を入れています。BLENZ COFFEEのラテの種類は7種類あり、ベースもエスプレッソコーヒーやほうじ茶、抹茶、紅茶など好みや気分に合わせて選べるのもポイントです。様々な模様と絵がインスタ映えするラテアートは、特に女性消費者からのニーズが高いと考えられます。BLENZ COFFEEでは、通常のカフェ経営以外にも、初心者向けのラテアート教室やラテアート大会などのラテアートに親しむイベントを開催しています。ラテアートは子どもから大人まで年齢に関係なく楽しめるのが魅力であり、イベントを定期的に行うことで単なるカフェだけでなく、地域のつながりの場となることも可能です。人同士のやりとりが希薄になりがちな現代において、つながりの場は幅広い年代層にとって憩いとなることでしょう。

その他の飲食系FC(フランチャイズ)

BLENZ COFFEE(ブレンズコーヒー)の他のカフェ・喫茶店・レストランに関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする