BIGOLI(ビゴリ)開業資金などFC契約条件は?

2018.07.12

BIGOLI(ビゴリ)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい飲食系フランチャイズ、BIGOLI(ビゴリ)の実態を暴く!

「BIGOLI(ビゴリ)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「BIGOLI(ビゴリ)」についてしっかり学びましょう!

BIGOLI(ビゴリ)について

BIGOLI(ビゴリ)は株式会社ジェイ・イシカワの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「現在調査中」です。

BIGOLI(ビゴリ)の会社概要

代表者名石川 潤治
本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目4番14号ダイヤモンドビル赤坂5階
その他事業所所在地現在調査中
HPhttp://bigoli.jp/
設立37043
資本金300万円
売上高現在調査中
従業員数現在調査中

飲食系フランチャイズ、BIGOLI(ビゴリ)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

BIGOLI(ビゴリ)のフランチャイズ情報

初期費用現在調査中
開業までの日数現在調査中
契約期間現在調査中
契約更新費用現在調査中

※上記の情報は平成30年2月にオフィシャルホームページ、フランチャイズ比較サイトにて調査いたしました。

BIGOLI(ビゴリ)の特徴と強み

BIGOLIで提供されるパスタは、北イタリア名産のビゴリという種類です。日本人が好むとされているモチモチ感や強いコシが特徴です。他店では味わえない新食感のパスタは、近隣の競合店との差別化を図れます。麺もソースも冷凍保存が可能なため、食材のロスが低いのも特徴です。生麺を採用しているため、提供までの平均時間が4分と大変スピーディーで既存のパスタ店では見られない回転率も期待できるでしょう。麺を茹でることができれば、特別な調理器具は必要ありません。小さなロットから始められるので、初期負担が少ないのもメリットと言えるでしょう。また、フランチャイズとして加盟するだけでなく、メニューライセンスの提供も行われているようです。メニューライセンスを契約することで、調理器具やスペースがないバーでも扱えたり、他業種の飲食店の裏メニューとして提供できたりします。学食や移動販売車のメニューとしても取り入れられます。レシピは、実績があるボロネーゼから焼きそばまで、幅広く選択可能です。これらの特徴から、パスタランチだけで100食が目指せます。

BIGOLI(ビゴリ)の研修やアフターフォローについて

現在調査中

飲食系フランチャイズ、BIGOLI(ビゴリ)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

イタリア北部ヴェネト州名産のビゴリというパスタは、日本人に好まれる食感が特徴です。太くザラザラした表面は、特製ソースとよく絡みます。このような本格的なパスタは、高級イタリアンのコース料理として提供されることが多く、手軽に食べられませんでした。しかし、BIGOLIでは、1人前の価格を590円からとリーズナブルに設定することで、いつでも手軽に食べられるようになりました。また、従来のパスタの量では、男性にとって物足りない場合が多かったのですが、BIGOLIでは特盛にも対応可能です。高級パスタを、まるでラーメン店のような価格とボリュームでいただけます。また、生麺のパスタを採用することで茹で時間を短縮でき、提供までの時間は約4分とスピーディーです。そのため、時間が限られているランチタイムでも多くのお客さまに利用してもらえるでしょう。メニューはBIGOLI自慢のボロネーゼをはじめ、12種類を用意しています。テイクアウトは、カップに入ったパスタ、ピッコロが提供されます。フォトジェニックな見た目は話題性も期待できるでしょう。これまでの高くて時間がかかるというパスタのイメージを覆すBIGOLIは、幅広い世代に受け入れられ、成長していく企業と言えるでしょう。

その他の飲食系FC(フランチャイズ)

BIGOLI(ビゴリ)の他のファーストフード・ハンバーガーに関するFC(フランチャイズ)情報はこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする