マツヤデンキ開業資金などFC契約条件は?

2018.05.17

マツヤデンキ開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい小売系フランチャイズ、マツヤデンキの実態を暴く!

「マツヤデンキ」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「マツヤデンキ」についてしっかり学びましょう!

マツヤデンキについて

マツヤデンキは株式会社マツヤデンキの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「「感謝の心」と「信頼の絆」で地域社会に密着し、「創造と挑戦」をもって、豊かで快適な暮らしに貢献します」です。

マツヤデンキの会社概要

代表者名 瀧川 一隆
本社所在地 〒551-0031 大阪市大正区泉尾3丁目11番14号
その他事業所所在地 〒463-0067 愛知県名古屋市守山区守山3-10-22、〒007-0809札幌市東区東苗穂9条1丁目2-15マツヤデンキ札苗店2F
HP https://www.matsuyadenki.jp/
設立 現在調査中
資本金 現在調査中
売上高 現在調査中
従業員数 602名(2012年2月29日現在)

小売系フランチャイズ、マツヤデンキのFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

マツヤデンキのフランチャイズ情報

初期費用 現在調査中
開業までの日数 現在調査中
契約期間 現在調査中
契約更新費用 現在調査中

マツヤデンキの特徴と強み

マツヤデンキの強みは、業界トップのヤマダ電機グループであるからこそ実現できる、仕入れ価格と品揃えが挙げられます。圧倒的な商品力は、競争の激しい家電量販店の中でもお客さまに満足した売り場を提供することができる点で強みといえます。またヤマダ電機グループに属していることで、家電製品を大量に仕入れることを可能にしました。そのため商品仕入れ価格を抑えられ、お客さまに満足していただける価格で商品を提供することができるだけでなく、家電業界の競争の中でも確実に利益を生むことができます。またヤマダ電機のPOSシステムを導入していることで、営業力をバックアップする体制が整っています。地域密着を実践する直営店を構えていることもあり、安くて効率的な販促を行うことができます。

マツヤデンキの研修やアフターフォローについて

マツヤデンキは全国に直営店舗を数多くもつことから、全国のフランチャイズ加盟店との売り上げを比較し、本部による指導体制が整っています。マツヤデンキの経営には、ヤマダ電機で培ってきたノウハウをもとに行われるため、オーナーとして右も左も分からないという方であっても安心したサポートを受けることができます。オール電化や太陽光発電など自店舗では難しい見積もりや工事の依頼に対しても、ヤマダ電機のネットワークによって承ることができるようフォローアップしてくれます。ヤマダ電機は各グループ会社の事業に応じた資格取得を企業として支援しており、マツヤデンキに対しては、家電製品アドバイザーの資格取得を推し進めています。

小売系フランチャイズ、マツヤデンキの需要や消費者の声

消費者ニーズ

店内に多くの商品を並べた家電量販店がひしめき合う風景は主に都市部に限られたことであり、郊外に住む人々にとっては、昔のように小さな店舗がないと困る場合もあります。また家電製品は店舗だけではなく、今やネットでも簡単に購入できる時代になっていることもあり、ただ単に商品を並べるだけではお客さまを呼ぶことが難しくなっています。マツヤデンキは、小さいながらも全国に店舗ネットワークを持つことで、万が一商品が故障した場合などにも、フットワーク軽くお客さまの要望に応えることができ、安心感を与えられます。消耗品や周辺商品などは実際に手に取らないと分かりづらいものも多く、エアコンや冷蔵庫などの設置商品はなかなかネットでは購入しにくいものです。高齢化社会を迎える日本においては、ただ家電製品を購入するだけではなく、サービスを一緒に提供することで商品への安心感を獲得することができ、結果的にお客さまの満足度向上と顧客獲得へとつながると考えられます。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする