WASH&FOLD開業資金などFC契約条件は?

WASH&FOLD開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたいサービス系フランチャイズ、WASH&FOLDの実態を暴く!

「WASH&FOLD」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「WASH&FOLD」についてしっかり学びましょう!

WASH&FOLDについて

WASH&FOLDは株式会社アピッシュの全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「社会性・国際性・話題性を兼ね備えた企業つくり(一部抜粋)」です。

WASH&FOLDの会社概要

代表者名 山崎 美香
本社所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-12-11
その他事業所所在地 現在調査中
HP https://wash-fold.com/
設立 35977
資本金 1,000万円
売上高 4億7,000万円
従業員数 35名

サービス系フランチャイズ、WASH&FOLDのFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

WASH&FOLDのフランチャイズ情報

初期費用 1,430万円~
開業までの日数 現在調査中
契約期間 7年(以降5年更新)
契約更新費用 現在調査中

WASH&FOLDの特徴と強み

WASH&FOLDは毎日の家事の1つである洗濯にスポットをあて、家事代行としてサービスを提供します。繰り返し利用してもらうことで積み上げる、地域密着のビジネスです。WASHは「洗濯」、FOLDは「畳む」を意味し、普段の洗濯を代行するWASH&FOLDサービスは、欧米の国々では一般に広まっています。しかし日本では、WASH&FOLDのようなビジネスモデルはまだメジャーな事業とは言えません。未開拓な市場ではありますが、だからこそ競合やライバルも少ないため、可能性や将来性を秘めた業界であることが強みでしょう。独立希望から法人の新規事業まで、幅広く募集しています。加盟金は210万円で、これには教育訓練費が含まれています。内外装設備は物件により異なりますが約1,000万円となっており、保証金100万円と店舗取得費用や車両取得費用を含んで、合計1,430万円程度の開業資金が必要です。

WASH&FOLDの研修やアフターフォローについて

WASH&FOLDはフランチャイズ契約ではなく、オーナーとして独立したい場合も受け入れています。直営店で勤務しながら、仕事内容からノウハウ、経営まで学んでいきます。経験を積み重ねることで、自信をつけたうえで独立できるでしょう。フランチャイズに加盟して個人開業または法人の新規事業の場合は、開業前研修が実施されます。店舗オペレーションを徹底指導するので、初心者でも安心して始められます。店舗の施工管理についても本部が一貫して行うため、業務を分担しつつ経営に専念できるという利点を活かし、夫婦で開業する例も少なくないようです。ノウハウを習得し、運営ができるようになるまでしっかりと指導を行います。開業後はスーパーバイザーが訪問し、事業運営についてサポートします。

サービス系フランチャイズ、WASH&FOLDの需要や消費者の声

消費者ニーズ

単身赴任中や仕事が忙しくて洗濯する時間がない人をはじめ、洗濯物を干す場所に困っている家庭や悪天候で洗濯ができないなど、洗濯に関する悩みは尽きません。WASH&FOLDはさまざまな洗濯の悩みを解決する洗濯代行サービスです。ガラス張りで明るく開放的なコインランドリーは、既成概念を大きく覆しました。まるでカフェのような、オシャレで洗練された雰囲気に仕上がっています。無人ではなくスタッフが常駐しているので、防犯が気になる一人暮らしの女性や、機械の操作が不安な人も安心して利用できるでしょう。2017年に登場した葉山店は、代官山で人気のジューススタンドと地元の老舗ベーカリーが併設した店舗です。コインランドリー直営店として初となる、飲食店との共同出店を果たしました。複合的なサービスを提供するなど、今後の展開にも注目が集まります。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする