オレンジペットシッター開業資金などFC契約条件は?

2018.04.30

オレンジペットシッター開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたいサービス系フランチャイズ、オレンジペットシッターの実態を暴く!

「オレンジペットシッター」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「オレンジペットシッター」についてしっかり学びましょう!

オレンジペットシッターについて

オレンジペットシッターは株式会社ブルックデザインの東京23区、横浜市、川崎市、京都市、大阪市、神戸市、広島市を除く全都道府県在住の方(上記エリアは直営エリアとなります)に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「現在調査中」です。

オレンジペットシッターの会社概要

代表者名 小川 晋平
本社所在地 〒154-0002東京都世田谷区下馬6-14-12
その他事業所所在地 〒532-0022 大阪市淀川区野中南1-6-5丸善野中ビル2F
HP http://orange-petsitter.com/
設立 38808
資本金 1,000万円
売上高 現在調査中
従業員数 90名

サービス系フランチャイズ、オレンジペットシッターのFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

オレンジペットシッターのフランチャイズ情報

初期費用 現在調査中
開業までの日数 現在調査中
契約期間 現在調査中
契約更新費用 現在調査中

オレンジペットシッターの特徴と強み

オレンジペットシッターの特徴は、サービスのクオリティが高い点です。預かる前にお客さまと事前打ち合わせを行い、当日してほしい世話内容・覚えていてほしいペットの癖・注意点などをよく話し合い、シッターと情報を共有します。実際預かる時間帯にお客さまと関わることがない分、シッターとのコミュニケーションを大事にすることでお客さまの信頼を得ることができ、リピート率アップへ繋ぐことができるのです。他にも駒沢にオープンした「ドッグホテルサブローハウス」では、ペットが宿泊することができます。料金は相場より高いものの、通常のペットホテルとは異なり、ケージに入れず自由にホテル内を移動できるので、ペットにとってストレスがありません。ペットを家族のように可愛がるお客さまに嬉しいメリットで、他店にはないサービス内容なので人気です。

オレンジペットシッターの研修やアフターフォローについて

最初に、東京での個別説明会への参加と面接が必要です。研修はマニュアル化されていて、ペットに対する扱い方などの基本講習を受講します。知識を習得した後は最長で5日間の実技講習に移り、実際にペットに触れることで、ペットシッターとして必要な実技スキルを習得することが可能です。2006年に「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」が定められたことにより、ペットに関わる業務を営む際は、動物取扱責任者を登録することが義務付けられました。オーナー様自身がシッターとして勤務しない場合は、従業員を責任者として選任する必要があるので注意しましょう。営業に必要な備品は本社で用意され、ホームページの管理は一任でき、集客や受付業務の代行などフォローも手厚いので、開業初心者の方にも安心です。

サービス系フランチャイズ、オレンジペットシッターの需要や消費者の声

消費者ニーズ

オレンジペットシッターは、ペットという命あるものを預ける以上、少々出費があっても信頼できるシッターに世話をしてほしい、というお客さまから人気です。事前打ち合わせや、その日のペットの様子・排便などをまとめたレポートなど、お客さまはシッター個人とコミュニケーションを取る機会が多々あります。シッターに入ってほしくない部屋には開扉を防止するシールを貼付してもらえるので、プライバシー保護の面も配慮しています。次回にサービスを利用する際に利用できるサービが、以前と同じシッターに担当してもらえる「専任シッター制度」です。ペットも顔なじみの人から世話をしてもらうことができ、ストレスが少なく済みます。また、ペットビジネスの数は堅実に増加傾向にあり、1兆円を超える規模までに拡大しました。オレンジペットシッターのように、ペットの世話をサポートするサービスへのニーズは重宝される存在になるでしょう。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする