フランチャイズ相談所

【ベンチャー・リンクの栄枯盛衰!】フランチャイズの魅力と注意点ってなんですか?

支援した会社が全て成功した!

竹村:「ベンチャーリンク」という会社は、加盟開発の支援をした後にスーパーバイザーも行っていました。

そのような万全の体制の中、「ガリバー」「牛角」「高田屋」は着実に拡大していきました。

とにかく支援した会社が全て成功して、上場して大きくなっていったのです。

上場益というのも「ベンチャーリンク」の収入源となっていたので、当時の「ベンチャーリンク」は大変繁盛していました。

:「ベンチャーリンク」は失敗しないという風潮があったということですが、次から次へと成功させていったということでしょうか?

竹村:支援体制が完備されていたので、あたかも誰でも成功するような雰囲気が流れていたのです。

:予想通り次々と成功していたら、バブルは崩壊していないはずです。

成功の影には失敗が眠っていた?

竹村:前回にもお話したように、僕は「ベンチャーリンク」に十年間在職していました。

その最初の五年間はどんなフランチャイズを支援しても成功しました。

ですが、本当はその中には成功しなかったものもあったのです。

他の会社が成功していったので、なかったことになっていました。

結論から言うと、バブルが崩壊した理由は単純で、ある時点から、取り組んでみても頓挫してしまうフランチャイズが多くなったのです。

ですが、フランチャイズの開発はできたのです。

:開発ができたということは、皆さんは加盟してしまうということでしょうか?

手当たり次第に加盟権を売っていた!

竹村:「ベンチャーリンク」というネームバリューは、絶大的に信じられていました。

スタートダッシュに失敗しても、必ず盛り返す術を心得ていると思われていたのです。

そうすると、0次募集で転んでも、1次募集で一気に加盟します。

当時、月五万円を払えば「ベンチャーリンク」の新しいフランチャイズの情報を先取りできる「ビジネスリンクパートナー」という組織がありました。

それは会員組織で、新規のフランチャイズ事業の説明があると、全員が手を挙げました。

そのように驚くほど簡単に加盟を集めることができたので、ある時点から成功しないフランチャイズも売ってしまうようになりました。

結局、スーパーバイザー達も頑張りましたが、「ガリバー」「牛角」のようにはなりませんでした。

また、もう一つ大きな理由があって、世間的にはこちらが主な理由とされていますが、加盟の権利だけを売ったのです。

エリアエントリーということで加盟権を売っていました。

この売却方法というのも、成功するフランチャイズをたくさん見てきた方にとっては、罠のような形となりました。

例えば、「牛角」の説明会に参加して、色々検討して加盟を諦めた場合、悔しいわけです。

次の説明会に参加したら、即決してしまいます。

ただ、当たり前ですが「牛角」ではないので、軌道に乗るかどうかはわからないのです。

:加盟金はいくらぐらいだったのでしょうか?

竹村:フランチャイズ本部と折半でしたので、最安値で600万円。比較的高値で1000万円でした。

:次回も、もう少し詳しく教えてください。


ベンチャー・リンクが見せたフランチャイズの良さと怖さとは?

ベンチャー・リンクとは、フランチャイズ展開の支援をしていた会社です。

加盟者を募るための営業を代わりに行い、さらには加盟店への経営指導も引き受けていました。

ベンチャー・リンクは「牛角」や「ガリバー」などを成功に導きましたが、次第に支援がうまくいかなくなりました。

ベンチャー・リンクの成功と失敗にはどのような理由があったのでしょうか。

フランチャイズの素晴らしさとは、集団の力で事業を大成功に導けること!

ガリバーは、ベンチャー・リンクの支援を受けてフランチャイズ展開に成功しました。

さらにフランチャイズ展開をしたおかげで、車の買取率を上げるノウハウを発見できました。

フランチャイズは成功した加盟店のノウハウを拡散することで成長します。

ガリバーでは、来客はあっても車を売ってくれるところまではいかない、つまり買取率が低い時期がありました。

そんな状況の中、突出して買取率の高い加盟店があったのです。

成功している加盟店はどうやって車を売ってもらっていたのか?

コツを解明することで他の店舗でもお客様から車を買い取れるようになりました。

たくさん加盟店があれば、その中から大成功する店舗が出てくるはずです。

成功のノウハウを他の加盟店にも共有して、加盟店全体の売上を向上させる。

これがフランチャイズ展開の強みなのです。

加盟店がそれぞれ工夫する中で、売上を向上させるノウハウが発見されます。

そのノウハウを一つの加盟店だけのものにせず、みんなと共有し合ってブランド全体の力にするのです。

これはとても心強いことです。

本部は加盟店のおかげで事業を洗練でき、競合に負けない力を得られます。

そして加盟オーナーは、一人で起業した場合には得られない知恵を仲間と共有できるのです。

逃した魚は大きい?

:竹村さん。確かに「牛角」の加盟を逃した方は、エリアが欲しくなると思います。

竹村:資料では「牛角よりも素晴らしいビジネス」と謳っていました。

ですが、「牛角」の「レインズ」という会社が、第二ブランドに「しゃぶしゃぶ温野菜」を打ち出せたのも、「牛角」が成功したからこそです。

「しゃぶしゃぶ温野菜」が成功するかどうかというのは、その時点では未知数です。

:僕らの「魁!武田塾」「武田塾メディカル」も、エリアエントリー制で販売することはできたのでしょうか?

エリアを購入しても、開店できない?

竹村:売るだけだったら可能ですが、「ベンチャーリンク」では、低迷期にエリアを購入した方々は開店できませんでした。

何故かというと、開店しても利益にならないからです。

例えば「魁!武田塾」がいくつかオープンして、それらの実績が芳しくない場合、オープンする意欲が削がれてしまいます。

「ベンチャーリンク」の場合、最終的には、返金を要求するクレームが相次ぐことになりました。

:オープンを取り止めた際、返金されるような契約になっていたのでしょうか?

「ガリバー」は一気に成功した?

竹村:返金などの保証はありません。

それどころか契約書面上では、権利は一年間しか保有できません。

流石に本気で権利を剥奪するような真似はしませんでしたが、可能性だけで売ってしまうと、このような事態になってきます。

常日頃説明していますが、フランチャイズというのは現状を軌道に乗せてから次の段階に移ったほうがよいのです。

一方で、段階を無視して一気に軌道に乗ったら、爆発的に拡大していきます。

竹村:「ガリバー」はその典型的な例です。

地道に拡大していくプランニングだったら、現在の繁栄はなかったでしょう。

:僕にその勇気はありません。

「ベンチャーリンク」のように天狗になったら、我が社も潰れるかもしれない。

竹村:調子に乗る段階を考えなければいけません。

「ベンチャーリンク」で働いていた人間として反省しています。

:0次募集で結果が出たら、正式な募集を始めていく。

これが手堅い方法でしょうか?

竹村:状況を見極めることが肝心です。

:今回は以上です。


ベンチャー・リンクの失敗から得られる教訓とは?

ベンチャー・リンクの失敗の一つに、加盟店が成功するかどうか確かめないまま加盟を募ってしまったことがあります。

「ベンチャー・リンクが支援するのだから成功するだろう」と考えたオーナーたちを、ベンチャー・リンクはどんどん新しいフランチャイズに加盟させてしまったのです。

しかし理屈の上では成功するはずのフランチャイズでも、実際にやってみると想像したようには成功しないことが出てきました。

成功した店舗のノウハウを吸い上げることも難しいほど、成功しにくいフランチャイズでした。

そして「加盟はしたけど利益が出そうにないから店舗を出すに出せない」とオーナーが困ってしまう結果に陥ったのです。

このような事態を避けるためには、少数の加盟店でテストが必要です。

成功するビジネスモデルになっているか確認をするのです。

さらにテスト段階で加盟店が成功すれば、そこからノウハウを吸い上げて、よりフランチャイズを洗練できます。

加盟店が成功することを確認してから、満を持して大々的に加盟を募るのです。

つまり、店舗を増やすのは加盟店が成功してからにすべき、ということなのです。

加盟店が成功すれば本部にも大きな利益が返ってくる!

加盟店が成功していると、自然と店舗は増えていきます。

オーナーからすれば利益が出ているのだから、さらなる利益や安定を求めて多店舗展開をしたくなります。

新規の加盟希望者だって集まります。

加盟店が成功すればするほど店舗は増え、そしてロイヤリティなどで本部の利益として返ってくるのです。

ここで大事なのが、加盟店が成功したら本部もきちんと得をすることです。

もしロイヤリティを低額にすれば、加盟は募りやすくなります。

加盟する側にとっても、支払う額が少ないのは嬉しいことのように思えます。

しかしロイヤリティが低額で本部の利益にならないのであれば、加盟店のサポートにも限界が生じます。

加盟店を支援するのにもお金はかかります。

ロイヤリティ以外でも、消耗品を本部から買う形にするなど本部にお金を入れる方法はあります。

ですのでなんらかの形で、加盟店が成功すればするほど本部も得をする仕組みにするべきです。

ロイヤリティ等をしっかりもらった上で、それでもたくさんの利益が残ってオーナーを喜ばせられるのが、フランチャイズの理想形なのです。

加盟するオーナーもそこを理解し、自分だけでなく本部にも得をしてもらおうと思うことで、フランチャイズ選びに失敗しにくくなります。

つまり本部も加盟オーナーも、互いに相手に成功してもらおうと思える関係になることがフランチャイズで成功するためには大切なのです。

フランチャイズ加盟を考え中…おすすめFCはこちら

お問い合わせ

フランチャイズ相談所|お問い合わせページ

https://fc-soudan.com/contact

関連記事

この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする