FC Channel

FCチャンネル

フランチャイズ相談所

竹村さんが東進時代に永瀬社長に教えられたこと!!|フランチャイズ相談所 vol.299

永瀬社長はどんな人?

竹村:前回の続きですが、当時は社員を採用できず、内部からも辞職者が続出しました。その原因の一つとして永瀬社長が挙げられますが、吉田さんにとって永瀬社長はどのような方だったのでしょうか?

吉田:人間としての完成度が桁違いに高い方でした。

短気な一面もあり、僕が社長の前で「でも」とマイナスな発言をしたときは過剰に咎められました。

ですが、心根はとても優しい方でした。何年か前の会話もきちんと覚えていて、労いの言葉をかけてくれることもありました。一社員としてよりも人として温かく接してもらえるので、自ずとモチベーションも上がりました。

朝のトイレは家で済ませろ!

竹村:僕は9年間ほど勤めていましたが、今でも鮮明に思い出すのは、ある新卒1年目の朝の出来事です。会社の出社時間は10時で、僕はそのときトイレに立っていました。すると、いきなり永瀬社長の怒声が聞こえました。社長室に呼ばれると、なぜ10時にトイレに立ってはいけないのかをホワイトボードを使いながら20分間ほど説教されました。その内容は至極真っ当なもので、家でトイレを済ませずに始業時間を遅らせる社員がいる会社を株主はどう思うかというものでした。僕はそのときに、会社には株主がいて、株主は投資を行うというメカニズムを理解しました。

吉田:当時は株式店頭公開をしたばかりだったので、ナーバスになっていたのでしょう。

広告のセンスと先見性が光るカリスマ!

竹村:そのような変なエピソードも多々ありますが、永瀬社長は誰よりも広告のセンスと先見性が特出していました。僕は9年間にわたってこの2つを勉強させてもらいました。では、次回に続きます。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする