フランチャイズ相談所

武田塾の生徒数が1万人を突破!「1万人」はなぜすごい?今後の目標は?

ざっくりいうと:

※この記事は前編・後編に分かれた2つの動画をまとめています。後編の動画はこちら

 

・武田塾の生徒数が1万人を突破!

・フランチャイズを開始してから順調に生徒数・校舎数を伸ばしてきた。

「1万人」という数字には意義がある!ここを突破してからがさらなる勝負。

・投資やFacebookグループでのノウハウの共有など、オーナーの皆さんの力に感謝!

これからの目標は校舎数800校舎、生徒数3万人!!

 

武田塾の生徒数が1万人を突破しました!その過程とは?

 

林:武田塾生1万人突破!!

 

竹村:これはめでたいですね。

まあただ、コロナのことがあったからそれで遅れたというイメージではあるんですよ。これがなければもっと早かった。

 

林:2020年8月末の武田塾の生徒数が9736名

9月10日時点で生徒管理システムから全国生徒数を確認したところ、10416名となりましたので、まあ多分武田塾は2020年9月10日で1万人を突破したんじゃないかと。

 

竹村:なるほど。

 

林:私が会社をつくったのは大学1年生の12月、20歳の時ですので、2004年12月7日に僕は会社をつくったということですね。

 

竹村:16年前ということだよね。

フランチャイズを始める前は生徒数は何人ぐらい?

 

林:100人ぐらいじゃない?

 

竹村:御茶ノ水本校と市川校だよね。

 

林:武田塾年表によると、御茶ノ水本校ができたのは2006年3月なんですよ。

 

竹村:2006年、2年後ってことね。

 

林:そうですね。YouTubeを始めているのは2008年8月。

 

竹村:それは早いんだね!

 

林:フランチャイズの正式スタートが2014年2月。

市川校をのれん分けしたのが2013年1月なんで、1年間実験してはありますけれども。

正式スタートは2014年の2月なんで、2013年では間違いなく生徒数は100人ぐらいです。

そこからフランチャイズを開始して6~7年で1万人。

50校を突破したのが2015年4月。

 

竹村:わりと早いですよね。

 

林:そこから100校になったのは2016年9月。実際に開校したのは2017年の2月だね。

2017年10月ぐらいが150校舎キャンペーンで、150校舎が本当に出来たのは2018年4月らしいですよ。

実際に200校ができたのが2019年4月。

今は300校舎が開校してるくらいでしょうね。そんなペースみたいです。

 

竹村:300校開校してるって言っても、この春以降できたところが結構あるからまだ半年経ってないという。

順調に生徒数が増えてきたということですね。

 

「1万人」の意義とは?

 

竹村:1万人に関しては本当に意味ある数字で、3年前に1万人ファーストという宣言をした。

なんで1万人ファーストって言ったかというと、これは1万人になるところで武田塾のステージが変わるというところに行くよと。

2つ根拠があるんです。

東進は生徒数1万人を達成するまでにはかなり時間がかかったのに、1万人から3万人までは2年ぐらいで達成したんですよ。

その理由を考えると、一つはもちろん有名になりつつある。これは当たり前。

もう一つはね、当時を思い出すとね、校舎ごとに生徒数にでこぼこがあったんですよ。

東進でも集めているところは松山とかは300人集めていた。集まってないところは本当にね、8人とか9人とか。

結局8~9人というところが、テレビデオの出現によって東進が有名になってきたということによって、生徒数が2~3倍になったんだよね。

全部が凄く頑張っていて100人の校舎が800校あるみたいな状態だったら、現在の東進にはならなかったんじゃないんですか。

でこぼこのぼこが結構上がったんだよね。一気に上がっていった。

そういう意味では武田塾でも、集めているところは150~200人近くいくところもあれば、20~30人の校舎もあるじゃないですか。

そこは非常に伸びしろがあると思うんだよね。

平均して50人いるんです、というよりもある程度格差があった方がいい。

下の方が一気に伸びるっていう、この伸びしろがあるという理由が一つだと思います。

(中略)

来年まあそっち側(運がある方)に行くんじゃないかな。

そしたら本当に東進と同じように2年で3万人になりますよ。

 

林:2年で3万人になっちゃったらね。

今年は予算上はグループ年商100億円で、ロイヤリティーが15%なので15億円皆様からいただいていますが、3万人になっちゃったらグループ年商300億円で、ロイヤリティーで45億円入るということですか?

 

竹村:一気に(2年ぐらいで)1万人から3万人になると言うのはキャズムの溝を越えるということ。

そういう事はビジネスにおいてはあるんですよね。

 

「1万人」はオーナーとの交流グループでも共有していた目標だった!

 

林:武田塾は生徒数が50~100人しかいなかった早い段階からリスクを負って、皆さん1000万円ずつ、累計33億円投資をしていただき、330校舎になり・・・力を貸してもらったという大変なことをしてもらってここまでこれたんですね。

オーナーの皆さんと今働いているメンバーの皆さんには本当に感謝なんですけど。

皆さんと交流するのにFacebookグループがあってですね。最近は仮面ライダーの話で盛り上がっていますね。

雑談グループもあるし、最新の入試をどうする、模試をどう考えていくかということを真面目に議論するグループもあってですね。

そこで1番メインのグループの画像がこちら!

 

成功ノウハウ共有グループっていうのがありまして。「目指せ塾生数1万人!全国制覇!」って書いてあるんですけど。達成しちゃいました。

 

竹村:そうね。(笑)変えないと。(笑)

 

武田塾の次の目標は?

 

林:最後は高知だったのかな、開校したのはね。加盟金入金ベースだと鳥取・島根。

全国制覇もして生徒数も1万人を超えたので次の目標を決めてください。

 

竹村:これが難しいんだよね。加盟校数はそこまで意味を持たない。生徒数で意味を持たせているという事だけど。

 

林:逆に加盟校数を追い求めて無理な加盟をさせてはいけませんからね。

 

竹村:だけどわからないですよ。ここから人口5万人の街にもできていくと。

考える側になってみたらわかるけど、これで500校舎目標に向けた目標を立てるというのはあまり良くないですよね。

 

林:もう、すぐなっちゃうよ。

 

竹村:そうですよ。500校舎というのはどうやったらいいかというと、(既存校の)近くにも作るようにしたらすぐに500校舎になる。それだとだめだと思う。

 

林:1年でいくとは思わないけど500校舎は見えているよね。

 

竹村:微修正でいきますよね。800校舎を目指していくと思います。

 

林:800校舎といったらもうちょっと今の武田塾が流行らないと作れない気がします。

500校舎は今のペースでゆるくやっていても行けると思う。

 

竹村:ちょっとルールを変えれば今でも集める事は可能です。やらないけどね。

 

林:ちょっと高い目標ということで校舎数800校。生徒数は?

 

竹村:生徒数は3万人ですよ。


3万人になると完全に世界が変わっていて、東進やマナビスと負けちゃいるけど並んではいる感じだと思います。だって武田塾の方が伸びてきているから。

 

林:東進は自称、東進ハイスクールが99校舎、東進衛星予備校が約1000校舎で生徒数が約12万人。

 

竹村:武田塾が3万人になるという事はそこから少なくとも1万人ぐらい減る。2万人減っているかもしれない。

新しい方だから注目を浴びるよね3万人を達成したらいわゆる東進と同じリングに上がることができるじゃん。

もしかしたら勝てるという方向に行くのが3万人です。

 

林:800校、3万人。何か他にありますか?そんなもんでいいですか目標は。

 

竹村:そんなものでしょうね。

 

林:というわけで生徒数が1万人を超えたというお知らせでした!

 

武田塾のこれからの成長に期待!

 

武田塾生徒数1万人突破、いかがだったでしょうか。

1万人を突破してからがいよいよ大きく伸びるチャンスです!

動画の中でも話されていたように、生徒数がさほど多くない校舎ほど伸びしろがあるというのは興味深いですね。

皆さんもぜひ武田塾のこれからの成長を楽しみにしていてください。

また、武田塾を一緒に成長させてくださるオーナーさんも募集中です!

加盟のご相談は以下のリンクから受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

>>>フランチャイズ相談所|お問い合わせ

 

 

 

 

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする