フランチャイズ相談所

【黒字店を譲っちゃう!?】暖簾分けをすると本部側にどんなメリットがありますか?

暖簾分けのフランチャイズについて、林さんからの質問!

:竹村さん。

今回は暖簾分けのフランチャイズについて、僕の質問に答えていただきます。

竹村:どのような質問でしょうか?

:「アースホールディングス」は黒字化した店舗を従業員に暖簾分けすると伺いましたが、「CoCo壱番屋」の場合は新しい店舗になるのでしょうか?

竹村:新しい店舗です。

:では、暖簾分けの定義は業績のいい店舗を分けることなのでしょうか?

それとも自社で働いている方が独立することを指しているのでしょうか?

竹村:本来は新しい店舗ではなく、既存の店舗を分けることを指します。

:例えば「武田塾」であれば初めの頃の大濱社長のケースに該当するのでしょうか?

竹村:はい。

:では、社員の独立はどうでしょうか?

竹村:暖簾分けとはいえません。

:自分の下で働いていた方だったら暖簾分けだと思いますが、オーナーさんの店舗で働いている方ではただの加盟になるはずです。

竹村:確かに暖簾分けではありません。

:もし「武田塾」卒業生の山火くんが加盟したら暖簾分けになるのでしょうか?

どことなく違和感があります。

また、例えば「武田塾」が未進出の鳥取県に直営で開校したとします。

その場合は何%のロイヤリティで暖簾分けをすればいいのでしょうか?

竹村:業績がよければ高くてもいいのではないでしょうか?

この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする