フランチャイズ相談所

フランチャイズの失敗談!?「ブックオフをたちよみ!」で赤裸々に語られるBOOKOFFの昔話が面白い!

もくじ

「ブックオフをたちよみ!」というサイトが面白い

いろんな事業に手を出してきたブックオフ。プリクラも!?

FCタウン構想と様々な失敗が成功に繋がっている

懐かしい昔話も。社長はもともとパートの女性!?

真似されやすいビジネスモデルなのに成功したわけとは?

FC加盟の失敗を肯定的に受け止め成功に!

「ブックオフをたちよみ!」で失敗を深堀りしてみた!

失敗から学ぶといえど、新規フランチャイズ加盟で失敗はしたくないですよね・・・?

ざっくりいうと

・「ブックオフをたちよみ」というサイトでブックオフの昔話や失敗談が赤裸々に語られていて面白い。

・FCタウン構想というくらいに、様々なフランチャイズを店舗の空きスペースで行ってきた

・ブックオフは失敗の経験から学び、成功を生み出してきたと肯定的にとらえている。

 

「ブックオフをたちよみ!」というサイトが面白い

林:「ブックオフたちよみ!」というサイトが面白い!


竹村:まずね、ブックオフは今、調子が良くなって来ましたね。


林:らしいですね。


竹村:そうなんですよ。たまに覗くと凄くお客がいる。どれだけ買っているかわからないけど。(笑)

リユースの需要でね。コロナでみんな家を片付けたでしょ。

今、ブックオフは本だけじゃないからね。色々なものを買うので非常に業績が上がっているみたいですよ。

普通のホームページとは違う思考で書かれてて、この中に今までのブックオフの失敗みたいな。


林:ありますね。

 

いろんな事業に手を出してきたブックオフ。プリクラも!?


竹村:「俺たちの失敗から学べ!」~痛恨!ブックオフのやっちゃまった事業たち~みたいのが出てきてね。

色々な事業をやってきたんだね。

意外と知られていないと思うけど、新規事業を立ち上げてきたわけじゃなくて、ブックオフは店舗面積がどんどん大きくなっていったんだよね。


林:へええ~。


竹村:もともとは大きい店ではなかったのに、100~200坪になっていって、スペースが余るじゃないですか。

そこで色々な事をやっていったんだね。

こんなことをやって上手くいかなかったというのが色々出ている。

ゲームセンターをつくってプリクラとかを並べて、一時期良かったけどその後とんでもないことになりましたとか。


林:次は飲食店を作ったとか。


竹村:そう。カフェなんか3回くらい失敗しているそうです。

ブックオフとくっつけて何かの事業をずっとやってきてるんだよ。

僕もあまり詳しく知らなかったけど、その中にFCタウン構想という話があったそうです。


林:ほう。

 

FCタウン構想と様々な失敗が成功に繋がっている


竹村:要するにブックオフの中に色々なFCと契約して総合エンタメ店を目指したが、さっぱり上手くいかなかった。


林:へええ~。すごいですねぇ。


竹村:焼肉屋をやったら社員が食べに行って太っただけだとか。(笑)

でも、なかなか面白いじゃないですか。

FC本部がスペースが余っていたから、色々なFCに加盟してFCタウン構想を考えていた


林:ふぅ~~ん。

竹村:詳しく読んでいくと、「様々な事業で失敗したことが今のブックオフに成功に繋がっている」という話にはなっているんだけど、ブックオフもどんどん変わってきているじゃないですか。


林:はい。けどすごいよね、今でも儲かっているんでしょ。


竹村:うん。一時期、FCとしては非常に厳しい時期があったけど、随分復活してきているよね。

 

懐かしい昔話も。社長はもともとパートの女性!?

竹村:懐かしい話が凄く出てて、創業当初からの橋本さんという女性がいるんですけど、その人のリアルな話も面白いよ。

林さんはブックオフの出始めの頃なんてよく知らないでしょ?


林:橋本真由美さんですよね。


竹村:はい。もともとこの方はパートだったんですよね。

凄くできるパートで、橋本さんがルールなど色々なものをつくり上げていった


林:この方が社長になった、と。


竹村:そう。創業者の坂本さんは途中に内紛にあって、追い出されてしまう。

確かに業績が厳しい時期もあったけど、ブックオフは凄いよね。

林:1990年創業だ!


竹村:僕がまだ東進にいた頃ですよ。

真似されやすいビジネスモデルなのに成功したわけとは?

竹村:ブックオフの登場は、それまでの古本屋のイメージをまったく変わったんだよね。

女性が古本屋に行くことはあり得なかったんだよね、汚いものだと思われていたから。

ところが、ブックオフは本を磨いたりして、ブックオフで買うなら女性も抵抗がないと!

世の中の古本屋のイメージを大きく変えたと思う。

色々な儲かる工夫があるんだね。

他の動画でも何回か話しているけど、ブックオフの真似をしてもみんなブックオフにはならない、という話したよね。

 

林:うんうん。


竹村:だって簡単じゃないですか。ビジネスモデルは!


林:はい。


竹村:坂本さんとかも全部話していたからね。

とりあえず買い取って、何週間か経っても売れなかったら全部100円にする。

だけど細かい小ネタがブックオフは沢山あるんだね。

L字になっている作業中の(これから本を並べる)棚があるんだけど、

そこの本は買えるようになっていて、そこに色々と工夫があるみたいです。


林:へぇ~~。


竹村:ブックオフ通だったら”そこ”がおいしいわけですよ。

FC加盟の失敗を肯定的に受け止め成功に!

竹村:後はせどりっていうのがあるけど、そのせどりの人とどう共存していくのかとか

せどりの人たちはいたほうがいいんだよね、沢山買ってくれるから。

だからせどりの人達に好まれるような並べ方にするとか。

色々と商売のやり方を公開してパクれるのに、ブックオフを真似た店はみんななくなってしまった。

明るい古本屋を作ればいいなんてものじゃない。

そこには色々な小ネタがあることを紹介しています。

まだまだ連載されていて、ポップな新R25的なテイストでさ。


林:最近(2020年5月から)始まったんだね。


竹村:うん。古いFCだから昔話は面白いよね。

「色々なFC加盟して失敗しました」という話も「失敗を肯定的に受け取ることが学べた」という話に繋がっているけど、貴重な話だと思いました。


林:凄い。

「ブックオフをたちよみ!」で失敗を深堀りしてみた!

今回は、赤裸々に語られたブックオフの失敗談に関して動画で見てきました。

動画の中でも様々な失敗に触れられていましたが、具体的にどういう失敗だったのかを「ブックオフのたちよみ!」から調べてみました!

ゲームセンター

⇒プリクラブームで大盛況だったが、会社の価値観にそぐわないという理由と、ブームが3か月で過ぎ去り失敗。

焼き肉屋

⇒従業員がみんな太った(笑)。20キロも太った人も。狂牛病が流行り売り上げダウンで失敗。

たこ焼き屋

⇒味が正直… (めっちゃストレート(笑))テクニックが足りなかったと。

カフェ

⇒3回作って3回失敗。

他にも、託児所もやっていたとか。

 

様々な事業で失敗したものの、果敢に挑戦する姿勢失敗から学ぶ姿勢は大変すばらしいものだと感じました。

失敗から学ぶといえど、新規フランチャイズ加盟で失敗はしたくないですよね・・・?

今回はブックオフの事を見ながら、「失敗から学んだ!」といった内容でした。

しかし、これから何かフランチャイズに新規加盟をしたり、チャレンジをしようとするみなさんにとって、積極的に失敗したいでしょうか?(笑)

やはり少なからず初期投資もかかるものですし、せっかくチャレンジするなら成功を目指し、うまくいきそうなフランチャイズブランドがいいですよね!

フランチャイズ相談所ではフランチャイズにまつわるご相談を随時受け付けております!お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください♪

フランチャイズ相談所が厳選した、おすすめのブランドは下記リンクで紹介しています!

>>>おすすめFCブランドはこちら!

 

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする