フランチャイズ相談所

ジョイフルが200店舗閉鎖!アフターコロナで低価格ビジネスのフランチャイズは成立しない?

もくじ

業界3位のファミレス・ジョイフルが200店舗を閉鎖

低価格ビジネスでは借入の利子も経営を圧迫

ファミレスは時代と共に変化しながらデフレ時代の勝者になった

ジョイフルにはフランチャイズ店舗もあるの?新規加盟はできる?

アフターコロナのフランチャイズ加盟は、利益率を見極めて

ざっくりいうと

・ファミレス店舗数3位のジョイフルが大規模閉店

・コロナショックで利益の確保が難しく、仕方ない決断か

・アフターコロナ経済では利益率の維持が経営の課題となる

業界3位のファミレス・ジョイフルが200店舗を閉鎖

林:「ジョイフル200店閉鎖」!

竹村:はい。これはやっぱりすごく衝撃的なニュースでしたね。

特に関西九州にとってはね。ジョイフルは西の方ではある意味インフラみたいなファミレスですよね。

林:関東でいう、ガストとかサイゼリヤ的な!

竹村:うんうん、そうですね!もっと古くからあるイメージなんですよ。

林:うーん、なるほどね。

たしかにサイゼリヤが200店舗閉鎖となったらビビりますね。そういうことですよね。

竹村:そうそう。一応(ジョイフルは)700店舗ありますからね。

チェーン店の数は看板でいうと、ガストが1300店舗で一番多い。次がサイゼリヤで1000店舗なんですよ。それで、第3位がジョイフルなんです。

林:まじ!?

竹村:700店舗から200店舗を減らすわけだから、約3割閉店するということ。

林:へぇ~!!

竹村:この流れの中、仕方がないと思いますけどね。

林:だってジョイフルって安いんでしょ?

竹村:安い!今はもう少し値上げしたと思うけど、昔は399円のランチで有名になって、これがまたちゃんとしたランチなんですよ。

もともと、大分の会社でね。九州の外食ってみんな安いんですよね。ファミレスも安いわけですよ。で、その安さで関西まで制していったんですね。

低価格ビジネスでは借入の利子も経営を圧迫

サイゼリヤとかも厳しいのかなって思っていたんですけど、やっぱその違いとしてはサイゼリヤはほぼ無借金経営なんですよね。

それでジョイフルとは状況が違う、と。

創業者は穴見さんという方で、一度お会いしたことがありますね。ベンチャー・リンク時代に。

林:そうなんだ~!フランチャイズを検討されていたんですか?

竹村:そうなんですよ。これ言っていいのかな?(笑)

岩盤浴のFCを社長の奥様が検討されていたのでお会いしました。最初は穴見さんというお名前だけではわからなかった。でもちょっとお話を聞いていくうちに、ジョイフルの穴見さんの奥様ではないかと思った(笑)

林:やっぱ只者ならぬオーラを感じたということですか?(笑)

竹村:そうそう(笑)身につけている物から何から何まで只者じゃないわけだよ(笑)

林:(笑)なるほどね。(笑)

竹村:それで一度お会いしたことがあるんだよね。博多で岩盤浴に一緒に入ったことがありますよ。

今は息子さんが入っていて、その息子さんは自民党の政治家ですよ。

衆議院選挙に出馬して、一度落選して、そのあと当選していると思いますよ。穴見陽一さんという方ですね。

ファミレスは時代と共に変化しながらデフレ時代の勝者になった

竹村:ただね、今回ね、このニュースは非常に残念ですけど、ファミリーレストランですからね。

ちょうど僕が小学校3~4年生の時に、僕の実家の近くにファミレスができたんですよ。

「ろびんふっど」という名前だったけどね、食品スーパー・カスミが経営していて、そのあと買収されてCoCo’s(ココス)になる店なんですけど。

林:へええ。

竹村:できた時の事は今でも覚えていますよ。

キレイな凄いお店ができて、同級生の「まりこかずおくん」と仲良くしていたんですけど、まりこくんと一緒によく自転車で行きましたよ。

まりこくんはハンバーガーを食べて、僕は親子丼を食べるみたいな。そんなお店はいままでなかったんですよね。

そこから、「月に1回くらいは家族でファミレスに行こうよ」みたいな流れができて。

それまでは週に1回なんて家族で外食する文化はなかったんだよね。

さらに何年かして24時間営業が始まって若者の溜まり場になる、みたいなね。青山のデニーズとか代表的なんだけど(笑)

そういう時代を経て、だからね。

ファミレスっていうのは50年前にそんな風に生まれて、時代の中で変わっていて、デフレの中で安売り合戦みたいになっていって。その中で勝ち組みたいになっていったと思うんだけど。

林:そうですよね。

竹村:結局、今回のジョイフルにしたって、借入の利子を抜いて実質の利益率が3 - 4%だと思うんですよね。

そうなると2ヶ月の休業ってことになると大変なことだし、

これから「7割経済」とかも言われる中で、仕方ないことかなと思いますね。

ジョイフルにはフランチャイズ店舗もあるの?新規加盟はできる?

今回、動画の中でジョイフルが直営店を200店舗閉店する、というニュースが取り上げられていました。

ジョイフルには、フランチャイズの店舗もあるのでしょうか?

調べてみると、ジョイフルの768店舗中、55店舗はフランチャイズ店(FC店)でした。

ですが、現在フランチャイズ募集の情報は出ておらず、新規加盟開発は積極的には行っていないようです。

過去の展開の中でFC店も存在する、と考える方が自然でしょう。

アフターコロナのフランチャイズ加盟は、利益率を見極めて

動画内で竹村さんもジョイフルの利益率に言及していましたが、

今後フランチャイズ加盟を検討している方は、そのブランドの利益率に注目するようにしてください。

「7割経済」という言葉が示すように、今後客数は減少していき、売上が下がった中で利益を維持していくことが重要になります。

しっかりと利益が出せるビジネスモデルのFCブランドは、コチラからご覧ください!

>>FCブランドはこちらがおすすめ!!

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする