フランチャイズ相談所

【加盟校がフランチャイズ本部を騙して儲けた!?】コロナ自粛を偽りつつ集客した巧妙な手口とは?

もくじ

子ども向けプログラミングスクールの加盟校がFC本部を騙して丸儲け!?コロナ自粛を逆手に…

ランディングページとリスティング広告の表示を駆使し、本部に内緒で2校舎目を設立!?

本部に内緒で2校目を開校した手口とは?

竹村も経験済み。知らないうちに東進衛星予備校がコピーされていた

FC加盟店の不祥事やロイヤリティのごまかしを防ぐためにはすべき対策とは?

フランチャイズでごまかす人がいる…

他にはどんな例が?フランチャイズにおける契約違反・義務違反まとめ

義務違反(フランチャイザー側)

義務違反(フランチャイジー側)

テリトリー契約違反

FC本部は明確なルールを作って不祥事を防ぎましょう!

 

ざっくりいうと

・コロナ自粛を偽って、加盟店がFCロイヤルティを本部にごまかして丸儲け

・ランディングページとリスティング広告を駆使し、本部にバレない様に集客していた

・加盟店がごまかさないよう、FC本部はちゃんとルールを決めておくことが大事!

 

子ども向けプログラミングスクールの加盟校がFC本部を騙して丸儲け!?コロナ自粛を逆手に…

林:「加盟校がFC本部を騙して儲けた」!?

竹村:ダイヤモンド・オンラインさんの記事にそういうのがありましてね、興味深く読ましていただきました。

竹村:「コロナ自粛を偽り丸儲け」といったタイトルですね。これはですね、ダイヤモンド・オンラインの連載記事で、総合調査会社トクチョーの記事はいつも面白いんですよ。大体は誰かが依頼して、調べてもらうという内容ですね、総合調査会社なので。

今回は、子ども向けプログラミングスクールKを全国にFC展開しているA社、そこのB事業部長がトクチョーに依頼したわけですよ。

それは、とある加盟店が、本部にロイヤリティをごまかしているんじゃないか…?という疑惑があって、B事業部長さんがトクチョーに調査依頼をした と。

ざっくりいうと、コロナ自粛で新規の入会とか体験入学などのキャンペーンを自粛しているはずなんですよ。ところが、この校舎だけは(新規生などが)すごく伸びている。

武田塾と同じように、入学費用などは一旦本部に入るようになっている。だからわかるじゃないですか?

でもなぜかこの校舎だけ伸びていたと…

ランディングページとリスティング広告の表示を駆使し、本部に内緒で2校舎目を設立!?

竹村:結局調べたら、2校舎目を勝手に開校していたんですね!!それは本部に隠して、内緒だったの。

本部に内緒で2校目を開校した手口とは?

竹村:なんで本部に隠して開校することができたかというと、ランディングページは検索で出てこなくて、リスティング広告なら表示されるという手口を使っていた。(例の2校舎目は)存在しているけど、本部がいくら検索しても出てこない。そのランディングページは出てきて、自粛になっていないのでそこから入ってくるのよ。

ロゴやのぼりなどの宣材物も基本的にコピーできるから、同じように校舎ができていたって訳ね。(笑)

林:へえぇ~。

竹村:これ実は、僕が東進時代にも同じような事件があったんですよ!(笑)

竹村も経験済み。知らないうちに東進衛星予備校がコピーされていた

 

竹村:青森の、誰も絶対行かないようなとある町(笑)に東進衛星予備校が知らない間にあったんですよ。高速バスに乗っていたら、なんか緑のもの(東進衛星予備校の看板)があるなぁ、みたいな。(笑)

でも高速バスから降りるわけにはいかないので、タクシーに乗り換えて行ってみると、(実際に)東進衛星予備校があって、それは隠れてやっている校舎だった。

先生は、「ここはどんなことがあっても本部の方なんかが来るわけない」と思っていたそうで。つまり、絶対に本部の人間が来ないような場所だと思っていたので本部に内緒でやっていた

当時、テキストは本部から発送されていたから、そこはテキストをコピーして使用。でも全員コピーだから(それが普通だと思って)わかんないじゃん。衛星予備校とはいってもビデオだから、加盟している校舎から(同じビデオを)持って行って使ってた とのこと。


それはもう何十年も前のド田舎の話ですが、ダイヤモンド・オンラインの記事では今回のような手口が紹介されていたのです。

FC加盟店の不祥事やロイヤリティのごまかしを防ぐためにはすべき対策とは?

竹村:この件では、X氏の出来心だったことを許して、過去に遡って2校舎目の生徒の授業料と、体験入学のロイヤリティを支払うことで、スクールKの経営を継続させるつもりである。と。ずいぶん優しい本部ですね〜!


林: 優しいね!(笑)


竹村:(トクチョーは)過去にも、フランチャイズ展開をするお客様から、フランチャイジーの接客の様子を第三者の目線で見てきて欲しいという覆面調査の依頼はありましたと。

でも今回のようなケースは今までなかったと。

 

フランチャイズでごまかす人がいる…

竹村:武田塾もそうですけど、スクール系というのは本部が一旦授業料を受けるから、ごまかしにくい。それでもこんなのがあってしまう。

飲食とかサービス業のフランチャイズだと、「レジで管理してます」といっても、「レジ打ちの練習をした」とか、「バイトが勝手にいじった」とか、色々ちょっと悪いことをしてしまう。

 絶対にやめさせるってことは難しいから、やったらこうだよっていう厳しいルールを設けて最悪お金ことととかだったら、店舗をとっちゃうよくらいにしとかないと、やっぱりフランチャイズとしては誤魔化す人が出てきてしまうんだよね。

中には、本部に騙されて儲からないという理由で(ロイヤリティを?)抜く人とかいるからね。

FCでも、こういうケースがあることは本部も頭に入れておいたほうがいいですね。

 

他にはどんな例が?フランチャイズにおける契約違反・義務違反まとめ

今回この記事では、「勝手に新規校の開校」という契約違反を取り上げました。

いくら出来心だったとはいえ、フランチャイズ事業においては守るべきルールがあります。

そこで、FC事業における義務違反・契約違反についてまとめてみました

義務違反(フランチャイザー側)

フランチャイザー(FC本部側)は、新たに加盟するフランチャイジーに対して「売上予測(損益予測)」のような情報を提供する場合があります。しかしその際に、売り上げ予測の根拠が不明確だったり、適切な情報を提供していなかった場合には、フランチャイジーは損害賠償請求を行うことが可能です。これは、情報提供義務違反に基づく、損害賠償請求が認められることがあるからです。

…そりゃ人生かけるつもりで契約を結んでスタートしますもんね。

嘘やテキトーな情報だったら、たまりません(笑)

義務違反(フランチャイジー側)

もちろん、フランチャイジー側にも義務はあります。それは、しっかりと売上を立てること

それを怠慢によって売上予測に到達できなかった場合には、本部側は、適正に情報提供義務を果たしているのでフランチャイジーと交渉する必要があります。

サボり、絶対ダメ。


テリトリー契約違反

「え!?自分のテリトリーのはずなのに、すぐ近所に同じ加盟店ができてる!?」

これも困りますよね。本部が加盟金売り上げアップを狙いこんなことがあっても、フランチャイジーとしては大迷惑。これは立派なテリトリー契約違反です。両者ともに、契約条件をしっかり説明、確認することが大切ですね。

 

FC本部は明確なルールを作って不祥事を防ぎましょう!

フランチャイズの本部になる際には、「もしも」に備えてのルール・契約作りや対策が重要です。

今回のコロナ自粛のような、時世によって生まれるケースにも対応するために、

これからFC本部になる方も、もうすでにFC本部をされている方も

いま一度ルールや契約を見直しておくことをオススメいたします。

(もちろん、フランチャイジーもいまの契約や本部が大丈夫か確認しましょう。)

業種問わず、フランチャイズに関するお問い合わせは、お気軽に「フランチャイズ相談所」までお寄せくださいね!

今回のような不祥事対策のためのルール作りに関するご相談もお気軽にどうぞ!

⇒⇒【相談はこちらから!】

 

 

 

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする