フランチャイズ相談所

フランチャイジーが語る!モスバーガーの経営って儲かるの?!

もくじ

ざっくりいうと

フランチャイジーが語る!モスバーガー加盟のきっかけ

モスバーガーの加盟金はいくら?立ち上げにかかる初期費用は?

モスバーガーのFC、黒字化するまでの期間は?いくらかかる?

モスバーガーのロイヤリティは低い?1,000万円で〇〇円!?

モスバーガーのフランチャイジーでよかったなと思うこと

モスバーガーのフランチャイジーでダメだなと思うこと

これからモスバーガーにフランチャイジーとして加盟するのはおすすめ?その理由は?

モスバーガーは個人でも経営できるの?フランチャイジーは法人のみ?

モスバーガーの他に個人でもフランチャイジーとして経営できるおすすめFCブランド

ざっくりいうと

・実際にモスバーガーに加盟している高橋社長のモスについてのインタビュー

・加盟金やロイヤリティ、マックやサーティーワンとの違い

・現状のモスバーガーFCの課題と収支について

フランチャイジーが語る!モスバーガー加盟のきっかけ

林:いろんなFCに加盟しているオーナーのお話を聞こうという新企画「フランチャイジーチャンネル」です!第一回は株式会社シイ企画・高橋社長にお越しいただきましたー!

高橋社長(以下、高橋):宜しくお願いします。

林:高橋社長は本も出されていますよね。(『上司に逆らって出世するか-言うがままになって失敗するか-会社で成功したかったら「出る杭」になりなさい(合同フォレスト社)』)すごい社長さんです!

高橋:いえいえ(笑)宜しくお願いします。

林:そんな高橋社長がやられているフランチャイズのブランドは・・・「モスバーガー」ですね。

高橋:はい、ありがとうございます。

林:モスバーガー大好きです(笑)美味しいですよね。フィッシュフライの入ったバーガーなんか、マックと全然違う。

高橋:ありがとうございます。やはりモスは食材なんかでも、創業者の思いがずっと続いてるブランドだと思いますね。

林:今はモスバーガーを何店舗やられてるんですか?

高橋:私は今4店舗運営しております。

林:4店舗。ちなみに、いつ頃・なぜモスバーガーに加盟しようと思われたんですか?

高橋:じつは阪神淡路大震災がきっかけで。私はそれまで製薬会社に勤めていたんですが、これからは地域医療に貢献したいということで、ホームセンターからドラッグストアへ業態転換をしようとしている、知り合いの会社に入社しました。そこが、モスバーガーをやっていて。ちょうど今から25年前ですね。

林:まずはドラッグストアをやられている会社に入社したんですか?

高橋:えっとそうですね、モスバーガーやらホームセンターをやっている会社に参画して、ドラッグストアの立ち上げを手伝うというか、そんな感じで始まりました。

林:転職先がモスバーガーをやっていた、ということですね。

高橋:そうですね。それがモスバーガーとの出会いのきっかけです。その後、自身の会社では3・4店舗と増やしていきました。

モスバーガーの加盟金はいくら?立ち上げにかかる初期費用は?

林:では、高橋社長が初めてつくられたモスバーガーというのは、加盟金はいくらぐらいだったんですか?

高橋:あれは・・・ちょっと記憶が定かではないですが(笑)。すでに(同じ会社で)加盟金を支払ってましたから、150万円くらいじゃなかったかなと思いますね。

林:あ、150万円。なるほど。モスバーガーって1店舗作るのにいくらくらいかかるものですか?

高橋:あのね、これは店によってだいぶ違います。

林:はいはい。

高橋:要するに、建物から作って、となると、やはり6,000万円〜7,000万円かかるんですね。

林:おおーすごい!そんなコースになることもあるんですね。

高橋:で、地主さんに建物を作っていただくような場合であれば、もっと安く済ませられますよね。

林:なるほど。では建ててもらって高めに借りる、と。

高橋:そうですそうです。そういうこともできますよね。

林:ありがとうございます。じゃあ、安めにするといくらぐらいでできるんですか?(笑)

高橋:うーん。それでも4,000万〜5,000万円かかるでしょうね。

林:おおお。高橋社長がご自身の会社でつくられたモスバーガーは、1店舗目はいくらくらいかかったんですか?

高橋:私のところでは、1店舗目はショッピングセンターの中に作ったんですよ。

林:ショッピングセンターも敷金とか高そう・・・

高橋:敷金、1,500万円くらいでしたかねえ。

林:ええ!(笑)敷金だけで武田塾が1.5軒できちゃいます(笑)

高橋:今からそっちの方に転換しようかな(笑)

林:じゃあ最終的にショッピングセンターの中にモスを作るのに何店舗くらいかかったんですか??

高橋:そこがモスとサーティーワンのコラボの店なんですよ。だから切り分けづらいんですが、やはり結局、5,000〜6,000万円くらいだったかな。

林:でも、ショッピングセンターの中に出店なんて、いきなりはできないですよね?

高橋:そうですね。私自身の個人的なつながりで、出店のご提案をいただきました。その代わり、私も色々と条件を言って。入口を作れとか、看板を目立つように作ってくれとか(笑)

林:なるほど〜。でも、結局モスとサーティーワンのコラボの店で、5,000万円くらいとか。何年前ですか?

高橋:何年前やったかなあ〜。10年以上前ですよ。

林:僕も武田塾の1校舎目聞かれたら、そんな感じになりそうですね。笑

モスバーガーのFC、黒字化するまでの期間は?いくらかかる?

林:で、モスとサーティーワンのコラボ店をショッピングセンター内につくられて。

高橋:はいはい。

林:で、モスバーガーというのは、黒字化するまでにどのくらいかかるものなんですか(期間・費用)?初月から黒字になるものですか?

高橋:これはね、2つほどポイントがあります。一つは、地域ですよね。地域とどう馴染むか、というのが黒字化の一つの重要なポイントですよ。

林:はい、はい。

高橋:それともう一つは、スタッフをうまく管理できるかどうか。私、モスのオーナーとしては初めてじゃないかな?モスをつくれないオーナーなんですよ(笑)入社の経緯があって、どうしてもそうなってしまった。

林:なるほど。高橋社長の1店舗目はどうでした?いきなり黒字ですか?

高橋:そこはもうめちゃ黒字ですね。昔は店数も少なかったし、すごいところだと、月に1,000万円くらい売り上げてたんですよ。

モスバーガーのロイヤリティは低い?1,000万円で〇〇円!?

林:でも、1000万円となると、ロイヤリティは何%ですか?

高橋:モスの場合には、ロイヤリティは非常に低い。1%なんですよ。

林:1%!!となると、1,000万円売ってもロイヤリティは10万円くらいなんですね。

高橋:そうです。

林:でも・・・・食材とかにのってるんでしょ?!(笑)

高橋:そうですそうです!(笑)

林:(笑)

高橋:モスの場合、フランチャイズ本部は卸業で存在感を出してますよね。よそから仕入れるのはNGで、本部から一括で仕入れるわけですから。

林:では、1,000万円売り上げると、税引き前利益はいくらくらいですか?

高橋:そうですね。だいたい原価率が42%くらい。ロイヤリティを入れて45%とする。そこに店舗管理費が5%くらい、家賃入れて10%くらいですか。

林:なるほど。

高橋:だから、FL値が65%くらいで残れば、売上の15%くらい、利益として残るかなあと言う感じですね。

林:おおお、じゃあ150万円くらいは残ると。それだと、1軒つくるのに4,000万〜5,000万かかっても、2年くらいで回収できるイメージですね。

高橋:そうです。

林:月1,000万円はかなり調子のいい店舗ですよね。悪いところだとどうですか??

高橋:400万円くらいですかね。

林:おお、大きく下がりますね。

高橋:ここにくると、黒字の店もあれば、赤字の店もありますね。店の規模というか、ショッピングセンターの中の店は経費が低いんですね。スタッフの管理もいい。だから利益が残ります。

林:なるほど。

高橋:一方でロードサイドの店舗だと、家賃も高いしドライブスルーをやっているので。そこで400万円くらいだとどうしても赤字になってしまう。

林:なるほど。いろいろな条件で変わってくるということですね。

モスバーガーのフランチャイジーでよかったなと思うこと

林:モスバーガーに加盟してよかったなあと思うことってありますか?

高橋:何よりも、私はやはりモスが好きですね。

林:そうなんですか?

高橋:お客さんが喜んで食べてくれるんですよ。お店に行くと小さい子なんか本当に美味しそうに食べてくれる。それが嬉しいですね。

林:なるほど。雰囲気がいいし、美味しいですもんね。

モスバーガーのフランチャイジーでダメだなと思うこと

林:逆に、モスバーガーのフランチャイジーとして微妙だなと思うことを教えてください(笑)

高橋:うーん(笑)本部との意思疎通というか、それがうまくいく場合といかない場合がありますよね。

林:たとえばどんなことですか?

高橋:配達日だとか配達時間とか、そう言ったものがずれると余計な人件費がかかったり。そういうことに関して要望を出しますが、その意思疎通がうまくいったりいかなかったりしますよね(笑)

林:なるほど。

高橋:あとはまあ本部だけではないですが、採用の部分で、アルバイトさんやパートさんが、土日の出勤を含めて楽しく仕事に取り組んでいただけるように、何かそういう取り組みをしていかないといけないですよね。

林:なるほど。

高橋:いまは本当に人手不足が店にとって大きな負担になりますよね。

林:なるほど。そうですよね。

高橋:いまは本当に、営業時間なんかもオーナーの事情によって様々で。私のお店でも、4店舗のうち2店舗が、休日設定してるんですよ。

林:お休みがあるんですか!

高橋:やっぱり人が足りない。だから、休みをつくらないと社員が休めないですよね。実験ですが、休みをとることも大事かなと。1店舗だけですが、元旦も休みましたよ(笑)

これからモスバーガーにフランチャイジーとして加盟するのはおすすめ?その理由は?

林:最後に、モスバーガーにこれから加盟するのはおすすめですか?

高橋:これはずばり、おすすめです!

林:おお!理由はなんでしょう?

高橋:はっきり言って、モスをやれたら、「食っていける」。これですね(笑)お客様にも喜んでもらえるし。ただし、本部の加盟審査が厳しいので、誰でもできるわけではないんですけどね。

林:なるほど。高橋社長、ありがとうございました!

モスバーガーは個人でも経営できるの?フランチャイジーは法人のみ?

モスバーガーのフランチャイジーには、個人でもなれるんでしょうか?

結論、モスバーガーのフランチャイズに個人として加盟することは可能です。

モスバーガー公式サイトによれば、フランチャイズ加盟の条件は下記の通りです。

モスバーガーのフランチャイジーになる条件

・モスバーガー事業の積極的な展開を検討する法人または個人事業主の方

・法人の場合は過去3期間において利益計上できていること

・他のハンバーガーチェーンの経営をしていないこと

上記のように、個人事業主でもモスバーガーのフランチャイジーとして、モスバーガーを経営することは可能です。

ただし、モスを個人で経営する上でも、下記のような条件があります。

*モスバーガーを経営されるにあたりまして、店舗専従者として2名の人員が必要となります。

完全に一人だけで身体を入れてやることはできない、ということですね。

モスバーガーを個人で経営する個人事業主として、2人以上の常勤スタッフを雇用する必要があるということです。

モスバーガーの他に個人でもフランチャイジーとして経営できるおすすめFCブランド

動画の林社長が経営する武田塾も、個人での加入が可能とのことです。

モスバーガーに比べると初期費用も安いですね(笑)

FC相談所がおすすめするブランドについては、下記をご覧ください。

おすすめフランチャイズブランド一覧

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする