フランチャイズ相談所

【開業資金から見るフランチャイズ!】業態によって異なる開業資金、その特徴を紹介します!

フランチャイズの業態と開業資金から見る傾向とは?

:フランチャイズの業態別開業資金の目安を教えてください!

竹村:動画へのコメントでいただいた質問にお答えしようと思います。

ざっくりとした話なので、物差しとして基準を覚えておいていただければ、今後FCを検討するのに役立つんじゃないかと思います。

かなり大雑把な話にはなります。

個別に話したら、1個1個違いますからね。

まず、どういう括りがあるかと言うと。

今流行りの、全くお金なしでできる0円プランがあります。

それから、50万~100万円でできるという、超低投資のもの。

そして、1000万円までで、できるもの。

政策金融公庫で借りられるので、ここにボリュームゾーンがあります。

その後は、法人の新規事業として取り組むような3000万円クラスの層が結構あります。

5000万~1億円かかるのが最後にあります。

これらを一つ一つ見ていこうと思います。

開業資金の低さの裏にはデメリットもある!

竹村:まず初期投資0円プラン。

この番組でも、「増えてきているよ」と話しました。

これは本部からお金を借りてやっているに等しいんですよね。

本部としては、なんともしても加盟する人を集めたいからということで、こういうプランをやっています。

今後増えてくると思いますけど、やっぱりロイヤリティが高いとか、色々な形で本部は回収をしてきます。

本部だって商売でやっていますからね。

慈善事業でやっているわけではありません。

「1人でも多くの人を成功させてあげたい」と書いてはあると思うんですけど。

でも、そういうことではないです。

裏側をある程度考えてくださいね、という話ですよね。

今度は50万~100万円。

無店舗FCの話をしたことがありますけど、この辺りは50万~100万円でできちゃいます。

大方、営業力を必要とします。

自分でお客さんを開拓しないといけないものが多いですね。

店舗がないので、お客さんは来ませんからね。

そういう無店舗系のビジネスがこのラインです。

本当にお金がなかったらここから始めます。

昔で言うと、屋台のラーメン屋みたいな。

そこから成功しました、というのを目指すのもあると思います。

1000万円までならオーナーが集まりやすい!

竹村:次が1000万円クラスです。

「武田塾」もここですね。

武田塾を1000万円でできるようにしたのは良かったですよね。

:1000万円まででできる武田塾と、1500万~2000万円ぐらいまでかかる就労移行支援のフランチャイズ的なものをやって。

現在、法改正もあって色々と大変ですけれども。

凄く儲かっていた時期でも、加盟がなかなか決まりませんでしたよね。

ということで、1000万円以内のお手軽さは凄いんだなと思いました。

竹村:100万~200万という自己資金を用意すれば、あと800万円は借りられて。

それで武田塾の場合は1校舎できます。

もっと校舎の中をきちんとやろうというプランだって最初はゼロではありませんでした。

金額を高くするから、内装を統一して200万~300万円かけた方が生徒の入塾が決まるんじゃないかと。

でもそれはいいだろう、ということになって。

1000万円で収まるプランになりました。

凄いですよね。

広告まで含めて1000万円で収まっています。

:そうですね、黒字化までの資金ですよね。

竹村:そこがやっぱり良かったです。

ここにはかなりのFCがあります。

個別指導塾のFCとかも、もちろんここに入りますし。

そこがわかっている本部は、脱サラの人で1000万円借りられる、ここで業態を作ろうとしています。

なので1000万円以内のFCが増えたということですね。

1000万円の創業融資の審査が厳しくなってきているので、少し変わってきている感じはします。

次回はもう少しお金がかかるタイプについてお話をしたいと思います。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする