フランチャイズ相談所

【マネーの虎の南原社長がゲスト!】南原社長が苦労したフランチャイズの経験とは!?

今回のゲストは南原社長!

:今回のフランチャイズチャンネルは、南原社長にお越しいただきました!

南原:あ、なるほど。

フランチャイズチャンネルって番組だったんですね。

知らなかったです。

:岩井社長のご紹介でお越しいただきました。

ずっとテレビで見ていましたし、Facebookでも一方的にフォローさせていただいています。

お会いできて光栄です。

よろしくお願いします!

南原:フォロー代ちょうだい……って違いますか。

:払います、なんでも払います。

ずっと写真とかテレビとかでも見ていたんですけど、本物はまた一際オーラがあります。

全く変わっていないですよね。

南原:褒めてもお金出ませんよ。

とっとと仕事の話をしないと。

尺もそんなに長くないですからね。

トレーニングジムのフランチャイズのお話を教えてください!

:南原社長は色んなビジネスをされてきたと思います。

フランチャイズでも色んな経験があると思います。

そのあたりを是非教えていただきたいです。

今までどんなことをされていましたか?

南原:トレーニングジムのフランチャイズ。

結構有名なジムなんですけど。

今はLIVITOという名前で残っています。

そこは売却したんですけども。

そこを一時、手広くやっていました。

LIVITOから派生した、元トレーナー・元お客さん・元開発の人だとかを入れると、LIVITO派生で今300店舗ぐらい全国にあります。

:そんなにあるんですか!

南原:カテゴリー的には日本で初めての、ストイックに追い込むパーソナルトレーニング高額系みたいなのをやっていたんですね。

元々自分が下っ腹が出てきて、どうしようかと思いまして。

普通のジムに2ヶ月通っても全く変わりません。

ぐーっと勉強して「こうやればいいんだ」とわかりました。

ところがトレーナーさんに「こうやって追い込んでくれ」と言ったら、

「そんなことをやったら次の日階段降りられなくなるから、お客さんが怒っちゃいます。やるわけないでしょ」と言われました。

「毎日電話かけて、何を食べたのか聞いてくれ」と言ったら、

「そんなことできるわけないでしょ」とか言って。

「最初に20万円の2ヶ月分と入会金5万円で、45万円をお客さんから頂いて」と言えば、

「そんなのを払うのは郷ひろみしかおれへん」って言われて。

それじゃあっていうことで、他の人と色々相談して、本当のストイックなトレーナーじゃない、トレーナー業が本業ではない人たちを集めて組みました。

それで始めたのがそういうジムなんですよね。

:そうだったんですね。

それは何年ぐらい前?

南原:10年ぐらい前ですね。

:今では結構当たり前ですけど、その当時はそんなの流行るわけないと思われていたわけですね。

脆弱性があって、独立されてしまった!

南原:ちょっと脆弱なところは、モデル特許がないんです。

あれは単なるパッケージじゃないですか。

特許やノウハウというよりも、パッケージなんです。

なので脆弱性がありました。

それをフランチャイズにしましたが、そこで独立したりだとか。

僕らがフランチャイズ作っていたとしても、それに来たお客さんがトレーニングをするじゃないですか。

特にお客さんがお金持ちですから、トレーナーに「お前給料いくら?」って聞いて、20万と答えれば「じゃあ25万出すから俺とやろうぜ」と引き抜いて。

あまり投資もかからないしということで、どんどん独立していって、派生ビジネスモデルが出来てしまいました。

:フランチャイズとして成立させるのになかなか難しかったんですね。

南原:なかなか難しい問題でしたね、あれは。

:南原社長の手にかかってもなかなか。

そういうことも起こるんですね。

南原:今の日本の人たちの体脂肪率を減らして健康にしている原因を作ったので、それでいいんじゃないかと。

:なるほど。もしよかったら、もうちょっと南原社長のフランチャイズビジネスを次の回で教えてください。

南原:了解です。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする