フランチャイズ相談所

【開業コンサルにないフランチャイズ加盟のメリットは?】開業後も本部が支援してくれる理由ってなんですか?

FCと開業コンサル、どっちを選べばいい?

:フランチャイズと開業支援コンサルの違いについて。

竹村:これも結構質問を頂きます。

「どっちが良いですか?」って。

保育園とか幼稚園とかは開業コンサルが凄くいるみたいで。

あとはデイサービスとか。

「FCに入った方が良いですか?開業コンサルが良いですか?」

と聞かれます。

でも、似ているように思われていますが、全く違うものだと僕は思っています。

たとえば武田塾を開業コンサルでやるって、全くイメージがつきませんよね。

:できないですよね。

竹村:できないんですよ。

開業コンサルで済むような商売もあるんだろうと思います。

でも今の武田塾のようなフランチャイズっていうのは、絶対に開業コンサルじゃできないですよね。

だって、最初にやり方を教えて、それで後はできるようになるってものじゃないですからね。

世の中的には、商売のノウハウを教えてくれるのがFCですから。

それは開業コンサルに教えてもらって、後は自分でやればいいんじゃないかと思われてしまうんですけども。

僕は武田塾を、フランチャイズの王道を行くフランチャイズだと思っています。

武田塾のようなビジネスは、開業支援では絶対にできません。

本部は加盟店を成功させ続けなければいけない!

竹村:最初に教えて終わるのと、その後もずっと儲けさせていくのは、全く違う話ですよね。

本部から「今年はこういうことやっていきます」って方針を出していくものですから。

それをなしでできるのはあり得ません。

なんで本部がそれを熱心にやるかと言えば、加盟店がずっと上手くいけば本部も利益が出るからです。

そういう関係になっていますから、開業コンサルと似ているとは思えません。

全く逆くらいのものだと僕は思います。

:開業支援して終われる、底の浅い商売なんじゃないでしょうか。

竹村:幼稚園や保育園の許認可を取るとか、そういうところをやってあげる。

そういうふうに、最初だけ支援してもらえば、後は本部が無くても大丈夫な商売もあると思います。

でもきちんとしたフランチャイズだったらそれはあり得ないと僕は思いますね。

フランチャイズはサブスクリプション的!

竹村:去年の秋に出て話題になっているビジネス書で「サブスクリプション」というものがあります。

これは非常に良い本です。

分厚いんですけど、非常にためになります。

本を読むのが好きな方でFCに関わる方は読んだ方が良いと思います。

サブスクリプションって言うと、日本では月額課金ってイメージが強いです。

年間で払っていたものを一ヶ月ごとの支払いにする、みたいな。

でも、そうじゃないんです。

継続課金なんですよ。

PDFとか作った会社のアドビがソフトウェアをパッケージで売るのではなく、月いくらという形にしました。

そうしたらビジネスモデルが変わったという話なんですね。

一回売るのではなく、ずっとこの人たちに課金してもらう。

そのためには、どうしたらいいか?これが非常に良いモデルなんですよ。

そうすると、色々変わっていくわけです。

ずっとお金が入ってくるためには、やめないためにはどうしたらいいか。

フランチャイズって元々サブスクリプション的なんですね。

ずっとロイヤリティを払ってもらうにはどうしたらいいかを考えるわけですよね。

だから林さんが色んな企画を考えます。

それこそがフランチャイズなんです。

これからどんなビジネスでもサブスクリプション的になっていくという話でした。

冷蔵庫だってそういうふうになる、とまで書いてあるんですよ。

冷蔵庫を買うのではなく、冷たいものが提供されるサービスを月額課金する世の中になるって書いてあるんですよ。

ロイヤリティをずっと継続して取っていくフランチャイズビジネスはまさにそれなんです。

これからフランチャイズは非常に有望だと思っています。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする