フランチャイズ相談所

【健康が意外と重要!?】独立起業するなら、体を壊さないことを考えましょう!

オーナーにとって健康は深刻な問題!?

:竹村さん。今回は「フランチャイズ起業と健康の関係について」です。

竹村:今回は質問をいただいたわけじゃないんです。

丁度僕が三年前ぐらいに相談乗った人から、そういう話が来ました。

加盟をしたけれど、健康を害して辞めざるを得なくなったということです。

ちょっとこれは、今までしてない話だから、しておきたいなと思いました。

起業して、その後倒れる方ってけっこう多いんです。

僕の自宅の近くに塾があります。

そこでも同じことが起きました。

そこのオーナーの方は、自分で校舎長をやっていました。

そしてすごく流行っていました。

おそらくその塾のFCではトップレベルだと思います。

70人とか80人とか生徒がいました。100人いきそうな勢いでしたね。

僕の友達のお子さんも、行っている人がいました。

評判を聞くと、すごく熱血なのだそうです。

僕は一応見に行ったんですよ。

娘が入るような体で。

そしたら確かに熱いんですよ。

でもね、二年か三年じゃないかな。

そのオーナーさん、倒れちゃったんです。

お父さんが来て、夏期講習のお金を返金していました。

本当に熱い先生で、熱心な先生だったと思うんですよ。

自分で教室に入り続けていました。

それに塾だから遅くまで働くこともあったでしょう。

それで、健康を害してしまったというわけです。

これは典型的な例です。

健康を害してやめてしまうパターンはとても多い!

竹村:こういうことはすごく多いんです。

政策金融公庫とかが、そういうデータけっこう持っています。

たとえば女性の場合もそうです。

喫茶店をやりたいという方って結構多いです。

だけど健康を害してダメになっちゃうのが一番多いパターンです。

そういうデータが残っているわけですよ。

そのぐらい重要なことなんです。

自分が体を入れるFCにはそのリスクがあります。

このことをまず考えなくてはいけません。

健康っていうのはものすごく個人差があるんですよ。

僕は全然病気しないです。

林さんとは五年間の付き合いですけど、僕が風邪を引いているところすら林さんは見たことがないはずです。

こういう人もいる一方で、弱い人もいるんです。

自分の健康はどうだってことをちゃんとわかってやらないとダメっていうのがまず一つですよね。

現場に入らないFCを選ぶことも考えましょう

竹村:もう一つは、やっぱり、自分の体は入れないということです。

それなら、倒れてダメになるリスクは絶対ないわけじゃないですか。

そこから考えるっていうのが、僕は一番だと思います。

体だけは丈夫だという人もいると思います。

本当に丈夫ならいいですけど、61歳から始める方が現場で働くなんて言うと、本当にそこを心配しちゃいます。


独立起業したら体を壊さないように注意が必要!

独立するということは、経営者の側に立つということです。

経営者とサラリーマンとでは考え方や心構えに差があり、その切り替えに苦労する方もいます。

たとえば経営をする上では資金調達のために銀行などから借りることが当たり前です。

なので借金をすることに抵抗感がある方はその意識を変えなくてはいけません。

そして健康についても、より深刻に考える必要があります。

なぜなら体を壊したがために廃業しなくてはならないかもしれないからです。

体調管理が重要になるフランチャイズとは?

フランチャイズと一口に言っても、どれも同じではありません。

オーナー自身が現場で働くフランチャイズもあれば、オーナーが現場に入らなくてもいいフランチャイズもあります。

そしてこの差が、体調管理の重要性に大きく関係してくるのです。

もちろん現場に入るフランチャイズの方が、体を壊すリスクは高くあります。

働きすぎたせいで体調を崩してしまうのです。

仕事をしすぎる原因はいくつか考えられます。

オーナーが働きすぎてしまうパターンとしては、

・人手が足りないから
・収入を増やしたいから
・強いやりがいを感じているから

といったことが考えられます。

人手が足りないというのは、飲食店のフランチャイズでよく見られます。

また人件費を削減するために意図的にオーナーが働く前提になっているフランチャイズも多くあります。

オーナーが現場で働いた方が経営は安定しやすいのです。

コンビニでもオーナーやその家族が店舗で働くことが一般的です。

するとなかなか休みが取れないという事態に陥ることがあるのです。

従業員を雇わずにオーナーだけで仕事をするようなフランチャイズもあります。

そのようなフランチャイズの多くは、仕事を多くこなすほど収入が上がる仕組みとなっています。

なのでたくさん稼ぎたいと思うオーナーが働きすぎてしまうのです。

起業して、どのように生活をしたいのか考えましょう!

フランチャイズに加盟する際、気になるのはやはり費用ですよね。

加盟を検討するオーナーはなるべく初期費用のかからないフランチャイズの方が嬉しいと感じるものです。

加盟募集の広告でも、低額で加盟できることをアピールしている本部が散見されます。

ですが脱サラしてフランチャイズ加盟する際には、費用以外のことも深く考えるべきです。

加盟した結果、自身がどのような働き方をすることになるのかも意識するべきでしょう。

なにもかも本部の言いつけどおりにしなければいけないフランチャイズも中にはあります。

本部は利益を出すためのノウハウを知っているため、本部の言いつけを守ることは重要です。

しかし本部がルールをガチガチに固めていて、オーナーが自由にする余地がないというフランチャイズも存在します。

それでは雇われているのと大差ない生活だと不満を感じる方もいることでしょう。

それに収入をどれくらいにしたいかによっても、加盟するべきフランチャイズは変わってきます。

独立してどのようになりたいのか。

そのイメージをはっきりさせれば自身に最適なフランチャイズを見つけやすくなります。

新しくて面白い事業に共感して、それを広めたいという気持ちでフランチャイズ加盟するのであれば、現場に入って働いてもやりがいが感じられることでしょう。

もし収入をとことん増やしていきたいのであれば、現場に入らないで済むフランチャイズを選ぶべきでしょう。

手離れの良いフランチャイズの魅力とは?

フランチャイズ選びにおいて、手離れの良さはよく焦点になります。

手離れが良いフランチャイズというのは、オーナーが店舗に入って働かなくても店が回りやすいことを指しています。

手離れが良ければ、

・オーナーが体調を崩しても店が回る
・多店舗展開ができる

ということが期待できます。

多店舗展開はフランチャイズに加盟する上で重要なことです。

フランチャイズに加盟して成功し、利益が出るようになったら、そのブランドでもう一店もう二店と出店していくのです。

同じブランドでたくさん出店することで、学んだノウハウを最大限活用できます。

つまり一店舗目でやり方を学んでいるので、二店目三店目も成功しやすいのです。

なので多店舗展開をすればするほど収益を増やしていけます。

これがフランチャイズ展開ならではの魅力と言えるでしょう。

多店舗展開を可能にするためには、やはりオーナーが現場に入らなくてよいことが欠かせません。

フランチャイズ加盟を考え中…おすすめFCはこちら

お問い合わせ

フランチャイズ相談所|お問い合わせページ

https://fc-soudan.com/contact

この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする