FC Channel

FCチャンネル

フランチャイズ相談所

シニア起業の注意点を教えて!!|フランチャイズ相談所 vol.248

シニア起業はこれから増える!

:竹村さん。「シニア起業の注意点を教えてください」という質問です。

竹村:シニア起業は定年直前、または定年後の、年配の方の起業を指します。

現在の社会情勢からいくと、今後は60歳以上になっても働く必要があります。なので、定年退職後に起業を検討する方が非常に増えているのです。フランチャイズ業界としても、受け皿を整備しなければなりません。

ただ、シニア起業は大変難しく、失敗するケースも珍しくありません。

なぜ失敗してしまうの?

:どのようなケースだと失敗してしまうのでしょうか?

竹村:仮に蕎麦屋で起業するとしましょう。まず、蕎麦屋で起業しようと考える方の多くは初心者ではありません。趣味である程度の腕前を身に付けた方が、その延長として取り組んでいきます。自信もあり、生活にも余裕があるので、家賃の安い悪い立地でも、お客さんが20人ぐらい来てくれればいい、小遣い稼ぎにはなると考えます。このようなケースは、100のうち99ぐらい潰れます。これは蕎麦屋に限らず、どの起業にもいえます。

:その理由はなんでしょうか?

竹村:詰めが甘いからです。当然ですが、1日に20人のお客さんが保証されているわけではありません。それに来る日も来ない日も、材料はきちんと確保しておかなければなりません。商売の計算よりも理想が先行しているため、成り立たなくなります。生活は年金、小遣い稼ぎは趣味という意識では失敗します。

あと多いのは、会社勤めのときに実現できなかったことを挽回しようとするパターンです。会社に提案しても通らなかったアイデアなどを自力で達成しようとするのですが、大概は失敗します。また、会社での営業経験を生かそうとするパターンも失敗しがちです。会社の看板の力を借りた実績と、個人の能力は別物です。独立した途端に挫折する方は少なくありません。これらが代表的なシニア起業の失敗パターンです。

:シニアの方々は人生経験も積んできているので、経験論で起業してしまいそうです。柔軟に助言を一考する姿勢があれば、結果は変わると思います。

シニア起業のメリット!

竹村:シニア起業のメリットは、身が軽く、失敗もできるという点です。育児や住宅ローンの返済も済ませている方が多いので、フットワークは軽いはずです。シニア起業は今後、確実に増えます。フランチャイズ業界は早急に対応すべきです。次回に続きます。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする