FC Channel

FCチャンネル

フランチャイズ相談所

FCに営業マンはいらない!?●●を徹底解説します!!|フランチャイズ相談所 vol.170

営業マンを置かない武田塾!!

林:熱心すぎる業マンについて、さらに詳しく教えてください。
加盟する前に熱心な営業マンがいると、加盟後に関係が切れてしまうということでした。
竹村さんも武田塾に加盟したあとに、SVをやるわけじゃないけど、その反省は武田塾でどう活かされていますか?
ずっと人間関係があるからそこがいいということですか?僕がずっと出てるからいいということですか?
そういったところ、どう活かされているのか、教えてほしいです。

竹村:とにかく営業マンを置かない、営業しない、ということをしました。
そこまで言い切ってしまう仕組みをつくるしかないと思いました。
これは今まで僕が20年間、FCの営業をやってきたことから、何となくはわかっていたけど、ようやくここで試せたことです。

林:20年間"このFCはいいですよ"、と押し続けてきたということですか?

竹村:僕は押し続けるような営業ではなかったです。世の中でいう引きの営業を考えながら、結局はいかに入ってもらうかをずっと考えていました。今は加盟させることを全く考えていません。入る人は入るし、入らない人は入らないです。

林:来た人みんな入れていたら、大変なことになりますしね。

武田塾では、営業をしてはいけない!?

竹村:見てたらあまり変わってないと思う人もいるかもしれないけど、僕の内面としては全然違っています。
これは正しかったと思っています。

林:僕としては、竹村さんから"営業をしてはいけない"と言われて、そういう事例を試したことがあるのかと思ったら、武田塾で初めて試したのですね。

竹村:その前に、"ヒーローズ"をやっていたけど、僕の立ち位置というのは、営業ではなくて、外にいました。
そこで僕が、加盟検討者の立場に立って、ずっとコミュニケーションをしていました。
それによって、営業マンのオーバートークを防ぐことが僕の役割でした。

林:つまり、ヒーローズには営業マンがいて、竹村さんは加盟者側に立っていたというわけですね?

竹村:そう。そこが違いました。結局、営業マンはいらないのです。
マンマチャオでも本部側にいるわけではなくて、僕が加盟検討者側に座ることによって、営業マンのオーバートークを防止していました。

林:もし僕が”マンマチャオ”の三原社長のところに行って、コインランドリーを秋葉原につくりたいと言ったら、竹村さんは僕の側に座ってくれるということですか?

竹村:そうです。だから僕だけいれば、営業マンはいらないと思いました。ヒーローズでは、営業マンのやることが少なくなっていき、"だったら、営業はなくていい"となりました。結局、FCは全ての問題も、上手くいかせるために必要なことも、僕は開発にあると思っています。

林:次回、まだまだ語ります。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする