フランチャイズ相談所

【2020年の教育改革について!】学習塾にも新しい入試への対応が求められています!

成基コミュニティグループの佐々木代表に東進衛星予備校のお話を伺います!

:今回も成基コミュニティグループの佐々木代表にご出演いただいております。

よろしくお願いいたします。

佐々木:お願いします。

:過去の出演者の中で最大の年商規模というのもあるんですが。

なんと、東進衛星予備校を20校舎もやられている方にご出演いただけているということで。

僕も非常に感慨深いです。

東進さんに将来的に追いつきたいなと思って、頑張っているんですけども。

佐々木:いけます、いけます。

:えっ、いけますか?

どうですか、東進衛星予備校は。

初めは京都に浸透しなかったから「京都でやってほしい」と永瀬社長にお願いされて、滋賀でスタートされたんですよね。

佐々木:滋賀で成功したので「わかりました。じゃあ京都でやりましょう」と言って。

順調に展開はできています。

最初は苦労もあった!?

:手応えというのは、数年ですぐに掴まれて京都に進出した感じですか?

佐々木:いえ、最初は苦労しました。

:苦戦されたんですか?

じゃあ5年ぐらいかかったり?

佐々木:5年ぐらい経ってから、凄く拡大しました。

それはなんでかと言ったら、教務力です。

我々はコーチングをやっています。

生徒たち一人ひとりが映像を見ながら勉強するわけですけども。

なにもしなかったら、単なるビデオ屋さんになりますよね。

ちゃんと一人ひとりの計画を立てたり。

あと、生徒がちゃんと勉強しないじゃないですか。

だから色んなことをカウンセリングしたり、質問や承認をしたりするんです。

:ビデオの授業を見るだけじゃなくて、それ以外の部分をどうカバーするか。

そのノウハウの構築に5年ぐらいかかったということですか。

佐々木:そうですね。

:今では東進はメジャーで、どこにでもありますけど。

加盟してコツを掴むまでに5年ぐらい時間がかかる時代があったってことなんですね。

佐々木:よっぽど我々ができなかった。

:そんなことはないと思うんですけども。

その後、京都に進出されて、京都にたくさん作っていったんですね。

現在の塾の課題とは?

:それで今、20教室。

凄いですよね。

その東進の調子はどうですか?

佐々木:東進に限らず一番大きな問題は入試の改革です。

今までは知識を、正解のあるものを先生が教えていました。

それは映像でも、実際の生の先生でもです。

それが2020年に大きく入試の改革があります。

「あなたはなにを知っていますか?」ではなくて「あなたはなにを考えているんですか?」っていうふうに、一人ひとりの考えを聞くようになります。

正解の出る世界はもちろん今後もテストに出ますけど、それ以外に小論文対応とか面接とか、多様な入試になっていきます。

じゃあ一方的に映像だけでって言っても。

映像でたとえば「SDGsについてどう思っているの?」とか「LGBTをどう考えているのかあなたの考えを教えて」って言っても、映像では聞こえてこないんですよ。

双方向のコミュニケーションが非常に重要になります。

思考力・判断力・表現力を問うような入試内容になってくると、既存の塾だって「ここに注目しろよ、聞けよ」って一方通行はダメになってきます。

:東進さんがそういうところを変われるかどうかが重要なんですね。

でも、新しい入試問題のテストとかもう始めていますよね。

東進さんは取り組みが早いなと思っています。

だから対応していっちゃうんじゃないかなって思っています。

佐々木:対応していってもらわないと、我々も加盟校ですからね。

:本部には頑張ってほしいということですね。

佐々木:そうです。

:普通の1週間に1講ずつ進んでいくスタイルよりも、映像授業はどんどん先に進めるし画期的だったと思います。

画期的だった東進さんがこれからまた新しい入試問題に対応できるために進化できるかが問われているんですね。

佐々木:それは東進だけではなく、他の塾だって全部同じだと思うんですよ。

このままいくと、全国に塾は5万数千あるらしいですけど、半分潰れると思っています。

:新しい入試問題に対応できなくなるからですか?

佐々木:そうです。

教育業界の人ならアクティブラーニングという言葉を聞かれたことがあると思います。

一方的に先生が教えて、生徒がそれを覚えるのではなくて。

「君はどう思うの?」とか「友達同士でグループを組んで、ディスカッションしようよ」とか。

そして、それをまとめて400文字に書きましょう。

小論文だったら、2000文字で書きましょう、4000文字で書きましょう。

小論文だけで2時間取るとか。

そんなふうに、アメリカやフランスっぽい入試になります。

小学生や中学校だって変わりますし。

大学入試だけが変わるわけじゃないです。

そういうふうに変わっていかないと、これから人工知能やロボットがどんどん増えていきますから。

人はスマホで検索したらある程度の知識がありますよね。

問題解決能力とか、正解のない世界を「あなたがどう思うのか?」っていうのを自分でアウトプットできる力が必要です。

そういう指導法が必要になってきます。

武田塾さんのやっている、自立学習的なものが凄く重要だと思いますよ。

:最後にそんな褒めていただいて、ありがとうございます!

こんなに大きい会社の社長さんであったり、僕がずっと追いつきたいと思っている東進衛星予備校さんに加盟しているところにご出演いただいて、色んなお話が聞けて面白かったです。

佐々木:これからあなたのような若い世代の時代ですから。

頑張ってくださいね。

:はい、今後とも色々教えてください。

ありがとうございました。

佐々木:ありがとうございました。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする