フランチャイズ相談所

【出入り自由の飲み放題バー、パブリックスタンド!】人件費や原料費を抑えた業態のフランチャイズを紹介します!

今回はパブリックスタンドを紹介します!

:パブリックスタンドについて。

竹村:これはご存知ですよね?

:はい。

竹村:歌舞伎町にもあるじゃないですか。

行ったことあります?

:いえ、ないんですけど。

相席屋が変わったんですか?

竹村:相席屋と同じ会社ですね。

FCを展開すると発表しています。

今は、直営が10軒、FCが6軒ぐらいです。

この会社は、ご存知ですか?セクションエイト。

創業者が横山さんという方なんですけど、居酒屋はなこ、ってあったじゃないですか。

炙り居酒屋と言うか、セクシー居酒屋と言うか……。

確か、2004~2005年の辺りだったと思うんですけど。

だから今から10年以上前の話です。

:2004年だと、僕はまだ大学生ですよ。

竹村:ああ、そうですね。

そのくらいに、あったわけですよ。

セクシー居酒屋ということで、セパレートのミニスカートに、へそ出しみたいな衣装で。

なんですけれども、実は食べ物が結構美味しかったんですね。

新鮮な炙り居酒屋だったと思うんですけど。

意外と、女の子の衣装で呼んでいるようなことして、でも食べると、これが結構味が良い。

当時は北海道からのものが多くて、炙って食べるんですね。

それで流行りました。

流行って真似された先で問題が起きた!?

竹村:そしてどうなったかと言うと、セクシー居酒屋っていう部分が流行ってしまったんですね。

水着居酒屋ももことか、ビキニ居酒屋かなことか、そういうのが次々と出来てしまいました。

店員がビキニとかで働くわけですね。

でも、女子高生が働いちゃったんですね。

これは、セクションエイトの、はなこの話じゃないわけですよ。

はなこが流行ったから、それを真似したセクシー居酒屋が歌舞伎町に何軒も出来ました。

その真似した店舗で、女子高生が水着を着て働いちゃったんです。

それで社会的に「まずいぞ」とバッシングを食らいました。

本家にも飛び火したんです。

僕は、この店は味が良かったと思っているんですよ。

セクシーの方で来て、味が良いから固定客になる、という感じで。

そこから、相席屋に行きますからね。

結構凄くないですか。

世の中からなにか言われるようなものはもうしないと思いきや。

:この会社は業態を2つ当てたってことですよね。

凄いですよね。

竹村:はなこは、30~40店舗ぐらい展開したと思います。

それがなくなって、その次が、相席屋ですよ。

相席屋も最初出てきた時には、出会い系みたいに言われましたよね。

いつの間にか、イメージ転換していました。

婚活支援居酒屋ですからね。

今もホームページを見ると、企業理念として、男女の出会いを通して世の中を良くしていく、といったことが書かれています。

相席屋も、出会い系喫茶みたいな方向には行くのではなく、全然違う方に行き、イメージが変わってきています。

コメダ珈琲の元社長がセクションエイトの社長に!

竹村:今度のパブリックスタンドは、立ち飲み屋的に食べられます。

あんまりメニューがないんですね。

食べ物はあまりなくて、飲み物がたくさんあります。

僕が驚いたのは、このパブリックスタンドをやるにあたって、安田隆之という方を社長に持ってきたことです。

この安田さんは、コメダ珈琲の元社長です。

:凄い!

竹村:コメダ珈琲のFC化を成功させたのがこの安田さんです。

元々モービル石油から、マクドナルドの役員をやって、そしてコメダなんですけど。

コメダのあのFC展開を作った人が、社長をやっているんですよ。

これは凄いなと思いました。

パブリックスタンドの詳しい話は次回にします。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする