フランチャイズ相談所

【牛角からFC化のコツを学ぶ!】加盟が集まった牛角の大きな魅力ってなんですか?

牛角の成功を研究!

:フランチャイズ成功事例研究その3です。

竹村:今回は牛角について話をします。

第1回はガリバーでした。

第2回はTSUTAYAで、僕は全然関わっていないものを話しました。

第3回では、僕も大きく関わった牛角についてです。

牛角はやっぱり凄いですよね。

まだ新規オープンしていますからね。

武田塾の加盟社にも、牛角に加盟している会社があります。

飯田橋でしたっけ?

:新店に行きました。

美味しかったです!

竹村:牛角って何年経つんですかね。

15年以上ですよね。

会社は変わっているんですけども。

今は、コロワイドという会社の経営になりました。

肉も高級になっています。

昔の牛角とは少し違っています。

周りの若者に聞くと、牛角は割と高級志向になったと言います。

飲食の素人が作ったFCだった!?

竹村:牛角の成功からまずなにを学ぶか。

まず1つは、素人が作ったFCだということです。

創業者の西山さんが何屋だったかと言うと、不動産屋さんなんですよ。

小さい不動産屋の経営者が、焼肉が好きだったんです。

それで色んな焼肉屋を食べに行っていたら、自分の嗜好に合った、気に入った焼肉屋があったんですね。

それを自分でやれないかなと思って、その店と同じような感じの雰囲気のものをまず自分で作ったんです。

そうしたら流行ったんですね。

そこから始まったんです。

内装とかが似ているんですよ。

カウンターで食べさせるとか。

そこは参考になった店があってのことなんですが。

不動産屋の人が、これと同じものが自分でできるとはまず思わないですよね。

でも、できるんじゃないかと思って、やったんですね。

そこからまた西山さんの凄いところは。

丁度その頃にベンチャー・リンクのサンマルクの本を読んだんですね。

サンマルクという岡山のベーカリーレストラン。

武田塾と同じように、2店舗しかなかったんですが、ベンチャー・リンクという会社と組んだら一気に全国に150店舗出来たんですね。

それを見て、「俺の焼肉屋もフランチャイズで展開してほしい」と言って、ベンチャー・リンクに来たんです。

その行動力が凄いですよね。

:気合い入ってますよね。

竹村:入ってますよね。

大きい会社を作りたい、という人だったんです。

高校の時に、お父さんの会社が倒産してしまっているんです。

それで差し押さえを貼られてしまって。

そこの怨念があったんです。

とにかく大きな会社を、と考えていたんですけど、不動産屋ではそうならないと思ったんでしょうね。

不動産屋で得たお金を種銭にして、焼肉屋を作った。

それが1発当たったから、フランチャイズに行く。

受けたベンチャー・リンクもなかなか凄いと思います。

LCAという、コンサルティング会社があったんですけど。

そこのコンサルを受けるという条件でFC化に着手しました。

今回の話で重要なのは、全く飲食のプロでもなんでもない、そういう方が大成功した焼肉のFCを作れた。

これが牛角から学ぶ、1つ目のことです。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする