フランチャイズ相談所

【藤田田さんの書籍が復刊!】『ユダヤの商法』から学べる商売の法則とは?

藤田田さんについて!

:藤田田ブームについて!

竹村:藤田田さんはもちろんご存知だと思いますけど。

ご存命の時の、話をしているのとかは見たことないですかね?

:全然見たことないですし、マクドナルド作った人だよね、ぐらいのイメージです。

竹村:エピソードとしては、ソフトバンクの孫さんが高校生の時に『ユダヤの商法』という、当時凄く流行った本を読んで。

それで秘書に何度も電話をかけて、藤田さんのところを訪ねたんです。

15分でいいから、話なんかしなくていいから、傍で見させてほしいとまで言って。

藤田さんも入れてくれたわけですね。

流石に見ているだけではなくて、話もして。

そこで藤田さんが、「これからはハンバーガーじゃなくてコンピューターだ」と言ったんです。

それを聞いて孫少年はアメリカに渡ります。

そういうエピソードが有名で、凄い人なんですよね。

フランチャイズを作った人と言うと、ちょっとずれています。

藤田さんの時代のマクドナルドは、アメリカのエリアフランチャイザーとして日本でやっていて、ほぼ直営でした。

のれん分けが若干ありましたけど、今のようなマクドナルドではありませんでした。

むしろ直営主義だったんですね。

藤田商店でやっている時には直営ばかりだったんです。

飲食店の店長の年収を1000万円にする!?

竹村:藤田さんは当時、飲食店の店長の年収を1000万円にすると言っていました。

マクドナルドの店長は年収1000万円です、と。

東大とか早稲田とか慶應から新卒を採用したんですね。

武田塾にも1人いますよね。

:武田塾でもご活躍されている、慶應卒の方。

まさか前職がマクドナルドだったとは思いませんでしたよ。

竹村:今そんなことを言っている飲食の会社はないと思うんですよね。

でも当時、1000万円にすると言って。

日本一飲食で高い給料にして、他の業界にも負けないようにするんだと言って、本当にやっていましたからね。

実際に僕も知り合いがいましたけど、800万~900万円になっていました。

書籍が一気に復刊した!

竹村:藤田さんの本『ユダヤの商法』がまたブームになっています。

復刊したんですよ。

これが藤田さんの第一作なんですけど、内容としては、藤田さんがユダヤ人の金儲けの法則を並べた本です。

ユダヤ人の金儲けっていうのは、なんとなくイメージがつきますか?

優秀っていうことですかね。

ユダヤ人はずっと迫害されてきた歴史があって。

民族差別があって、その民族差別に対抗するにはお金しかない。

お金を稼ぐための原則みたいなものがあるわけです。

藤田さんは大学の時に、この人は東大法学部だったと思うんですけど、GHQの翻訳のアルバイトをしたんです。

その時に、そこにユダヤ人がいたんです。

そのユダヤ人は、兵隊からは馬鹿にされていたけれども、金を貸して儲けていたんです。

それを大学時代の藤田さんが見て、ユダヤ人は凄いと思うわけです。

同級生なんかも戦争に行って亡くなっている世代です。

アメリカに対して反骨精神みたいなものはあるはずなんですね。

ユダヤ人は身分は低いのに、偉い兵隊に金を貸して凄く上手くいっている。

それを見て、そっちに行こうと思ったんじゃないですかね。

そこから、ユダヤ人の勉強をするわけですよ。

これはまだまだ深い話がありますから、次回続きを話します。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする