フランチャイズ相談所

【コンビニ、今後どうなる?】時短営業や無人化の動きは止まらない!?

コンビニ、24時間営業どうなる?

:セブンイレブン24時間問題のまとめ。

竹村:前回、話をして、コメント欄も凄く盛り上がりました。

:そうですね、多かったですね、これ。

竹村:世の中的に凄いことになっているんですよ。

前の回は収録したのが2月22日なんですけど。

予想したとおり大変な大ごとになりました。

ほぼ方向性が決まって、結論が出たかなって感じですね。

おそらくコンビニの24時間営業は当たり前ではなくなりますね。

即そうなると思います。

これはもう、流れは止められないでしょう。

契約解除or違約金?

竹村:まず、前回話をした内容の、補足や訂正をします。

前回僕は、「契約解除か、あるいは違約金1700万円」と話しています。

ですけど世の中の報道では、「契約解除アンド違約金1700万円」で、それは酷すぎるという話になっています。

結局ここは、真相はわからないんですよね。

松本さんがそのまま答えていらっしゃるのですが、契約解除とは言っているわけです。

その話をする時に、1700万円の違約金を請求するという、そういう紙を見せられたというだけで。

実際にセブンイレブンが請求しているわけじゃないんですね。

僕も今まで5~6件、セブンイレブンのオーナーが辞めるとか辞めないとか、そういう交渉をやったことがあります。

武田塾のオーナーでも1回やりました。

その経験からすると、セブンイレブン本部としては、松本さんにお引き取りを願いたい。

それで「こういうこともこっちは用意があるよ」ということでやっていると思われます。

ただこれは、こうなってしまったら、わからないです。

:つまり、竹村さんの長年の経験によると。

「本当は1700万円かかるんだよ」ってことをチラッチラッと見せて。

それでセブンイレブン本部の意向に沿った形にさせたいんですね。

竹村:それで辞めてもらおう、と。

こんなこと、たくさんあるわけですよ。

あとは松本さんが口外しないとか。

色々喋らないという覚書を入れて、その分、違約金は少し免除するつもりだったんでしょう。

本来は、契約書上、払わないといけないんですよ。

セブンイレブンの方のゴールとしては、とにかく契約解除で他の人に引き継いでもらおう、ということです。

時短の実験を既にしているコンビニもあった!

竹村:あともう1点、これは僕、間違えて話をしていました。

ファミマとローソンでは、既に時短の実験を、去年の段階でしているんです。

これは、僕のところに情報がなかったです。

記事にもなっているので、見落としだったんですけど。

僕は、今回の問題が起こって、ファミマやローソンがそっちの方向に行くんじゃないかっていう話をしていましたけど。

これは間違いでした。

実際に去年から、ファミマ・ローソンで、どちらも数は少ないんですけど、実験と称してやっている店舗がありました。

24時間じゃないコンビニはたくさんあるんですよ。

たとえば今は大学の構内にもありますから。

そういう施設の中に入っているものではない店舗で、それでも24時間やっていても意味ないようなところで、ファミマとローソンは先行して時短実験をしていました。

この24時間営業の問題は、2週間で盛り上がりに盛り上がりました。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする