フランチャイズ相談所

【コンビニ24時間営業問題!】起業で身体を壊さないよう注意が必要です!

セブンイレブン、24時間営業の問題!

:セブンイレブンの24時間営業できない問題について。

竹村:これは少し前からニュースになりまして。

今後、色んなことが動いていく可能性もあるかなと思います。

世間的にも結構騒がれていますし、大きなニュースじゃないかなと思います。

セブンオーナー過労死寸前で時短営業。

24時間営業を19時間営業にした、5時間休んだということですね。

契約解除か、1700万円の支払いを迫られたということです。

東大阪の店舗なんですけど。

この松本さん、顔も実名も出してやられているんですけど。

なんで過労死寸前の状況になっているかと言うと、一緒にやっていた奥さんが癌で亡くなっているんです。

その奥さんも亡くなる1ヶ月半前まで、店には4~5時間入っていたんです。

要するに、2人でやっていたけど、奥さんが癌で亡くなってしまった。

それで人がいなくなってしまった。

バイトを募集したけれど誰も来ない。

続けられない状況なんだよってことなんですね。

そういう非常に典型的な例と言うか、そのストーリーがあって。

世の中的には「セブンイレブン酷いぞ」ということになるのは仕方がないと思います。

契約解除してもらうために、違約金がある!

竹村:セブンイレブンは契約解除か、応じなければ違約金1700万円と言っているんです。

本部としては辞めてほしいんですよ、間違いなく。

1700万円が欲しいわけじゃないんです。

この松本さんが続けるのは無理だから辞めてもらって、別の夫婦2人でやれる人にチェンジすることを本部は考えているわけですよ。

違約金は、そういうふうにFCは使うことが多いですからね。

ここは間違わないでいただきたいです。

松本さんの話だから、どこまで合っているかどうかはわかりませんが。

本部の対応は酷いですね、言い方としては。

バイトが集まらないんですってことに対して、「どこでも困っています。なんとかしてください」と。

この状況でなかなかそういうことは言えないと思うんですけどね。

2年前のインタビューが引用されている!?

竹村:あともう1つ、これで色んな記事が出ているんですけど。

その中でセブンイレブンの当時の社長、古屋さんが「24時間は絶対に続ける、短縮という選択肢はない」と強固に言っていると記事には書かれています。

その記事だけ読むと、つながっているように読めるわけです。

この件が起こって古屋さんが言っているように思えるんですけど。

調べてみたら、2017年のインタビューを引いているわけですよ。

2年前にセブンイレブン社長が、24時間営業を絶対に続けると言っているわけです。

今回の問題が起こってから社長がそうコメントしていたら凄いなと思ったわけですけど。

2年前に日経で、古屋さんが新社長になられた時くらいのインタビューです。

かなり鼻息荒いインタビューなんです。

「24時間について社内で見直しを議論したことはない。加盟店からもそんな声は全く出てない」と言い切っているんです。

これはかなり強いですよね。

時間短縮営業を認めてほしいと思っている人もいるかもしれないけれど声は出ていない、とのことで。

かなり強気なインタビューなんですよ。

ただこれは2年前に社長がこう言っているインタビューであって、この件について社長が言っているわけではないんですね。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする