フランチャイズ相談所

【安定性が魅力!?】タリーズコーヒーは全国700店舗もある成熟したフランチャイズ!

タリーズコーヒーについて!

:タリーズコーヒーのフランチャイズについて!

竹村:タリーズは今は伊藤園さんの子会社になって。

これは伊藤園としても良かったと思います。

収益部門になっていますし。

オーナーさんたちも、特にまずくなった話は全然ないです。

良かったんじゃないですかね。

ガンガン募集しているわけじゃないですけど、加盟の条件とかは出ていますから、募集はしているんだと思います。

あまり聞かないですけどね、タリーズに加盟しましたっていう人は。

でもベンチャー・リンクで扱いましたから、僕も何件か加盟いただいたFCです。

創業者は松田公太さんという方です。

松田公太さんのことは色々と思い出しちゃいますね。

かっこいいんですね。

あのかっこよさは、当時の経営者の中では群を抜いていたと思います。

ベンチャー・リンクでは、新しいFCをやる時には社長が紹介されます。

そこで1時間くらい話をするんですけど、全然違う感じがしました。

かっこいいオーラが出ているんですね。

見た目だけじゃないんです。

話もなにもかもがコーディネートされている感じで。

凄い人だなと当時思いました。

タリーズとベンチャー・リンクのエピソードとは!?

竹村:ベンチャー・リンクが急成長して、そこから落ちるわけですけど。

そのきっかけを作ったのが、これです。

揉めて離脱したんですよ。

それまでベンチャー・リンクからそういう形で離脱していくことはなかったんです。

加盟店を増やしてもらってから揉めて離脱したんです。

これは、なかなかできないですよね。

僕の上司でもあったNさんって人がいて、この人が喧嘩するんですけどね。

加盟店の収益をもっと上げるために、中で使っているコーヒーのマシンを替えていく提案をしたんですね。

ベンチャー・リンクとしては収益を上げるための提案です。

通常は、この辺はのんでいくわけですよ。

今までの本部ならそうでした。

その調子でやったら、松田さん直接ではないんですけど、幹部の人たちに激怒されてしまって。

それが揉める発端です。

当時のやり方だと凄く時間がかかったんですよ。

朝に何杯出せるかで大きく変わりますよね。

どこかでそういう形で揉めてっていうのは、もしかしたら松田さんの頭にあったかもしれません。

そのへんが戦略的な人だと思うんですよ。

1回上場までしているんですよ。

それで廃止になって。

そのへんが、やり方が政治的な人だと感じていたら、その後に政治に出ていますからね。

ベンチャー・リンクとしては初めて、育てたところが揉めて離脱しました。

西山さんのところの牛角とか、ガリバーとかも離脱はしました。

でもそれは卒業みたいな感じがありました。

ある程度の揉め合いはありましたけど、外から見て喧嘩しているふうではなかったんです。

:円満だったわけですね。

竹村:少なくとも、外から見たら円満でした。

タリーズの場合はそうではありませんでした。

これで離脱できるんだという考えを作ってしまったと思います。

そこからミソがついたと言うか、流れが悪くなっていったのは事実です。

タリーズのFCとはあまり関係ない話でしたけど。

でも松田さんはかっこよかったです。

選挙に出ても、おばさんの票が凄かったでしょう。

今はなにをしているんですかね。

投資家みたいな感じなんですかね。

ちょっと逸れた話もありましたが、タリーズもまだ加盟できるようです。

けれど、1店舗に4000万円とか5000万円とかかかるようです。

加盟金は800万円ですけど。

確かにきちんとした本部の統一の物を使わなきゃダメってことはそうなんでしょうけど。

結構高いなとは思いますね。

今タリーズをやって全く客が来ないってことはないと思います。

安定性って意味では良いのかもしれません。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする