フランチャイズ相談所

【成熟期のフランチャイズの特徴とは?】ドトールコーヒーは今から新規加盟するには向かないフランチャイズ!?

ドトールのフランチャイズを紹介!

:ドトールコーヒーのフランチャイズについて。

竹村:今からドトールに加盟しようという人はあんまりいないんじゃないかなとは思うんですけど。

そうは言っても、日本のフランチャイズを作った、歴史には残るフランチャイズだと思います。

林さんは、ドトール行きますか?

好んで行く感じではなかったですよね。

:ちょっと狭いですからね。

竹村:コーヒーは美味しいと思いますけどね。

いつも御茶ノ水のホテルで飲んでいるコーヒーと比べたら、よっぽどドトールの方が美味しいですよね。

原価50%のミラノサンド!?

竹村:特徴的なのは、店が大変なんですよね。

ミラノサンドは食べますか?

:食べたことありますよ。

竹村:あれって、原価50%あったりするんですよ。

だから、あれで儲けてはいないんですよ。

だって一個一個作っているんですよ。

一応サンドイッチも並んでいるじゃないですか。

あっちをどんどん取ってくれれば、とドトールの店員は思っているでしょう。

だけど、それは創業者の鳥羽さんの方針なんです。

良い店を作るにはあれが必要。

原価50%ぐらいあってもいいんだ。

ってことなんですね。

なんで原価50%のミラノサンドがあってもよいかと言うと、収益構造としては豆を売りたいからです。

ドトールのファンにして、ドトールの豆を買ってもらえると凄く利益になるんです。

これは本部も加盟店もそうです。

なので、ドトールファンになってもらうためにミラノサンドとかは原価が高くてもいいんです。

でもやっている方は、オペレーションが大変です。

それでもやり続けているから残っているんだと思います。

安定しているが、新規参入には向かない!

竹村:今、収益がどうなのかと言うと。

不調と言われているモスバーガーみたいに落ち込むことはないですよね。

安定していると思います。

タリーズが出来たらドトールが減ることもないですし。

ドトールとしてのポジションはもうあって、ずるずる下がっていくことはないでしょう。

なので、やっている企業がどんどんやめていくことはなさそうです。

ただ新規参入をするようなFCではないと思います。

それに今、ドトールは日レス、スパゲティの洋麵屋五右衛門などをやっている日本レストランシステムと経営統合しました。

今後はFCを集めていくってことじゃなくて、今の店の売上を上げていく。

そして豆が売れるように。

そこの戦略を考えていると思います。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする