フランチャイズ相談所

【絶好調!ワークマンのフランチャイズ!】最近話題のワークマンは加盟条件が厳しい!?

絶好調のワークマンについて!

:ワークマンが絶好調なことについて!

竹村:一度このフランチャイズチャンネルでも取り上げました。

「コンビニやるか、ワークマンやるか」って迷われている方がいて。

それはワークマンじゃないですか、と答えた回がありました。

2019年3月の決算を見たら、900店舗になったらしいです。

900店舗になっているレベルで、既存店の売上が16.7%増です。

売上が10億円20億円の頃だったらありますけど、売上は900億円とかになっていて、16.7%増というのはお化けな数字ですよ。

作業着の部分はオリンピックの特需があると思うんです。

それ以外のプラスっていうのがどこまであるんだろうと、びっくりしてしまう数字です。

ちょうど900店舗になって900億円ぐらいということですから、1店舗1億円ぐらいということですよね。

売上が月1000万円弱あるってことです。

ワークマンプラスっていう、立川かなんかに1号店が出来まして。

これがまた凄いことになっているんですね。

初日は、レジが30分待ちの状態がずっと続いたそうです。

どうしてワークマンで、レジを30分も待つんだって話ですけど、そのぐらい売れています。

ワークマンプラスは、ワークマンのプライベートブランドを扱う新業態で、これが絶好調なんです。

ワークマンプラスが出来たことによって、近くのワークマンも流行るという。

コンビニをやっている人が聞いたら歯ぎしりをするような形になっています。

今のワークマンのブームは凄いですね。

前社長の栗山さんは凄いんですね。

僕も会ったこともないし、カンブリア宮殿だかで見た情報ですけど。

その時の話を聞くと、非常にフランチャイズのことはよくおわかりになられていると感じました。

要は、加盟店が儲かれば本部が儲かるんだという、この順番をしっかりぶれずに話をされていました。

加盟店が利益を出せるように、新しい商品を開発するんです。

ブームで終わるのか?定着するのか?

竹村:元々ワークマンは作業着ですよね。

作業着が機能性衣料みたいなことを言われて、そこからアウトドア衣料にずらしていっているんです。

元々は作業着だったものが、機能性が良いということで、アウトドアの衣料として求める人が多くなって。

そのきっかけがYouTuberなんですよね。

YouTubeで「ワークマンのこれが凄いぞ」みたいなことを言って。

宣伝しているわけでもなんでもないんです。

機能が凄いからYouTube向きなんですね。

滑らない長靴を妊婦向きに改造して、本当に滑らないかやってみるとか。

そういうので時流にも乗って伸びているんだろうと思います。

これはブームで終わるのかと言われると、ちょっとそうとも思えないんですね。

新しい市場を作っていますからね。

機能性を持ったアウトドア衣料ということで。

:凄いですね。チェーン売上高が1035億円。

営業利益が150億円。

竹村:フランチャイズの本部ですから、利益はやっぱ出ますよね。

ここからワークマンプラスを100店舗出すと言っています。

とは言っても、もう900店舗になっているわけじゃないですか。

そうすると、ここから何店舗出来るのかは、少し考えますよね。

ワークマンに加盟できなかった人もいる!?

:1軒いくらぐらいかかるんでしたっけ?

竹村:3000~4000万円ですかね。

それと、何件か僕のところに来た情報なんですけど。

何件か、断られたって人が僕のところに来ました。

ワークマンをやろうと思って申し込んだんだけれども、本部の審査に落ちたということなんです。

加盟も、誰でもできるわけじゃないんだなとわかりました。

:それは好感度が高いですね。

竹村:おそらく殺到していると思いますよ。

:3000~4000万円でどれくらいで回収できるんでしたっけ?

竹村:資料上は長かったですけど、この調子だったら2~3年とかで回収しちゃいそうですよね。

3年ぐらいでするでしょう。

:凄い会社ですね!

竹村:どこまで伸びるか注目です。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする