フランチャイズ相談所

【安く販売しても利益が出る!?】業務スーパーのフランチャイズが上手くいっている理由とは?

業務スーパーもフランチャイズ!

:業務スーパーについて!

竹村:林さんは業務スーパーって知っていますか?

:緑の看板のところですよね!

竹村:そうです。

あれってフランチャイズなんですよ。

フランチャイズだから全国に出来ていっているんです。

:へえ~。

竹村:珍しいタイプのフランチャイズではありますよね。

以前、神戸に行った時に、業務スーパーをやっているG-7ホールディングスの本社を見ましたよね。

あのG-7ホールディングスは、元々オートバックスで成功しました。

そこから今は業務スーパーで絶好調のフランチャイジー(加盟側)です。

神戸物産という会社が運営していますけど、元々はただのスーパーマーケットなんです。

冷凍食品が凄く多くて、凄く安いんですよ。

1kgあって何円、みたいな。

ちょっと前までは、個人のお客さんとしては、低所得者向けという感じでした。

安かろう悪かろうというイメージだったんです。

卸価格で買える、量は多くて安い。

あまりお金のない大家族が業務スーパー御用達みたいな。

ブランドのイメージが凄く良くなった!

竹村:今、社長さんが2代目なんですけど。

この社長の手腕がなかなか凄いのか、イメージががらりと変わりました。

「業スー」と言って、主婦とかに大人気なんですよ。

コストコより業スーでしょう、くらいのイメージに変わって。

安かろう悪かろうのイメージが全然ないんです。

業績もどんどん伸びています。

2019年2月の、単月の売上が203億円です。

前年同期比10.2%増ですよ。

:1ヶ月で203億円売り上げているんですか!?

竹村:23店舗増えて、822店舗。

前期の売上が2500億円で、利益が150億円くらい。

:凄いですね。

竹村:凄い会社ですよ。

いちスーパーから、こんなになるんですからね。

製販一体なのが強み!

竹村:FCも色々なタイプの契約があるみたいですけど。

なんでこんなに流行っているかと言うと、製販一体で、業務スーパーでしか売っていないものを並べているからです。

普通のスーパーとは違うわけですよ。

海外で安く作って、業務スーパーオリジナルのものを販売しています。

冷凍食品が多いからほとんどロスもありません。

生ものとか置いていませんからね。

売上の14%台の販売管理費。

これもスーパーとしては非常に低いですよね。

店員がたくさんいたりしないんですよ。

レジのところにはいますけど。

安い店で、卸に行って買っている。

お客さんもそういう意識ですから、手厚くないんですね。

もっと初期投資がかかるのかと思いましたが、言ってみれば倉庫みたいな店ですからね。

:いくらぐらい?

竹村:資料を見ると、4000万~5000万円でできるんですね。

だったら結構やる人いるんじゃないですかね。

:月に70万円、年間で800万円儲かるって書いてありますね。

竹村:僕のフランチャイズ理論からすると薄利多売のものはFCにしづらいんですけど。

製販一体でやっているので、卸がそれなりに安く入りますからね。

そこにきて、ブランドとして人気になったので、集客力があるんですよね。

だから、今結構注目している人はいますし。

昔から安いので、そこの層は掴んでいましたから。

それでイメージも良くなっているんですから。

でもフランチャイズだからこそ、日本全国に出来ていっているので。

なかなか貢献しているんだなあと思いますね。


この続きは会員登録頂いている方のみ、ログイン後お読みいただけます。

無料会員登録のご案内

FC相談所では、無料の会員登録をおすすめしております。
ご登録いただきますと、会員限定の記事がお読みいただけるほか、様々な会員限定のサービスをご用意しております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする