フランチャイズ相談所

コロナがフランチャイズの飲食店に与えた影響について解説!

コロナがフランチャイズの飲食店に与えた影響について解説!

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染拡大を防止するために様々な業種で対策がとられています。

消費者は外出自粛し企業はサービスを一時休止するなど、「なるべく対面接触を避ける」という方針でビジネスが縮小されております。

しかし、対面接触を遮断してしまうとお客様との接客を主としている企業や事務所は行動が制限されてしまい、なかなか利益を出すことが難しくなってきます。

特に中小企業や飲食店などは現時点で倒産してしまっている企業・事務所は多数続出しています。

今回は、そんな中でも特に倒産危惧とされている「フランチャイズの飲食店」に着目して、コロナウイルスが飲食店に具体的にどのような影響を与え、それに対して飲食店はどのような対策をしているのかを紹介したいと思います。

コロナがフランチャイズの飲食店に与えた影響

早速、コロナウイルスがフランチャイズの飲食店に与えた、経営不振をも引き起こしている影響について紹介します。

飲食のフランチャイズの形態によって具体的なデメリットは様々であり、一概に何が悪影響かは断定できませんが、その中でも共通したものを挙げていきます。

顧客減少

当たり前ですが、政府によって外出自粛が呼びかけられているため、人々は外の飲食店に出歩く機会がなくなり飲食店のお客さんはかなり減少しました。

会社から帰宅するサラリーマンをターゲットにした「鳥貴族」、学生が集う「マクドナルド」等のフランチャイズ店は大幅に顧客が減少してしまい、休業措置をよぎなくされてしまってます。

営業時間短縮

外出自粛と同時に政府から営業時間の短縮が要請されているので、そこでさらに顧客をキャッチする機会が無くなってしまいます。

本来だったら来客してくれた固定客が営業時間が短縮してしまった為に来なくなってしまっては、そこで安定して収益を得ている小規模な自営業やフランチャイズは大きな打撃をくらう事になります。従って企業は様々な対策を取ることを迫られています。

「焼肉ライク」は営業時間をを短縮しましたが、その分すぐにデリバリー業務を開始するなど迅速に対応しています。

働き手が縮小

これはフランチャイズだけに当てはまる事ではありませんが、今回のコロナウイルスでリモートワークの需要が高まり、今後アルバイトなどをする学生やフリーターはリモートワークができる職場で出来るだけ働こうと考えられるので、フランチャイズの飲食店で労働人材を集めることが難しくなる恐れがあるかと思います。そもそもフランチャイズの飲食店は少子化や労働環境によって人手不足ですがそれに拍車が掛かる恐れがあるということですね。

許可手続きが多い

対策については次のセクションで紹介するのですが、多くの飲食店はコロナウイス対策としてデリバリーを導入しようとしています。

しかし、デリバリーを導入することは簡単ではなく、飲食物をデリバリーする際には様々な許可が必要となってきます。

例えば、揚げ物を取り扱うには「惣菜製造業」の許可が必要ですし、ハムなどの肉類は「食肉製品製造業」の許可が必要になります。

このように細かく取り扱う食品について許可を取る必要があるので、経営側からしたらかなりややこしいです。

ちなみに許可を取らなければ法令違反となります。

本部との連携が完全にオンラインとなった

飲食店のフランチャイズだけでなくどこのフランチャイズ業界も同じですが、出来るだけ三密を避けるために本部のとの直接対面式で連絡を取り合ったりするのではなく、オンラインで面談・情報交換を行う必要があります。

これは本部の機密情報の漏れが発生する可能性を秘めています。

出来るだけ企業の独自のノウハウは人との対面で共有する方がわかりやすいですし、インターネットを介した機密情報の取引では誰かに漏れるかもしれないという恐れがあるからです。

コロナに対するフランチャイズ飲食店の対策

次にコロナウイルスによって大きなデメリットを抱えるフランチャイズの飲食店がそれに対してどのような対策をしているのかを具体的に見ていきます。

多くのフランチャイズで取り入れらているメジャーな対策を今回はまとめて紹介します。

デリバリーシステムの導入

緊急事態宣言が解除されとは言え、政府はコロナ感染縮小の方針をとっており基本的にむやみな自粛は控えるようにと国民に呼びかけています。

なので、飲食店と顧客との接点ではインターネットが頻繁に使用され、そこで家やオフィスからでも食品を注文できるデリバリーシステムが注目されています。

例えば、牛カツ専門店の「牛カツ京都勝牛」ではテイクアウトメニューを強化したりしています。

自社でそういったシステムを導入するフランチャイズ店も存在するかと思いますが、Uber Eatsなどのの外注サービスに任せるところもあるでしょう。

しかし、いずれにせよ外注した商品の品質管理(冷めてたり、レイアウトが崩れたりなど)が課題であり十分に顧客を満足させられない事が改善すべき点であります。

SNSで集客

先ほども飲食と顧客との接点はインターネットと言いましたが、その中も集客で注目されているのがTwitterやインスタグラムなどSNSを活用した集客です。

モバイルテイクアウトオーダーシステムと言ったウェブサービスがあり、経営している企業や事務所のSNSのURLを共有することでそのアカウントと連動して使用できます。それはSNSの投稿にQRを張り顧客がそれをタップすることですぐに注文できるシステムとなっています。

扱い方もとてもシンプルかつzoomやスカイプを使ったオンライン通話をしながら取引出来るので安心です。

要するにSNSを活用した集客がフランチャイズでも重要視されているということですね。

モバイルテイクアウトオーダーシステムについて

コロナに負けず活躍するフランチャイズ業界

最後に飲食業界のフランチャイズではなく、コロナウイルスによる不況に対して上手く対応しているフランチャイズ業界を紹介したいと思います。

全体的な特徴としては、対面機会がなくなった状況でも問題なく収益化を実現している事ですね。つまり、そもそもが対面でのビジネスではなかったという点が大きいです。

不況の中でも安定したビジネスに近づけるためにも他業種で上手く対応しているフランチャイズのやり方は参考になるかと思います。

武田塾

「武田塾」は大学受験に向けた学習塾のフランチャイズとなっております。

武田塾は他の予備校と違い講師が対面授業をするのではなく、生徒の勉強管理を徹底する塾であるので使用教材は主に参考書です。

つまり、武田塾の場合は生徒は必ずしも校舎に通う必要がなく、オンラインで担当講師の指示通り参考書を進めればよいので、対面接触を限定されている状況でも問題なく受験生をサポートして経営することが出来るのです。

こうしたオンライン教育の適応性が高いと様々な経営メリットがあります。

例えば、生徒数に対する家賃比率低くなることです。この先オンライン学習が普及していくと、「校舎ではなく自宅で勉強する生徒」が増え、入塾してくる生徒数に対して校舎の広さをそこまで考慮しなくても良いという事になります。

また、地理的なデメリットを克服出来る可能性があります。一般的な予備校では「都内は儲かって地方は儲からないという」のがありますが、オンライン化が進むことによって極端な話「九州の生徒が北海道の校舎に入塾する」といった事が可能になるわけです。つまり、立地場所に関係なく顧客を増やす余地があるという事なのです。実際に武田塾に加盟している校舎では都内の校舎ばかりが売り上げを出しているという事ではありません。

このような将来に適応できるメリットから武田塾に加盟を狙っている個人・学習塾はかなり増えてきています。「鷗州塾」と言う東進や河合など大手予備校からオファーを受けている名門塾がありますが、オファーを蹴り、武田塾のビジネスモデルや管理型の教育方針に惹かれて加盟しました。

武田塾に加盟したオーナー同士でも緊急事態宣言が発令された直後、すぐに会議して対策を練るなどの団結力も安心したフランチャイズを支える要因となっています。

コロナが飲食系フランチャイズにもたらした影響まとめ

いかがだったでしょうか?

フランチャイズの飲食店に対するコロナによる被害はかなり大きなものとなっている事が分かりました。

しかし、そういった中でどのように対策していくのか考えることが重要であると思います。

飲食店では共通としてデリバリーシステムの導入を検討しているフランチャイズが多いですが、そういったサービスにも品質管理などの欠点があるのは事実です。

そこをどうやって乗り越えるのか、「多種の業界も参考にしながら対策を練るのか」それとも「影響を受けにくいビジネスに転じるのか」判断する必要性がありそうです。

「フランチャイズ相談所」では様々な業種のフランチャイズビジネスについて紹介しているので、是非会員登録して有益な情報を集めれば時代に合わせたビジネスの収益化に役立つかと思います。

どのフランチャイズに加盟しようか迷っている。

フランチャイズ化して全国展開したいのだけれど、どのようにしたらいいのかわからない。

その他、ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする