フランチャイズ相談所

FC業界の著名人|ワタミ創業者・渡邉美樹さんの現在は?経歴も調査

FC業界の著名人|ワタミ創業者・渡邉美樹さんの現在は?経歴も調査

大手居酒屋チェーン「ワタミ」。メニューの豊富さとリーズナブルな価格が学生からサラリーマンまで幅広い年代に人気です。また長年主力だった「和民」に加え、「ミライザカ」「三代目鳥メロ」といった時代に合わせたブランド展開も見ものです。

今回はそんなワタミグループの創業者・渡邉美樹さんについて調査!渡邊さんのプロフィールや経歴、現在何をやっているかについても詳しく解説します。

【ワタミ創業者】渡邉美樹さんのプロフィール

名前 渡邉 美樹(わたなべ みき)
役職 ワタミ代表取締役会長兼グループCEO
生年月日 1959年10月5日
出身地 神奈川県横浜市
出身校 明治大学商学部

渡邊美樹さんは1959年10月5日神奈川県横浜市に生まれ、現在60歳になります。(※2020年1月時点)
父親は横浜市内で映画やテレビのコマーシャル制作会社を経営しており、非常に裕福な幼少時代を過ごします。少年時代の渡邊美樹さんにとって、社長だった父親は憧れの存在でした。

しかし小学5年生の春、映画のコマーシャル制作会社の社長職に就いていた母親を亡くし、そのわずか数か月後の秋には会社が倒産するなど、不幸が続きます。
それまで当たり前だった贅沢な暮らしが一変したショックは大きく、精神的に不安定な日々を送ります。

中学時代は聖書に没頭し、一時クリスチャンの宣教師への道を志しますが、中学卒業と活動をやめます。その後、神奈川県立希望ヶ丘高等学校に入学。幼い頃抱いていた社長への憧れも再燃し、大学進学を目指して勉強に励みます。

明治大学商学部に入学した渡邊さんは、主催者として様々なチャリティーイベントを開催するなど、当時からリーダーとしての素質を発揮しました。大学2年生時には日本一周、4年生時には北半球一周の旅行をするなど、課外活動や趣味に没頭しながらも、経営者になるための準備・計画は怠りません。
明治大学卒業後は、「経営者に必要な経理や会社の仕組みについて、実務を通して学ぼう」と考え、経理会社「ミロク経理」に入社します。

渡邊美樹さんの経歴・起業までの経緯

物流倉庫

ではここからは、渡邊美樹さんが起業に至るまでの経緯について見ていきましょう。時代毎に順を追って解説いたします。

ミクロ経理~佐川急便時代

ミクロ経理に入社後わずか半年間で経理を覚え、そのまま退社。退社後は起業資金を調達するため、佐川急便に転職し、SD(セールス・ドライバー)として働きます。

転職後1年間で目標としていた300万円を貯め、佐川急便を退社。その後居酒屋の厨房など外食産業でのアルバイトを経て、1984年24歳の時に有限会社渡美商事を創業します。

フランチャイズ時代~自社ブランド「和民」立ち上げ

「まずはフランチャイズからはじめて、外食産業の基礎を学ぶべき」という周囲の説得を受けた渡邊さんは、1984年、経営不振だった「つぼ八高円寺北口店」を買い取る形でフランチャイズオーナーとなります。

わずか半年で売上を倍増させ、つぼ八高円寺北口店はあっという間に人気店へと成長。渡邊さんはつぼ八グループで講演を行うなど、その経営手腕が本部にも認められるようになります。

1986年には株式会社ワタミを設立し、翌1987年ワタミフードサービス株式会社へと商号変更します。

十数店舗もの経営に成功するなど、経営者として順風満帆の道のりを歩んでいた渡邊さんでしたが、1992年つぼ八とのフランチャイズ契約を解除し、居食屋「和民」1号店となる笹塚店を東京都渋谷区に出店しました。

ワタミグループの歴史

居酒屋

つぼ八時代に経営していた他店舗も続々と和民ブランドへと移行させるなど、居食屋「和民」は大成功。1996年には目標としていた店頭公開、その4年後の2000年には東証一部上場を果たします。関東以外にも店舗を拡大し、2002年には300店舗を達成しました。また和食・居酒屋という分野にとどまらず、中華やイタリアン、バーなど幅広いジャンルで自社ブランドを展開しています。

現在のワタミグループの主なブランド

  • ミライザカ
  • 三代目 鳥メロ
  • 居食屋「和民」
  • 語らい処「坐・和民」
  • BARU&DINING「GOHAN」
  • 居酒屋「ニッポンまぐろ漁業団」
  • 炉ばたや「銀政」
  • CHINA BISTRO「WANG'S GARDEN」
  • Restaurant & American Bar「T.G.I. Friday's」

※計20以上のブランドを展開。

ワタミ創業者・渡邊美樹さんの現在は?

その決断力と行動力により、「ワタミ」の名を全国的に広めた渡邊美樹さんですが、現在は何をされているのでしょうか?社長を退任してから現在までの歩みについてご説明します。

社長退任~参議院議員時代

渡邊美樹さんは2009年社長職から退き、代表取締役会長に就きます。しかしそのわずか2年後の2011年には会長職も辞任。そして同年4月、東京都知事選に無所属で出馬します。都知事選は残念ながら落選となりますが、政界進出への夢を諦められなかった渡邊さんは、2013年に実施された第23回参議院議員通常選挙で自民党・比例区から出馬し、初当選を果たします。

ワタミへ6年ぶりに復帰

参議院議員として「財政再建・原発ゼロ」といった公約を果たすべく公務に従事しますが、2019年2月その年の参議院選には出馬しないことを表明。任期満了により、6年間の議員生活を終えました。

2019年10月1日、会長兼ワタミグループ最高経営責任者(CEO)に就任。2013年会長職を退いて以来、6年ぶりのワタミグループ復帰となりました。

渡邊新CEOは、新事業の拡大やフランチャイズ展開をさらに進めていくことを掲げています。

ワタミ創業者・渡邊美樹さんの経歴まとめ

ということで今回は、ワタミグループの創業者・渡邊美樹さんのプロフィールや経歴についてお届けしました。渡邊美樹さんが復帰したワタミが今後どのような姿に変わっていくのか、今後も動向に注目です。

そんなワタミのフランチャイズ情報については、下記記事でご紹介しています。ワタミの特徴や強み、開業した際のアフターフォローなどについても詳しく解説していますので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

参考記事:和民開業資金などFC契約条件は?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする