フランチャイズ相談所

FC業界の著名人|ファミリーマート社長・澤田貴司さんの経歴を調査

FC業界の著名人|ファミリーマート社長・澤田貴司さんの経歴を調査

ファミチキや、ファミマのお母さん食堂など、オリジナリティのある商品開発に定評がある大手コンビニ「ファミリーマート」。
2016年9月にはサークルKサンクスとの経営統合を開始しました。
今回はそんなファミリーマート社長・澤田貴司さんについて調査!澤田社長のプロフィールや経歴、社長としての手腕についても詳しく解説いたします。

【ファミリーマート】澤田貴司社長のプロフィール

石川県の景色

名前 澤田 貴司(さわだ たかし)
役職 株式会社ファミリーマート代表取締役社長
生年月日 1957年7月12日
出身地 石川県吉野谷村(現:石川県白山市)
出身校 上智大学理工学部卒業

澤田貴司さんは、1957年7月12日石川県吉野谷村(現:石川県白山市)に生まれ、現在62歳になります。(※2020年1月時点)
両親はともに学校教員をしており、上に姉、下に妹を持つ3兄弟の真ん中として育ちました。非常に活発な少年だった澤田貴司さんは、夏は川遊び、冬はスキーや雪合戦に明け暮れていました。

人前に立つことも好きだったそうで、小学校では児童会の会長、中学校では生徒会長を務めるなど、当時からすでにリーダーとしての素質が感じられます。
62歳とは思えないたくましい筋肉も話題の澤田社長ですが、昔からスポーツが得意で、中学時代は野球部に所属する傍ら、水泳部や陸上部、スキー部など他の運動部に参加することも多々あったそうです。

中学校までは地元石川県白山市で過ごしますが、中学卒業後、石川県立金沢桜丘高校への進学と同時に金沢市での下宿生活がはじまりました。

幼い頃からプロ野球選手を目指しており、野球少年だった澤田さんは、高校でも野球を続けるため、甲子園の出場歴もあったことから、同校への進学を決めたそうです。
また、アメリカ・カリフォルニア州へ1ヵ月間のホームステイも経験し、その滞在先のご家族の影響などもあり、大学で物理学について学ぼうと考える様になりました。

高校卒業後は1年間の浪人生活を経て、上智大学理工学部物理学科へ進学。アメリカンフットボール部に所属し、キャプテンを務めるなど、文武両道の学生生活を送りました。

ファミリーマート澤田貴司さんの経歴

スーツ姿の男性

1981年上智大学理工学部卒業後、伊藤忠商事株式会社へ入社。同社の化学品部門に配属されます。その後33歳の若さで、アメリカのセブンイレブンの親会社「サウスランド」の買収・再建に携わります。

セブンイレブンの再建プロジェクトを通して流通業の可能性を目の当たりにした澤田さんは、その後伊藤忠を退社し、1997年ファーストリテイリングへ転職します。ファーストリテイリングは今でこそ、ユニクロ、GU(ジーユー)など数々の有名ブランドを持つ大企業と認知されていますが、澤田さん転職時はユニクロの名前もほとんど知られていない時代でした。

澤田さんがファーストリテイリングへの転職を決意した大きな要因となったのが、柳井正社長との出会いです。柳井社長の小売業への熱い気持ちに感銘をうけた澤田さんは、「この人と働きたい」と強く感じます。

店長候補として入社した澤田さんですが、ファーストリテイリング入社の翌1998年には副社長就任。澤田さんは副社長として売り場や商品の見直しなど、様々な改革に乗り出します。
澤田さんという新たな風が加わったこともあり、ユニクロはフリース、インナーなどで爆発的な売り上げを築き、日本国内だけでなく世界的に有名なアパレルブランドへと成長しました。

澤田さんは柳井社長から直々に次期社長としての社長要請を受けますが、これを固辞。2002年5月にファーストリテイリングを退社し、新な挑戦へと向かいます。

2003年、小売業事業再生投資会社KIACONを立ち上げ、代表取締役社長に就任。これが澤田貴司社長誕生の瞬間です。しかしこれだけでは終わりません。
2005年には、経済界では知らない人はいないとされる玉塚元一さん(後のローソン代表取締役会長)とタッグを組み、経営支援会社「リヴァンプ」を設立。
リヴァンプで再建を手掛けたロッテリアの社外取締役や、野村総合研究所の社外取締役を経て、2016年5月、古巣である伊藤忠商事からの声を受け、ファミリーマートに招聘されます。

ファミリーマートでは取締役専務執行役員として入社し、同年9月1日には代表取締役社長に就任します。

サークルKサンクスとの経営統合

ファミリーマートは、澤田さんが社長に就任するタイミングで、サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスと経営統合。それまでセブンイレブン、ローソンに次いで業界3位だった店舗数も、業界2位へと躍り出ました。

2016年より、「サークルK」「サンクス」の各店舗は少しずつファミリーマートブランドへと移行し、2018年11月30日、サークルK尾西開明店(愛知県一宮市)の営業終了をもって経営統合は無事完了しました。

歌手・松任谷由実さんとの関係

余談ではありますが、澤田貴司社長は意外にも、歌手・松任谷由実さんとの交流があるようです。出会いは上智大学時代へと遡ります。

当時お金がなかった澤田さんは、友人の実家で度々食事をごちそうになっていました。そしてその友人宅の近所に松任谷夫妻が引っ越してきたと聞き、果敢にも友人と直接自宅へと挨拶へ向かいます。

松任谷夫妻はそんな2人を快く出迎えてくれた上、自宅に招いて何度も食事をごちそうしてくださったりと、非常に親切にしてくれたそうです。

そして数十年が経ち、澤田さんが社長となった今でも交流は続いている、と語られています。

【ファミリーマート】澤田貴司社長の経歴まとめ

ということで今回は、株式会社ファミリーマート澤田貴司社長のプロフィールや経歴について詳しくお届けしました。
元々活発で勇敢な子ども時代を送っていたという澤田さんですが、その性格そのままに、数々の企業を渡り歩いてきた経験を武器に、ファミリーマートを引っ張っていっています。

そんなファミリーマートのフランチャイズ情報については、下記記事でご紹介しています。ファミリーマートの特徴と強み、開業した際のアフターフォローなどについても詳しく解説していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

参考記事:ファミリーマート開業資金などFC契約条件は?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする