フランチャイズ相談所

【どんなメリット・デメリットがある?】フランチャイズと直営店の違いとは?

【どんなメリット・デメリットがある?】フランチャイズと直営店の違いとは?

会社員をやめて自由な働き方をしたいそんな願いを叶える方法を挙げてみると、独立、開業、起業などがあります。しかし、自分の力だけで独立や開業を成功させるのはなかなか難しいものです。

そこでおすすめしたいのが「フランチャイズ加盟」。フランチャイズに加盟すると、加盟募集を行っているフランチャイズ本部と契約し独立が可能です。

ところでフランチャイズって何なのかご存知でしょうか?直営店とはどのような点が異なるのか分かりますか?今回はフランチャイズと直営店の違いをまとめてみました。

フランチャイズと直営店の違いとは?

それでは早速、フランチャイズと直営店ではどのような違いがあるのかご紹介したと思います。

雇用形態が異なる

フランチャイズ契約と直営店では雇用形態が異なります。直営店の場合は、本部に直接雇われて業務を行うので、雇用形態は会社員とあまり変わりません。給料も会社員と同様に、本部から支給されることがほとんどです。

一方、フランチャイズは、個人(法人)事業主となります。フランチャイズ本部のブランド力を借りて、共通の商品やサービスを扱う事ができます。個人事業主であるため給料は本部からは支給されず、加盟店の売り上げが収入となります。その代わり、ブランドを借りているので、加盟金や保証金、ロイヤリティなどを本部に支払う必要があるのです。

自由度や裁量面の違い

直営店とフランチャイズでは自由度や裁量面での違いがあると言われています。直営店の場合は、本部から指示された通りに運営しなければならない場合がほとんどです。

フランチャイズ加盟店は、本部がブランディングやマーケティング戦略の基本的な部分を行うため、売上アップのための工夫は加盟店側で自由に行うことができます。

しかし有名なブランドであればあるほど、フランチャイズ加盟店でのルールも統一されていて自由度が制限されてしまうというケースもあります。自由な経営をしたいという場合は加盟先を選ぶ際にしっかり確認しておきましょう。

収益及び資金力の違い

直営店とフランチャイズでは収益や資金力に大きな違いが出てきます。まず、新規店舗出店には店舗の設備費用や人件費など多額の資金が必要となる事が分かりますね。

直営店の場合は、本部が店舗の設備費用や人件費などを負担して新しい店舗を展開させていきます。フランチャイズの場合は、加盟店で人件費や設備費用などを支払っていきます。本部がその費用を負担することはありません。

店舗拡大にあたる費用をフランチャイズ加盟店側が支払うため、直営店に比べ少ない資金で店舗数を拡大することができます。事業を拡大することによりブランド力も高まるため、直営店より収益を得やすいのがフランチャイズの特徴ともいえるでしょう。

ブランディングの違い

本部の意向に沿って経営する直営店のほうが、サービスの質や内容なども安定しているためブランディング力が強いと言われています。フランチャイズでは加盟店ごとの方針や意向により、同じフランチャイズ店でも店舗ごとのサービスに差が生じてしまいます。

しかし、裁量によっては他の加盟店と同様のサービス、またはそれ以上のサービスを提供することもできますので、フランチャイズ加盟店は直営店よりブランディング面で劣っているというような事はありません。

直営のメリット・デメリット

直営店のメリットやデメリットをまとめてみました。

直営店のメリット

1.経営戦略を素早く周知させることができる

直営店は本部が雇用した社員が店舗の店長を任される形になっていますので

本部との連絡がスムーズにでき店舗のマネジメントが行いやすいと言われています。

2.売上が本部の収益に直結する

フランチャイズ展開している場合はオーナーから収益として得られる金額が限られてしまいます。しかし直営店は本部が運営していますので収益も多くなります。

3.ブランドイメージを高めやすい

直営店ではお店のイメージやブランドのイメージ、従業員のイメージなどを本部が思うように整えやすくなっています。そのためブランドイメージをより良いイメージへと高めることができると言われています。

4.管理がしやすい

本部が管轄していますので店舗について管理しやすくなります。

直営店のデメリット

1.出店数をすぐに増やせない

直営店を運営するには多額の資金が必要となってしまいます。まず店長候補となる人材を確保しなければいけません。店長候補だけでなく従業員も集める必要があります。さらに土地を購入したり店舗を完成させる費用もすべて本社が行うので十分な資金が無ければ拡大させることができないのです。

2.スピーディーに出店が進まない

出店するには良い立地条件が欠かせませんが良い土地は早く売れてしまいます。即決できないとなかなか出店できず事業拡大が進みにくいです。店舗数を拡大したいと思っても予想以上に時間がかかってしまうので思うように進まないというのが直営店展開で多い問題となっています。

3.本部が支払う費用が多くなる

直営店にかかる費用は本部が負担していく事になりますので、収益があがらない店舗は惜しまれつつも閉店となってしまう場合も多いです。

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリットとデメリットをまとめてみました。

フランチャイズのメリット

1.スピーディーに店舗拡大ができる

直営店の場合は本部が支払う資金が大きいためなかなか拡大することができないのですが

フランチャイズの場合は加盟店側が資金を出すことになりますので拡大しやすくなります。本部との直接雇用という関係では無いので税金や社会保障など複雑な手続きもなく

短期間で店舗数を多くしてくことが可能です。

2.収益拡大がスピーディーに実現する

店舗数が一気に増えていく事で収益も伸びていきます。直営店と違い売上金額がすべて収益となるわけではありませんが、店舗数が多ければそれだけ収益も得やすいです。

3.本部が管轄する部分が減るので管理が楽になる

細かな運営は店舗側で行っていくので本部は決定事項だけしっかり伝達できるようにすればよいという事になります。本部の負担が軽減されるため楽に動けるのです。

フランチャイズのデメリット

1.問題が発生した場合、ブランドイメージが低下してしまうという恐れがある

本部の管轄である直営店の場合は本部が細かい点まで指導をしていますがフランチャイズ加盟の場合は日々の運営が本部から離れてしまいますのでオーナー側の指導がしっかりなされていない場合問題が起こってしまう可能性もあります。

現在はSNSですぐに情報が広まってしまうというリスクもありますのでフランチャイズ展開の際には注意が必要です。直営店だけでなく他のフランチャイズ加盟店にまで影響が出てしまうケースもあります。

2.収益がを得にくい可能性がある

加盟金やロイヤリティが本部に入る形になりますのである程度店舗数が増えていかなければ期待している収益を得にくいという可能性もあります。加盟店で売上が拡大したとしてもそれが本部にすべて流れてくるわけではないという事です。

フランチャイズ加盟で迷ったらFC相談所にご相談ください!

フランチャイズと直営店についてご紹介しました。

フランチャイズ加盟は本部のブランドを借りて少ない資金で事業をスタートさせることができます。独立、開業は初めてだけど挑戦してみたい、ある程度形は決まっていても自分独自のやり方をも取り入れて収益を挙げていけるビジネスをしたいという人におすすめです。

そこでフランチャイズについてもっと詳しく知りたい、疑問点があるというような人はぜひFC相談所へご相談ください。

FC相談所では収益があがりやすいブランドの紹介やフランチャイズ契約にあたって注意したい事、加盟してからどのように売上を増やしていくのかなどFCに関する様々な情報をご提供しています。初めての独立、開業では不安に感じてしまう事も多いと思います。本当に成功できるだろうかと一歩がなかなか踏み出せないと思います。

そのようなお悩みはFC相談所は解決できます!FC相談所のホームページでは動画も視聴できますし、個別相談も受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

【どんなメリット・デメリットがある?】フランチャイズと直営店の違いとは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする