フランチャイズ相談所

経営成功の鍵を握る「プレオープン」その意味や目的、メリットを調査

経営成功の鍵を握る「プレオープン」その意味や目的、メリットを調査

街中を歩く中で「○月○日、プレオープン」といったチラシや旗を目にしたことはありませんか?近年、飲食店の新規開店やリニューアルに伴い、開店前の最終段階として「プレオープン」を実施するお店が増えてきています。

ということで今回は、のちの経営成功を左右するとまで言われているプレオープンを徹底調査しました。プレオープンの意味や目的、メリット・デメリットについてもまとめましたので、飲食業や小売業の開業に興味のある方はぜひ参考にされてください。

プレオープンの意味、目的とは?

”プレオープンの流れの図解”/

プレオープンとは、正式な開店営業の前に行う、試験的な開店営業を意味します。

英語では「Pre open」と表記します。「Pre」には「以前の」「その前の」といった意味があるので、直訳すると「その前の開店」となります。しかし、プレオープンはスタッフの動きやサービスの提供がシュミレーション通りにいくか等を確認するという目的のもと実施されているため、実際は「その前の」という意味よりも「実験的(試験的)な開店」といったニュアンスの方が強いようです。

プレオープンと比較してよく使用されるのが「グランドオープン」です。グランドオープンは正式な開店営業のことを指します。

よってステップとしましては、まず開店準備が整った後、数日から1週間ほどプレオープンを実施し、その反省点・改善点などを踏まえた上で、グランドオープンを迎えるという形が一般的となります。

プレオープンは招待制が一般的

業種・業態にもよりますが、飲食店などの場合は一般のお客さんではなく、お世話になった身内や取引先を相手に行うケースが一般的です。というのも、あくまでプレ(実験的)オープンであるため、大きなトラブルが生じる可能性があるというのが理由です。

しかし招待制の場合、来場者や来場人数が予めわかっているため、実際の本営業とは別物とも言えます。よって時間や資金に余裕がある場合は、まず招待制のプレオープンを実施した後、一般客を対象にしたプレオープンを再度行うという二段方式が理想でしょう。

プレオープンはどうしても必要?

レジで会計する店員

プレオープンは全ての店で実施されるわけではありません。プレオープンのステップを踏まず、開店準備後そのままグランドオープンに至る場合もあります。しかし、プレオープンを実施したからこそ気付ける事が多いのも事実です。

ということでここからは、プレオープンのメリット、デメリットについて学びながら、その必要性について考えていきましょう。

メリット1.実践的トレーニングを積める

開業準備の中で、料理や配膳の練習、接客シュミレーションを行うとは思いますが、これはあくまで実際のお客さんを相手にしたものではありません。また突発的なトラブルが発生することもあるため、どれだけ入念にトレーニングを行なっていたとしても、想定通りいくとは限りません。よって実践的なトレーニングを体験できることこそが、プレオープン最大のメリットと言えるでしょう。

メリット2.マニュアルについて反芻できる

2つ目のメリットが、接客マニュアルについて見直すことができるという点です。先程も述べました通り、開店直後には突発的なトラブルが付き物です。本営業がはじまる前に接客マニュアルについてしっかり反芻しておくことで、突発的トラブルによるリスクを最小限に抑えられるかもしれません。

メリット3.店内設備の不具合を見つけられる

たとえば飲食店の場合、厨房の調理設備や空調設備の故障・不具合は、非常に大きな打撃となります。もちろん開店準備の中で見つけられる場合もありますが、本営業と同じ時間帯や使用時間、使用頻度で使ってみないと気付けないこともあるでしょう。よってプレオープンを実施する場合は、極力本営業時と同じ条件で行いましょう。

メリット4.宣伝・PRに繋がる

4つ目のメリットが、宣伝・PR効果です。実際にプレオープンに訪れたお客さんがお店に対して好印象を抱いてくれた場合、本営業で再度来店してくれるかもしれません。また、プレオープンによって通行人の目を惹き付けることができただけでも、その後の集客において充分大きなプラスとなるでしょう。

では続いて、プレオープンのデメリットについて見ていきましょう。

デメリット1.赤字のリスク

一概には言えませんが、多くの場合プレオープンではお客さんに対してプラスアルファのサービスを用意するなどのキャンペーンが見られます。たとえば飲食店の場合は、1ドリンクサービスしたり、お得なクーポンを配布したり、場合によっては料金の割引等も見られます。こういったサービスはお客さんから喜ばれますが、その分店側の負担が大きくなります。資金繰りに不安を抱える開業前に過剰なサービスを行なってしまうと、肝心の本営業に支障をきたすかもしれませんので、キャンペーンを行う場合は注意が必要です。

デメリット2.肩透かしになることも

業種・業態に関わらず、プレオープンに訪れる客層と、本営業で来店する客層が違うということは多々あります。客層が違えば、提供するサービスや接客対応も大きく変わってきますので、プレオープンで得た情報をそのまま鵜呑みにするのは尚早です。また、キャンペーン等によりプレオープンは大盛況だったとしても、本営業では客足が伸びなかったという事例もありますので、やはり過剰なキャンペーンは控えておいた方が良いでしょう。

大切なのはプレオープン後

プレオープンにはそれぞれメリット、デメリットがあることがわかりましたが、本当に大切なのは「いかに不安要素を排除して本営業を迎えられるか」ということです。プレオープンを実施したとしても、そこでの経験を改善に繋げられなければ何の意味もありませんし、極論を言えば、絶対の自信があればプレオープンは必要ありません。プレオープン実施中は毎日閉店時に必ず反省の場を設け、すぐに改善策を講じましょう。

プレオープンの意味や目的とは|まとめ

ということで今回は、飲食業や小売業の新規開店時によく見られる「プレオープン」についてまとめました。プレオープンの実施には、時間的・経済的負担がかかりますが、生きた情報が手に入る非常に貴重な機会でもあります。今回ご紹介しました、メリット、デメリットについてもよく考慮した上で、計画的に開店準備を行いましょう。

経営成功の鍵を握る「プレオープン」その意味や目的、メリットを調査

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする