フランチャイズ相談所

レンタルオフィスとシェアオフィスの違いを調査!各メリットは?

レンタルオフィスとシェアオフィスの違いを調査!各メリットは?

今回は今話題のレンタルオフィスとシェアオフィスについて調査しました。双方の違いやメリット・デメリット、それぞれに適した方の特徴についても紹介します。これから何かの事業を始める方、実際にこれらを導入している企業で働きたい方はぜひ参考にしてください。

共同でオフィスを構える時代に

オフィスの机とイス

従来では自社の看板を掲げ、そこを拠点として事業を行う働き方が支流でしたが、近年では特定の拠点を置かず、「自分でオフィスを持たない」という新しい働き方が徐々に注目されてきています。特にIT関連の企業においては「パソコンさえあれば仕事ができる」というケースが多いため、自分で物件を借りて単独でオフィスを構えるよりも、レンタルオフィスやシェアオフィスを利用することで初期費用や入居審査のハードルが低いというメリットがあります。つまり、情報技術の発達、働き方の見直しに伴い会社のオフィスで働くことの認識が以前よりも変わってきていることから、近年レンタルオフィスやシェアオフィスという概念が注目されつつあるのです。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、パソコンやインターネット、プリンターやデスクと言った仕事を行うための設備が既に整っているオフィスで、基本的に月額でレンタルすることが可能です。オフィスといってもビルをそのままレンタルするというわけではなく、各フロアやフロアの一室を仕事スペースとしてレンタルすることができます。レンタルオフィスの規模は様々あり、一人専用の個室スペースから複数名まで可能な比較的広いスペースなど、人数や用途によって適したレンタルオフィスを誰でも利用することができます。

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスの最大のメリットとしては、自分専用スペースを手軽に利用できるということです。レンタル期間中は基本的にあなただけの専用スペースになるため、必要なものをを別途設置したり、私物を置きっぱなしにすることも可能であるため、わざわざ毎回セッティングしたり荷物を持ち運ぶ必要もありません。また、先程も述べたとおりレンタルオフィスには仕事に必要な設備が既に整っていることから、パソコンやインターネットなどを準備する手間も無く、レンタルを始めた当日から仕事に集中することができるのです。

レンタルオフィスのデメリット

レンタルオフィスは誰でも気軽に借りることができ、すぐに仕事に取り掛かれるというメリットがある一方でデメリットもあります。レンタルオフィスのデメリットとして、レンタル料金やその他使用料金が割高になっているということです。レンタルオフィスの規模や形態によって異なるため一概には言えませんが、レンタルオフィスを提供している事業主は本来の賃料よりも上乗せした料金でオフィススペースを提供しています。そのため、レンタル料が割高になってしまうのです。その他、各設備等の利用料も別途発生する場合もあるので、実際に利用を考えている方は下調べが必要です。

レンタルオフィスはこんな人におすすめ!

レンタルオフィスは基本的に誰でも利用可能ですが、たとえば短期間の出張先や転勤先でちょとした作業スペースが必要な際に、非常におすすめです。また、税理士や宅建士など特定の業種において開業する際自宅での職務が難しい場合などは、レンタルオフィスを活用してみるというのも一つの手です。

シェアオフィスとは?

”オフィスで働く人々"/

シェアオフィスとは、基本的に複数の企業や団体で共有するフロアやオフィスルームの一室を意味します。シェアオフィスで働く場合、利用者は基本的に自分専用のデスクや固定席を持たないフリーアドレス形式で働くことになります。シェアオフィスによっては、誰でも使える個別ブースや会議室などの設備が備わっているものなど様々なタイプがあります。

シェアオフィスのメリット

シェアオフィスのメリットとして、他の社員とコミュニケーションが取りやすいということが挙げられます。一般的なオフィスにあるような仕切りや壁などはシェアオフィスにはほとんど無いため、部署や役職問わず他の社員とのコミュニケーションが取りやすくなり、その日の気分によって好きな場所で働くことできます。また、シェアオフィスの場合は複数の企業や団体との共有スペースを持つことになるため、レンタル料金も比較的割安となっています。

シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスのデメリットとしては、各種のセキュリティ問題が挙げられます。シェアオフィスには特に厳重な仕切りなどが設けられていないケースが多いので、PC画面やモニターなどを容易に見られてしまう恐れがあります。そのためセキュリティやプライバシーに関する問題に、常々注意する必要があります。またシェアオフィスの場合、無線LANやWi-Fiも同じものをシェアするケースが多いことから、通信量やネットワークのスピードに関する問題も頻繁に起きています。

シェアオフィスはこんな人におすすめ!

シェアオフィスも基本的に誰でも利用できますが、特に営業部署で働く人や業務において移動が多い方におすすめです。取引先や相手方事務所との近くにシェアオフィスを利用し、仕事ができる拠点を拠点におくことによって、移動時間の短縮や取引先への対応がしやすくなります。その結果、仕事の効率が上がったり、移動時間や交通費を節約できるという魅力もあるのです。

 

レンタルオフィスとシェアオフィスの違い|まとめ

レンタルオフィスとシェアオフィスの違いとしては、前者は1人〜比較的少人数を対象とした作業スペースであるのに対し、後者は比較的大人数、もしくは複数の企業や団体を対象としています。また、レンタルオフィスの場合は予め必要な設備が整っており、そこを自分専用のスペースとして使用することができます。一方、シェアオフィスの場合は個人専用のスペースはありませんが、その日の気分によって好きな場所で働くことができ、他の社員とのコミュニケーションも取りやすいです。双方にもメリット・デメリットがあるためどちらが良いというわけではありません。そのため、利用を考えている方は目的や用途、人数に適したオフィスを選びましょう。

レンタルオフィスとシェアオフィスの違いを調査!各メリットは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする