フランチャイズ相談所

フランチャイズで成功する人と失敗する人の差とは?傾向も分析!

フランチャイズで成功する人と失敗する人の差とは?傾向も分析!

今回はフランチャイズで成功する人と失敗する人の差についてまとめました。一般的にローリスク・ハイリターンと言われているフランチャイズビジネスであっても必ずしも成功するとは限りません。その為、成功者と失敗者の差や成功しやすい事業の傾向について知っておく必要があります。これからフランチャイズを実際に始める方、起業したい方もぜひ参考にしてください。

フランチャイズでも必ず成功するとは限らない

ガッツポーズする男性

働き方の多様化により、以前よりも起業や開業、個人事業の設立にチャレンジする人も増えてきています。一方でフランチャイズも同じく注目を集めている働き方の一つです。その理由として、個人で事業を始めるよりも比較的ローリスク・ハイリターンが見込めるからです。業種・業態によって異なるため一概には言えませんが、フランチャイズ事業の成功率は全体でおよそ70%となっております。とは言っても、必ずしも成功するわけではないため30%の人は事業が失敗に終わり損失を抱えてしまうことになります。少しでもフランチャイズを成功に導くためには、以下で紹介することをぜひ肝に命じておきましょう。

フランチャイズで成功する人と失敗する人の差とは

フランチャイズと言っても実に様々な業種があるため、それぞれ事業運営の難易度は異なります。しかし、フランチャイズで成功する人と失敗する人にはいくつかの共通点があると言われています。そこで、フランチャイズで成功する人と失敗する人の「差」について4つ見ていきましょう。

その1:そもそもフランチャイズに向いているか否か

そもそもフランチャイズに向いているか、いないかということが当然ですが、その事業の将来を大きく左右します。フランチャイズに向いている人とは、ズバリ「素直な人」です。フランチャイズ事業はあくまでもフランチャイズ本部と独立して事業を行うことになりますが、オーナーの自由気ままに店舗経営をして良いというわけではありません。そのため、本部からの要望や方針、指示などを素直に受け入れ事業運営ができることが成功のために重要な要素となります。「誰かに指示されるのが嫌だ」「自分の好きな通りに事業を進めたい」という方はわざわざフランチャイズにこだわる必要はなく、個人で起業するという道があります。

その2:フランチャイズ本部と良好な関係が結べるか否か

フランチャイズ本部と良好な関係が結べるか、ということも事業の成功に大きな影響を与えます。フランチャイズは元々お互いの信頼関係の上に成り立つビジネスで、その関係性が成功か失敗かの分かれ道と言っても過言ではありません。というのも、フランチャイズでは一方(オーナー)が儲かればもう一方(本部)も利益がでるという仕組みになっているからです。フランチャイズ本部と良好な関係を築き上げるためには非常に単純なことですが、契約内容を守って店舗経営すること、本部の支持をしっかり仰ぐこと、定期的に本部の人間とコミュニケーションを取ることなどが挙げられます。

その3:適切なフランチャイズ本部を選べるか否か

また、自分に合った適切なフランチャイズ本部を選べるかということも重要になります。成功する人は決して「ロイヤリティが安いから」「人気の業種だから」「知名度のある企業だから」という単純な理由だけでフランチャイズ本部の選定を行いません。まず、自分のやりたいこと、性格や適性を自己分析しそれに合致したフランチャイズ本部を選ぶ必要があります。また企業理念や経営方針に同意できるかということも非常に重要な要素となります。それらに同意せずにフランチャイズ事業を始めてしまうと必ず「こんなはずじゃなかった」と思うようになり、事業運営にも悪影響が出てきます。

その4:経営者としてのスキルがあるか否か

フランチャイズ事業であっても店舗運営をする以上立派な経営者です。フランチャイズ事業では本部の指示や指導を仰ぎながら店舗運営が可能なため、経営未経験の方でもチャレンジすることはできます。しかし、やはり経営者となる以上スキルや知識は欠かせません。従業員を雇う場合にはオーナー自らが指導や教育を行うこともあり、不測の事態にも冷静に対処していかなければ経営者は務まりません。また、事業の売上目標や事業目的を明確にしつつ経営者としての責務を全うしていくことも当然重要になります。

成功しやすいフランチャイズ事業の傾向とは?

コインランドリー

以上の4点がフランチャイズで成功しやすい人、失敗しやすい人の差になります。それでは、フランチャイズの業種に関して、成功しやすいフランチャイズ事業の傾向について見ていきましょう。

店舗型より無店舗型がオススメ

フランチャイズ事業において、より成功率を上げたいのであれば店舗型よりも無店舗型の業種をおすすめします。店舗型事業とはコンビニやレストランなど、実際に店舗を構えて商売をする業種で、一方無店舗型とは、ネットショップ経営など店舗を持たない業種が挙げられます。無店舗型をおすすめする理由としては、比較的低資金で気軽に事業が始められること、未経験でも始めやすいこと、そして失敗時のリスクが低いことが挙げられます。当然失敗するケースは存在しますが、特に経営未経験の方には無店舗型事業のフランチャイズがおすすめです。

小規模、低資金で始められる業種がオススメ

どうしても飲食店などの店舗型事業でフランチャイズビジネスを始めたい方は比較的小規模で低資金ではじめられる事業をおすすめします。店舗型であっても小さな喫茶店や塾経営などの業種の場合は開業時の契約金や物件費用、内装工事などのコストを抑えることができます。また、コインラインランドリーやコインパーキングと言った土地活用のフランチャイズもおすすめです。土地活用のフランチャイズでは、土地さえあれば人件費や運営費をぐっと抑えることが可能です。

フランチャイズで成功する人と失敗する人の差とは?まとめ

フランチャイズで成功する人と失敗する人の差とは、①フランチャイズに向いているか、②本部と良好な関係が結べるか、③適切なフランチャイズ本部を選定できるか、そして④経営者としてのスキルがあるか、という要素が挙げられます。また、無店舗型で小規模、低資金でできる事業も成功しやすい傾向にあるため、実際にフランチャイズ事業を始めることを検討されている方は以上で紹介した内容を参考にしてください。

フランチャイズで成功する人と失敗する人の差とは?傾向も分析!

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする