フランチャイズ相談所

開業するならどっち?居抜き物件とスケルトン物件の違いを解説!

開業するならどっち?居抜き物件とスケルトン物件の違いを解説!

今回は居抜き物件とスケルトン物件の違いについてまとめました。それぞれの特徴やメリット・デメリット、また開業に向いている業種についても詳しく紹介します。物件選びは事業を成功に導くために最も重要な要素の一つと言われています。これから開業を考えている方、物件選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

開業する際に欠かせない最適な物件選び

カフェの内装

業種・業態問わず、事業を開業する際には時間やお金がかかるだけでなくそれなりのリスクがあり、必ずしも成功するとは限りません。少しでも事業の成功率を上げるためには開業準備の段階で適切な判断をする必要があります。どんな事業を始めるのか、どれくらいの規模で始めるのかということももちろん重要ですが、どこで、どのような物件で始めるかということも非常に重要な要素となります。そのため、各事業に最適な物件選びをする必要があります。一般的に店舗や事務所として使われる物件には居抜き物件とスケルトン物件の2種類があります。それではその違いについて見ていきましょう。

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、床や天井、壁などの内装はもちろんのこと、キッチンや厨房、空調などの設備が既に備わっている物件を指します。各物件によってそれぞれ備わっている設備の種類や数は異なりますが、特別な内装工事をすることなく、比較的スピーディに店舗運営ができるということが居抜き仏家の最大の特徴となります。居抜き物件では以前その物件において実際に事業が行われていたことから、設備や機器の他にテーブルやイスなどの備品が残っていることもあります。

居抜き物件のメリット

居抜き物件の最大のメリットとしては、開業準備資金を大幅に節約することができるということです。特にキッチンや内装、排気口などの設備を新たに取り付けようとすると、工事費用だけでも数百万円〜かかってしまいます。居抜き物件では既に備わっている設備を利用することができるため、大幅に工事費用を抑えることができます。また、最低限の内装だけ整えればすぐにでも事業運営を始められるということも居抜き物件の魅力となります。

居抜き物件のデメリット

一方、デメリットとしてはオーナーの好みでリフォームが難しいということです。居抜き物件ではあらかじめ間取りや壁、その他設備などの配置がされていることから、オーナーの嗜好に合ったレイアウトづくりがどうしても難しくなってしまいます。また、既に備わっている設備や機材というは必ずしも新しい物というわけではないため、万が一故障してしまったら別途修理費用がかかってしまいます。

居抜き物件に開業に向いている業種

居抜き物件での開業に向いている業種は、ズバリレストランやカフェなど飲食系となります。居抜き物件の大半は以前飲食業を行っていたオーナーが売り出した物件であるため、キッチンや排水設備、その他テーブルやカウンターなどが既に備わっているケースが多いです。しかし、一言に飲食系の業種が向いているといっても、例えば、レストラン、カフェ、バー、居酒屋などそれぞれ必要な設備や間取りが異なることから、実際に物件を選ぶ際には直接間取りを確認したり、以前行われていた業種の形態についても確認しましょう。

 

スケルトン物件とは?

広いオフィス

スケルトン物件とは、そのとおり仕切りやキッチンなどの設備が全く無い殺風景な空間だけの物件となります。居抜き物件とは全く異なり、スケルトン物件はまさにゼロの状態になっているということが特徴的です。また、スケルトン物件は商業施設、ビルの一室、路面店など、立地問わずあらゆる所で物件の貸出が行われています。

スケルトン物件のメリット

スケルトン物件の最大のメリットとしては、レイアウトを自由自在に変えられるということです。オーナーさんの中には、独自の内装や店舗デザインにこだわりたいという方も少なからず存在し、お気に入りのテーブルやイス、必要な設備を自由に設置することが可能になります。内装に関して柔軟性があるため、スケルトン物件では様々な業種での店舗運営をすることが可能となります。つまりスケルトン物件を選ぶことによってオーナーの理想の店作りをすることができるのです。

スケルトン物件のデメリット

一方スケルトン物件のデメリットして挙げられることが、内装工事の費用がかかってしまうということです。壁やフローリング、空調やお手洗いなどのレイアウトやデザインに拘りすぎてしまうと、実際に事業を始める前の段階で数千万円〜費用がかかってしまいます。また、内装工事のため計画や施工工事、その他点検等に相当な時間を費やすことになってしまうため、実際に店舗運営を始めるまでに相当な時間を要してしまうこともあります。

スケルトン物件での開業に向いている業種

スケルトン物件はレイアウトやアレンジ次第でどんな業種でも開業できるため、特別向いている業種というのはありません。しかし、デメリットのことを考えるとなるべく簡易的な設備で運営ができる業種で開業することをおすすめします。例えば、学習塾整体院リラクゼーションサロンなどが挙げられます。その他にも各職業の事業所や営業所、事務所など、オフィスとして利用することも可能です。

居抜き物件とスケルトン物件の違いまとめ

今回は居抜き物件とスケルトン物件のそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく紹介しました。居抜き物件とは、既にキッチンや空調、内装などの必要設備が整っている物件で、無駄な工事費用を抑えながらスムーズに開業することができるというメリットがあります。一方で、スケルトン物件とは、壁と床、天井だけの殺風景な空間だけがある物件で、オーナーの趣味や好みによって自由自在にレイアウトを変更したりデザインをすることができます。そのため、スケルトン物件はほとんどすべての業種で開業することが可能です。しかし、居抜き物件、スケルトン物件にはそれぞれメリットやデメリット、業種による向き・不向きがあるため、実際に物件選びをする際には実際に物件を訪れて確認したあと入念な開業プランを立てた上で決めましょう。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする