フランチャイズ相談所

個人事業主の屋号の付け方は?屋号を決める際の注意点やポイントも

個人事業主の屋号の付け方は?屋号を決める際の注意点やポイントも

今回は個人事業主なら絶対に知っておくべき屋号の付け方についてまとめました。そもそも屋号には事業を行う上でどのような役割があるのかということも含め、屋号をつける際のポイントや注意点について詳しく紹介します。これから個人事業を始める方は是非参考にしてください。

そもそも屋号とは?

コーヒーショップの店内

屋号とは、主に個人事業において事業を行う拠点となる場所、もしくは事業そのものの名前を意味します。皆さんもよく町中で目にすると思いますが、例えば「〇〇クリック」、「〇〇商店」「〇〇事務所」と言ったものが屋号となります。屋号は個人事業における事業や拠点の名前であり、法人の場合は必ず「〇〇株式会社」という会社名になります。

屋号は無くてもいい!?

業種・業態問わず、個人事業を始めるためには開業届が必要となり、また年に一度事業主自ら税務署で確定申告をすることになっています。開業届や確定申告の書類には必ず屋号の記入欄があります。しかし、だからといって必ずしも屋号はなくてはならないというわけではなく、屋号なしでも個人事業を始めることは可能です。店舗や事務所を構えて事業を行う場合にはどうしても屋号が必要になることが多いですが、例えば、フリーランスなどネット上でビジネスを行っている場合には必ずしも屋号が必要というわけではないため、屋号はあくまでも各事業の存在を明確にするための参考程度に過ぎないのです。

個人事業主が知っておくべき屋号の付け方やポイントとは?

とは言っても、屋号には事業を行う上で非常に重要な役割があり、屋号は言わばあなたの事業の看板そのものなのです。そのため、屋号はなんでも良いというわけではなく、それぞれの事業に最適な屋号をつける必要があります。それでは個人事業主が知っておくべき屋号の付け方のポイントについて見ていきましょう。

ポイント1:業務内容がしっかり伝わる文言を使う

屋号の付け方のポイントとして最も重要なのが、「屋号だけでその事業内容について伝えることができるか」ということです。屋号によってその事業の第一印象が決まるといっても過言ではなく、屋号とは、顧客や取引先がその事業について知ってもらうための看板そのものです。そのため、その文言を見ただけで事業内容が相手に伝わりやすい屋号を付けましょう。例えば、「〇〇法律事務所」「〇〇歯科医院」「喫茶店〇〇」というように職種をそのまま屋号の中に組み込むことでより効果的に業務内容について伝えることができます。

ポイント2:読みやすく、分かりやすく

特にIT系の事業の場合、英語などの外国語をそのまま、もしくは日本語表記にして屋号に使われているケースが多々あります。日本語にしなければならないという規則はないため、英語表記を屋号に使っても問題はありませんが、その際にはより「読みやすく、分かりやすく」ということを意識する必要があります。屋号を掲げている当事者がその意味について知っていたとしても、一般人や取引先が必ずしも理解しているわけではありません。グローバル企業の場合は英語表記にすることによって海外の人からも知ってもらえるというメリットがありますが、なるべく読みやすくわかりやすい屋号を使いましょう。

ポイント3:その屋号によって信頼を獲得できるか

屋号をつける際には、その屋号によって「事業に対する信頼が得られるか」ということも非常に重要になります。個人事業をはじめるからには誰しも商売繁盛や利益獲得を目指すかと思います。そのためには、まず屋号によって顧客や取引先から信頼を得る必要があります。屋号が直接的に収益につながるわけではありませんが、たとえばネガティブなワードを使ったり、全く事業に関係の無い文言などを使ってしまうと「この事業は本当に大丈夫なのか」「怪しい事業なのではないか」と疑問を持たれてしまいます。そのため、なるべくポジティブなワード事業に関連する文言を使い屋号を決めていきましょう。

屋号をつける際に気をつけるべき注意点とは?

考え込む男性

以上の3つが屋号の付け方の主なポイントとなります。しかし上記のポイントさえ押さえれば何でも良いということでは決して無く、法律で決められている規則もいくつかあります。その点も踏まえ、屋号をつける際に気をつけるべき注意点について紹介します。

「会社」と同義の文言の使用はNG

冒頭でも述べたとおり個人事業は屋号、法人の場合は会社名と法律で定められているため、屋号に「会社」という言葉や同義の文言は使用することはできません。例えば、法人企業においてしばしば用いられる「コーポレーション」や「カンパニー」、株式会社を意味する「Co」「LTD」「Inc」、もしくは「〇〇合同会社」と言った文言は日本語、英語表記問わず個人事業の屋号には禁止されているので注意が必要です。

既に存在する屋号名の使用はNG

個人事業は国内だけでも200万以上の事業と事業主が存在します。そのため、例えオリジナルで考えた屋号であっても既に使用されているという場合もあります。特に同じ業種や業態において屋号が他の事業主とか被ってしまうことが多いですが、既に存在する屋号名は使用できません。というのも、現在存在する屋号のほとんど全ては商標登録されており、それを知らずに同じ屋号を使ってしまうと著作権侵害になってしまうからです。そのため、屋号を決める際には経済産業省にある特許庁の特許情報プラットフォームというウェブサイトで既に商法登録済みかを調べてから決めましょう。

個人事業主が知っておくべき屋号の付け方と注意点まとめ

今回は個人業主が知っておくべき屋号の付け方と注意点について詳しく紹介しました。屋号は必ずしもつけなければならないというわけではありませんが、事業において自社のPRや顧客の獲得、取引先からの信頼獲得といった非常に重要な役割があります。そのため、業務な内容がしっかり伝わるか、分かりやすく読みやすいか、信頼を獲得できるかというポイントを抑えつつ著作権などの問題にも気をつけながら、それぞれの事業に合った最適な屋号を決めましょう。

個人事業主の屋号の付け方は?屋号を決める際の注意点やポイントも

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする