フランチャイズ相談所

会社設立時に用意すべき印鑑とは?必要な印鑑の種類と用途について

会社設立時に用意すべき印鑑とは?必要な印鑑の種類と用途について

今回は会社設立時に必要となる印鑑の種類についてご紹介します。会社を設立する際、もしくは事業を実際に行っていく際には複数の異なった印鑑が必要となるため、何を準備したら良いのかわからない方もいると思います。これから事業を始める方、会社を設立する方はぜひ参考にしてください。

会社設立や事務手続きに欠かせない印鑑

書類と文房具

会社を設立したり、事業を始める準備として様々なペーパーワークをこなすことになると思いますが、その際に欠かせないのが印鑑ですよね。例えば役所への各種手続きのための書類や銀行口座をつくる際などその事業や会社の印鑑が必要となります。しかし、全て同じ印鑑というわけではなく、それぞれの手続に関して正しい印鑑を別途準備する必要があるのです。

会社設立時に必要な印鑑の種類とは?

会社設立時、もしくは実際に事業を運営していく上で必要となる印鑑は主に4つあると言われています。そこで、それぞれの印鑑の名称や種類、役割や使用ケースについて一緒に見ていきましょう。

その1:会社実印(代表者印)

代表者印とも呼ばれる会社実印は、会社設立時、もしくは実際に事業を行っていく上で使用頻度の多い重要な印鑑となります。いわば会社そのものを表す印鑑と言っても過言ではありません。例えば、会社設立時に法務局に提出することになる登記申請のための書類や、税務署に提出することになる開業届確定申告の書類が挙げられます。また、業務上では雇用契約書や取引先との契約書など非常に重要な書類の際に必要となります。会社実印は丸形が多く、直径が3センチメートル以内に収まるものと定められており、「〇〇株式会社」というように会社名と「代表取締役」というような役職名を記載する必要があります。会社実印は会社を実際に設立する前に作成しましょう。

その2:会社銀行印

会社銀行印は会社実印よりも使用頻度が多く、非常に重要な印鑑となります。会社銀行印とは、その名の通り、会社名義で銀行口座開設時やその他銀行に関する手続きの際に必要となる印鑑です。また、その他にも各取引先や顧客への請求書納品書等を作成する際にも使われるため、一般的には経理や会計部署の従業員に会社銀行印を持たせます。会社銀行印は会社の経営状況を管理するための印鑑であるため、会社実印と同様に取り扱いには細心の注意を払いましょう。会社銀行印を作成する際には会社実印と区別するためにも一回りほど大きさを小さくし、外側の円に会社名、内側の円に「銀行之印」と記載します。

その3:角印(社印)

社印、もしくは角印とは、その名の通り正方形をした印鑑で、会社の認印として使用されます。会社実印や会社銀行印に比べてそれほど重要な役割はありません。そのため、会社実印や会社銀行印の捺印や押印が必要ない注文書請求書などの社外文書や稟議書などの社内文書に用いられます。一般的には会社名のみを記載した正方形の印鑑で角印を作ります。角印は必ずしも必要というわけではないため、会社設立後に必要に応じて作成しましょう。

その4:住所印(ゴム印)

住所印はゴム印とも呼ばれ、会社名や会社の住所、電話番号などが記載されている印鑑、もしくはそれらの会社概要情報に加え日付を代えることのできる印鑑を指します。使用例は角印とほぼ同じですが、各種書類を作成する際に手書きの手間を省くために用いられます。ゴム印を作成する際の使用は特に決まっていないため、自由に作成することができます。

会社設立時に必要な印鑑を使用する際に気をつけたい注意点

以上の4つの印鑑が会社設立時、もしくは実際に事業を始めてから必要となる印鑑の種類となります。それでは、実際に使用する際に気を付けるべき注意点について紹介します。

法的効力はどの種類の印鑑も全て同じ。しかし・・・

ここまでそれぞれの印鑑の種類や役割、用途について紹介しましたが、実は法的効力としてはどの種類の印鑑も全て同じなのです。つまり、どの印鑑をどの用途に使用したとしてもその証拠能力に違いはないのです。しかし、特に会社印と会社銀行印の2つに関しては会社そのものを示す印鑑でもあり、信頼性を得るという意味でも非常に重要な印鑑となります。そのため、会社設立の申請書の作成や銀行口座開設時には会社実印と会社銀行印をそれぞれ準備することをおすすめします。

印鑑悪用、盗用のリスク

会社開設時に必要となる書類や手続、もしくは事業運営における必要となる契約書等全てを会社実印のみで対応していた場合、万が一その印鑑が紛失、もしくは悪用、盗用された際には相当なリスクと損害を被ることになります。以上で挙げた4種類の印鑑を訂正印(捨印)や白紙委任状への押印の際には盗用のリスクが非常に高いと言われています。このようなリスクを回避するという意味でも複数の印鑑を準備しておくことをおすすめします。また、それらの印鑑を作成する際には三文判は避けたほうが良いでしょう。三文判とは、ホームセンターや文房店、100円ショップ等で気軽に購入できる大量生産の印鑑です。つまり三文判は非常に盗用の危険が高いため、トラブルを避けるためにも必ず専門のはんこ屋で作ってもらいましょう。

個人の実印も必要になることがある

特に個人事業主や会社役員の場合、会社実印とは別に個人の実印が必要となることもあります。個人の実印とは、個人の氏名が記載された一般的な丸型の印鑑を意味します。しかし、ただ印鑑を作っただけでは使用することはできません。実際に会社設立時や事務作業において実印として使用するためには、各市町村役場で実印登録を行い印鑑証明書を取得する必要があります。その証明書を定義の認証や会社設立登記に添付して使うことになるため、大切に保管しておきましょう。

会社設立時に必要な印鑑の種類とは?まとめ

今回は会社設立時に必要な印鑑の種類とそれぞれの役割についてまとめました。会社設立時、もしくは事業を行っていく上で必要となる印鑑は、会社実印、会社銀行印、角印、そして住所印の4つとなります。法的効力としてはどの種類も同じですが、盗用や紛失のリスクを避けるためにもそれぞれの印鑑を使い分け、しっかりと管理する必要があります。これから実際に会社を設立する方、もしくは経理や事務作業に携わる方は以上で紹介した内容を参考に印鑑を準備しましょう。

会社設立時に用意すべき印鑑とは?必要な印鑑の種類と用途について

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする