フランチャイズ相談所

フランチャイズで既存店引継ぎ制度を利用するメリット・デメリット

フランチャイズで既存店引継ぎ制度を利用するメリット・デメリット

今回はフランチャイズ既存店引継ぎ制度に関して、そもそも既存店引継ぎ制度とは何なのかメリット、デメリットも含めて紹介します。フランチャイズで起業したいけれど資金面等で不安がある方、また実際にフランチャイズ起業を考えている方はぜひ参考にしてください。

フランチャイズの既存店引継ぎ制度

特に小売業、飲食業、またサービス業のフランチャイズ事業を行っている企業では、「既存店引継ぎ制度」を採用しフランチャイズオーナーを募集しているところは珍しくありません。そもそも既存店引継ぎ制度とは、本部が所有しており既に運営が行われている直営店舗、もしくは他のオーナーが運営を行っている加盟店舗をそのまま引継ぎ、新規加盟店オーナーがその店舗を使って事業を始めるという制度です。一般的に新規でフランチャイズ事業を始めるためには、加盟者は運営を行うための店舗を別途用意する必要がありますが、この既存店引継ぎ制度を利用することによって事業運営における様々なメリットが存在します。

フランチャイズ既存店引継ぎ制度のメリットとは?

それではフランチャイズ事業を始める際に既存店引継ぎ制度を利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。そのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリットその1:開業のためのコストや手間を節約できる

既存店引継ぎ制度を利用することによってフランチャイズ開業の際にかかる資金や手間・時間を大幅に節約できるということが最大のメリットなります。普通にフランチャイズ起業をしようとするとまず店舗の物件探しから始まり、内装店外装工事、そして設備投資など準備の段階で多くの時間とお金を費やすことになります。しかし、既存店引継ぎ制度を利用することによって開業準備に必要なお金と時間を節約することができ、圧倒的に事業運営が始めやすいという魅力があります。事業運営に必要な内装や設備も既に整っているためオーナーとして事業運営に専念することができ、起業未経験者の方にもオススメの制度となります。

メリットその2:固定客が既にいるため収益につながりやすい

既存店引継ぎ制度を利用することによって開業準備だけではなく、実際に事業がはじまってからもさまざまな利点があります。たとえば、コンビニなどの小売業、レストランなどの飲食業で収益を出すためには集客が何よりも重要になり、安定した収益を得るためにも宣伝やPRなど集客努力に多くの時間を費やす必要があります。ビジネス街や繁華街など一等地と呼ばれる立地における店舗運営はそれほど難しくはありませんが、もともと人通りが少ない場所や路地などにあるお店の場合にはまずお店の存在を知ってもらうことから始めなければなりません。既存店引継ぎ制度では以前のオーナーが運営していた店舗の知名度固定客もそのまま引き継ぐことになるため新たなオーナーが事業を始めると同時に安定した収益を得ることが見込めるのです。

メリットその3:従業員の育成が必要なく、事業計画も立てやすい

既存店引継ぎ制度では、以前のオーナーの元で働いていた従業員も基本的にはそのまま引き継ぐことになります。そのため、新たに従業員を募集する必要もなく研修もする必要が無いため、人材育成のためのコストと手間も節約することができます。つまり、経験のある従業員がいるためそれだけ事業運営もスムーズに進められるのです。また、既存店引継ぎ制度には事業計画が立てやすいというメリットもあります。引き継ぎの際には以前の事業においてどれくらい収益があったのか、また客層や消費者ニーズなどの情報も確認できるため、今後の事業計画に活かすことができるのです。以前の事業がうまく行っていたからと言って引き継いでから必ずしも順調に行くとは限りませんが、全くゼロの状態から始めるよりは既存店の方がはるかに運営しやすいことは確かです。

フランチャイズ既存店引継ぎ制度のデメリットとは?

以上の3点がフランチャイズ既存店引継ぎ制度の主なメリットとなります。しかし、この制度を利用するに至ってメリットだけでなくもちろんデメリットも存在するため、そのデメリットについても見ていきましょう。

デメリットその1:加盟者希望の店舗で開業できるとは限らない

既存店引継ぎ制度のデメリットとしてまず挙げられるのが、必ずしも加盟者が希望する店舗で開業できるとは限らないことです。ある程度は加盟者の要望や意志は考慮されますが、開業するに至って店舗の場所や立地はフランチャイズ本部が指定することになっています。そのため、業績不振やその他運営上のトラブル等が原因で撤退した以前のオーナーの店舗を引き継ぐ可能性も多くはありませんが決してゼロではないのです。悪質なフランチャイズ企業でない限り、わざと不良店舗で新規オーナーを開業させ経営破綻に追い込むというようなケースはありませんが、「既存店」を利用するということによってネガティブな印象がある場合にはそれも合わせて引き継ぐことになるのです。

デメリットその2:引継ぎまでの時間が限られているケースも

フランチャイズ企業によっては新規オーナーへの既存店の引継ぎ期限を設けている場合もあります。そのため、開業のために必要な準備を十分な時間を掛けて行うことができないという問題も生じることもあります。既存店引継ぎ制度は確かに開業のための時間とお金を節約できますが、オーナーの研修や経営者として必要なスキルを身につけるためにはそれなりの時間が必要となります。そのため、十分な研修や準備が完了する前に引継ぎ期限が来てしまい、不完全な状態で運営を始めなければならないという状況に陥ることも珍しくは無いのです。

デメリットその3:元オーナーが撤退に至った理由が存在することも

既存店の元オーナーが個人的な事情により撤退したという場合は特に心配はいりませんが、店舗自体にネガティブな要因があり経営を続けることを断念したというケースもあるかもしれません。というのも、もともと商売がうまく行っていたのであれば普通はそのまま事業を続けるのが普通ですが、業績不振等によりやむなく廃業に追い込まれたため事業を中止して次の経営者に引き継ぐというケースも少なからず存在します。そのため、この制度を利用する際には以前の経営状況等についてしっかり把握しておく必要があります。

フランチャイズ既存店引継ぎ制度のメリットとデメリットまとめ

今回はフランチャイズ既存店引継ぎ制度に関して、制度の概要やメリット・デメリットについて紹介しました。特に開業未経験者の方で開業資金や手間を節約したい方にとっては大変オススメな制度になります。しかし、この制度を利用することによって以上で挙げたようなデメリットもあるため、十分な時間をかけて検討する必要があります。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする