フランチャイズ相談所

フランチャイズ本部による搾取とは?事前に知っておくべき仕組み

フランチャイズ本部による搾取とは?事前に知っておくべき仕組み

今回は悪質なフランチャイズ本部による搾取の手口やフランチャイズ事業において起きやすいいくつかのトラブルについて紹介します。当然全てのフランチャイズ本部が悪質というわけではありませが、いつトラブルに巻き込まれるかは誰にもわからないためぜひ参考にしてください。

本部しか儲からない?フランチャイズの仕組み

フランチャイズ事業を展開している企業のほとんどは加盟者と連携して事業運営を行っています。しかし、中にはオーナーから利益等を搾取しようとしたりさまざなトラブルを引き起こす悪質な本部も残念ながら存在します。そもそもフランチャイズビジネスとは、フランチャイズ本部、加盟店オーナーの双方に利益が出るような仕組みになっています。しかし現状は、フランチャイズ本部側にやや偏った利益が生じる場合もあるため決して平等な利益を得られるとは限らないのです。優良本部との事業においてもそれらの偏りが出ることもありますが、加盟店からあえて利益を搾取しようとする悪質なフランチャイズ本部も存在し、その手口について知っていないと騙されていることに気づかない場合もあります。

本部による搾取とは?フランチャイズ事業で起きやすいトラブル

それでは実際に悪質なフランチャイズ本部はどのような手口で利益を搾取しようとするのでしょうか。フランチャイズ事業で起きやすいトラブルも合わせて一緒に見ていきましょう。

その1:加盟金・ロイヤリティの搾取

フランチャイズ事業で起きやすいトラブルの一つとして、本部による加盟金ロイヤリティの搾取が挙げられます。本来加盟店オーナーは商標の利用や経営指導など本部が提供するフランチャイズパーケージの対価として加盟金、ロイヤリティを支払うことになっています。しかし悪徳企業の場合、加盟金やロイヤリティが手に入りさえすればそれだけで利益となるため、その後の事業展開に全く興味を示しません。つまり、悪徳企業は本来フランチャイズ本部としての経営指導や設備投資等などの役割をしっかり果たさずに加盟金やロイヤリティだけを搾取するのです。

その2:売上利益の搾取

たとえ優良な企業とのフランチャイズ事業であったとしても、仕組み上加盟店オーナーが「稼げば稼ぐほど収入が上がる」というケースは非常に稀です。というのも、収入に応じて納めなければならないロイヤリティ額が変動する、また、オーナーの給料が固定になっていることもあるからです。しかし、悪徳企業の中には「意図的に」利益を搾取しようとするフランチャイズ本部も存在します。特にコンビニなど小売業で多い事例ですが、繁盛している加盟店の近隣に直営店やライバル店をわざと出店させ顧客を奪いその加盟店を廃業に追い込もうとする手口です。というのも、フランチャイズ事業を展開している企業にとっては、加盟店より直営店からの収益のほうが圧倒的に多いため、直営店を繁盛させるために加盟店を廃業に追い込む手口を行うのです。全ての企業が繁盛している加盟店を閉店へ追い込むわけではありませんが、加盟店よりも直営店の方が立場が上なのは事実です。

その3:オーナーへ負担を課す

本来、フランチャイズビジネスとは起業を考えている方に対して本部が教育や指導、資本投資を行い加盟者の起業をサポートするシステムになっています。しかし、悪徳企業の場合は本来本部が一部を負担するべき仕入れ費、アルバイト等や従業員の人件費、その他費用などををオーナーに全て負担させようとします。これは明らかに本来のフランチャイズ理念とは異なり悪質な手口です。


その4:人件費削減のみを目的とした契約を貸してくる

また、家族経営のフランチャイズ事業の場合では労働力を搾取するために従業員として働いている家族を「部外者」と見なし給料を支払わないといったケースも存在します。そのため、加盟店オーナーに長時間労働を強いる悪徳企業も存在します。フランチャイズ加盟店オーナーは本部の従業員ではないため、残業代の支払い義務はありません。そのため、人件費の削減のみを目的としてフランチャイズ企業に捕まってしまうと店舗経営に縛り付けられ自由な時間を奪われてしまうこともあるのです。

その5:本部による突然の契約破棄

これは優良・悪質フランチャイズ企業に問わず、フランチャイズ事業において起きうることですが、契約違反以外の状況でも本部から突然の契約打ち切りを通告される場合があります。冒頭でも述べたたように、フランチャイズ事業は本部と加盟店双方に利益が出る仕組みになっていますが、逆を言えば加盟店が儲からなければ本部も損失を被ることになります。そのため、売上が芳しくない場合や業績不振の店舗は本部から突然契約破棄の通知を受けることになるのです。フランチャイズの仕組み上各加盟店経営の決定権は本部にあるためこれは避けられないトラブルになります。

フランチャイズトラブルを未然に防ぐためには?注意点など

以上で紹介した5点がフランチャイズ事業で起こりうる主なトラブルですが、これら以外にも様々な問題が生じます。そういったトラブルを未然に防ぐためにはまず、悪質なフランチャイズ企業をしっかり見抜くことが一番の対策となります。悪質なフランチャイズに引っかからないためには契約を結ぶ前にその企業についてしっかりと情報収集を行い、また契約内容についてもしっかりと理解することです。フランチャイズ事業を行っている企業についての情報は各企業のホームページでも知ることができますが、フランチャイズ説明会セミナーに自ら足を運びより正確な情報を集め、不明点があれば契約を結ぶ前にしっかりと解決する努力をしましょう。

フランチャイズ本部による搾取とは?まとめ

今回は悪徳フランチャイズ本部による搾取やさまざまなトラブルに紹介しました。もちろん全ての企業が悪質であるというわけではなく、当然加盟店オーナーと連携してうまくやっている企業も存在します。しかし、非常に悪質な手口で加盟店オーナーから利益を搾取しようとする悪徳企業も存在します。また、フランチャイズという仕組み上起きうるトラブルも存在するため、それらの被害に合わないためにも契約内容やフランチャイズ本部について事前に十分な理解しておく必要があるのです。

フランチャイズ本部による搾取とは?事前に知っておくべき仕組み

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする