フランチャイズ相談所

フランチャイズで失敗したら借金はどうする?廃業後の対処は?

フランチャイズで失敗したら借金はどうする?廃業後の対処は?

今回はフランチャイズ事業を始める際に絶対知っておきたい借金について紹介します。ビジネスを始める以上お金のトラブルは決して避けて通ることはできず、フランチャイズ事業が始まってから不測の事態に陥ることも珍しくありません。これからフランチャイズビジネスを始めることを検討されている方はぜひ参考にして下さい。

フランチャイズビジネスには失敗、そして借金が付き物

フランチャイズビジネスは個人で起業するよりも比較的ローリスク・ハイリターンと言われており、その魅力によってフランチャイズ起業を検討されている方も少なくないと思います。しかし、フランチャイズ事業も一つのビジネスであることから「絶対」はなく、時には不測の自体に陥り廃業や借金を抱えてしまうこともあります。フランチャイズ事業の成功率は業種・業態によって大きく異なるため一概には言えませんが、万が一失敗してしまった時の対処、また借金の対処についてオーナーは予め知っておく必要があるのです。

フランチャイズビジネスにおける「借金」とは

フランチャイズ事業を始めるためは、店舗や設備を整える際の「初期費用」、事業が始まってから必要になる人件費や仕入れの際のコスト、また店舗の光熱費などが含まれる「運営費」の2つが主に必要となります。まず初期費用に関して、業種・業態によって必要となる初期費用は異なりますが、高額の場合オーナーの自己資金だけでは賄えないケースがほとんどであるため各金融機関から融資を受けると思います。しかし、事業がうまく行かず利益が十分に出る前に廃業に追い込まれた場合、その融資の返済額を借金として抱えることになります。人件費やその他コストが思いのほか多く出てしまった場合、もしくは売上額を上回ってしまった状態で廃業した場合はそれらの赤字がそのまま借金となります。また、借金の他にも事業において顧客や他者、フランチャイズ本部に不利益を生じさせた場合には損害賠償が発生します。

フランチャイズ事業で借金を抱えてしまうケース

以上で紹介したように事業そのものの経営状態や売上などによって借金を抱えることがありますが、フランチャイズの「契約」によって借金が発生する場合もあります。そこで、フランチャイズ事業において借金が発生してしまう状況やその対処法について見ていきましょう。

その1:加盟店オーナーが契約違反をした場合

フランチャイズビジネスにおいてフランチャイズ本部と加盟店はあくまでもそれぞれ独立した事業とみなされますが、加盟店オーナーは契約内容に沿った経営をすることが義務付けられています。経営方針や商品の販売スタイルなどに加えて契約期間も守らなければなりません。しかし、オーナーが契約内容に反した運営をしている、もしくは意図的に本部に対して損害が発生する状況を招いた場合そのフランチャイズ契約は中途解約になり、違約金が発生します。このケースにおいて、非は100%加盟店のオーナー側にあるため対処法はなく、違約金を借金として全額完済しなければなりません。また、違約金に加えて損害賠償を請求されることもあるため、大きな借金を抱えないためには当然のことですが契約内容に沿って事業運営をしましょう。

その2:フランチャイズ本部に責任がある場合

契約内容に忠実に従い、フランチャイズ本部と一生懸命連携を図ることに努力しながら事業運営していたとしても売上が伸びず赤字が増え続けてしまう可能性も十分あります。その際は「事業失敗」という形でフランチャイズ契約が終了することがあります。しかし、失敗の原因の一部が本部にもある場合、オーナーに支払い能力が無いと認められた際には中途解約であっても違約金は原則として発生しません。しかし、違約金の支払い義務がなかったとしても先程述べた初期費用や運営費の債務、つまり借金はオーナー自らが完済することになります。

フランチャイズで借金をなるべく出さないためには?

フランチャイズに限らず、ビジネスを行っている以上借金ゼロで事業を進めていくことはほとんど不可能です。しかし、努力次第で借金額を抑えることはできます。そこで、フランチャイズで借金をなるべく出さないための方法や注意点について紹介します。

売上予測を勘違いしないこと

フランチャイズ契約を結ぶ際、本部は加盟希望者に対してその事業を始めることによって生まれる利益や売上など具体的な数字でまとめた「売上・収益予測」を提示することが義務付けられています。しかし、それはあくまでも予測であり、売上や収益を保証するものではありません。このことを勘違いしたまま事業を始めてしまうと双方の理解に溝ができてしまい必ずトラブルの原因になります。その後解決できれば良いですが、両者の溝がますます広がり関係が悪化してしまうと事業失敗、そして借金の原因にもつながります。そのため、「売上・収益予測」も含め契約内容に関してはしっかりと理解しておきましょう。

時には見切りをつけること重要

どんなビジネスにおいても事業を軌道に載せ安定した収益を出すためには時間がかかり、業種・業態によって必要な時間も異なります。しかし、だからといって赤字続きのまま経営を続けてしまうと債務額、つまり借金が増え続けて結果的には返済しきれない程の借金を抱えてしまう恐れがあります。そのため、時には見切りをつけて事業を終了することも重要となるのです。確かに、多くの苦労や時間を掛けて始めた事業を止めるという決断は難しいですが、収益が全く見込めない以上事業を継続しても借金の額が増え続け、返済の負担も増えるだけなので時にはきっぱりと諦めることも大切なのです。

フランチャイズビジネスと借金まとめ

フランチャイズ事業も一つのビジネスである以上、全く借金をしないで事業運営をすることは難しく、また、一生懸命努力して経営を行っても失敗してしまうことがあります。そのようなリスクを最小限に抑えるためにはフランチャイズの契約内容を忠実に守り、本部と良い関係を築き上げていくことは言うまでもなく重要です。しかし、万が一失敗してしまった際に借金などの負担を最小限に抑えるためには事業を止めるという決断も時には必要になります。

フランチャイズで失敗したら借金はどうする?廃業後の対処は?

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする