フランチャイズ相談所

投資型フランチャイズとは?投資型フランチャイズの魅力をご紹介

投資型フランチャイズとは?投資型フランチャイズの魅力をご紹介

今回は投資型フランチャイズに関して、投資型フランチャイズ事業の魅力やメリット、また実際に事業を始める際の注意点についてまとめました。実際にこれから投資型フランチャイズを始める方、興味のある方はぜひ参考にしてください。

投資型フランチャイズとは?

投資型フランチャイズとは、資本投資と店舗運営を切り離して行うフランチャイズビジネスです。加盟店のオーナーは投資に貢献し、実際の店舗運営は本部の人間、もしくは他の人間が行うことになっています。投資型フランチャイズは土地活用フランチャイズとも呼ばれることがあり、コインランドリー経営、不動産経営、コインパーキング経営などが主に挙げられます。

従来のフランチャイズとの違い

従来の一般的なフランチャイズは加盟店オーナー自らが資本投資、そして店舗運営を行っていまいた。しかし、投資型フランチャイズの場合、加盟店オーナーは投資だけ行い店舗運営は他の人間が行うという点において大きく異なります。「投資」と聞くと不動産投資や株式投資などが一般的に挙げられますが、近年ではフランチャイズ経営を投資の手段として利用する方も徐々に増えていきます。

投資型フランチャイズのメリットや魅力

投資型フランチャイズとはどのようなものか、また従来のフランチャイズとの違いについて理解して頂けたでしょうか。それでは、投資型フランチャイズビジネスを行うメリットやその魅力について一緒に考えていきましょう。

その1:運営の手間がかからない

投資型フランチャイズの最大の魅力は、店舗運営に手間がかからないということです。というのも、実質のオーナーは資本投資のみ行い実際の店舗運営はフランチャイズ契約を結んだ本部の人間や他の加盟者、業種によっては無人で運営できる場合もあるからです。一般的なフランチャイズの場合は物件探しから開業準備、そして店舗運営までオーナー自らが全て行うことになっているため膨大な時間と労力を費やします。一方投資型フランチャイズの場合、オーナーは直接的に従業員等に研修や指導をする必要もなく、商品やサービスの提供もすべて店舗スタッフが行うため運営にほとんどの手間がかからないのです。店舗やその他設備等のメンテナンスもフランチャイズ本部が行うことになっているため、オーナーの業務は集金見回りのみとなります。

その2:需要が安定している

投資型フランチャイズは需要が安定しており比較的長期的な収入が見込めるというメリットもあります。一般的なフランチャイズの中にはブームや流行が過ぎ去ると収益が出ずに行き詰まってしまう業種もあります。最悪の場合廃業に追い込まれ、多くの損害だけが残ってしまうことも珍しくありません、しかし、投資型フランチャイズのほとんどは先程も述べたとおりコインランドリーやコインパーキングなど土地活用をした事業であるため、流行や景気などの影響を受けにくく決して需要がなくなることも無いため断続的な収益が見込めます。

その3:副業として始めることも可能

投資型フランチャイズは副業としても始めることが可能です。近年では多くの企業でサラリーマンの副業が認められてきていますが、副業したくても十分な時間を確保できないことがサラリーマンの現状となっています。かと言って副業に集中しすぎるあまり本業に支障が出てしまっては本末転倒です。しかし、投資型フランチャイズは実質的に不労所得であり、最低限の業務を行えば事業が成り立つため、忙しいサラリーマンでも気軽に始めることができます。副業に限らず、シニア世代の方で起業を考えている方にとっても投資型フランチャイズは体力的な負担が少ないためオススメです。

投資型フランチャイズを始める際の注意点

以上の3点が投資型フランチャイズの主な魅力やメリットとなります。投資型フランチャイズは従来の一般的なフランチャイズに比べて多くの利点がありますが、一つの事業である以上必ずしも成功するとは限らず、何かしらの問題が生じることも十分あり得ます。そこで、投資型フランチャイズを始める際に知っておきたい注意点についても一緒に見ていきましょう。

初期費用が高額になる場合も

投資型フランチャイズを始める際には初期費用が高額になることがほとんどです。業種・業態、規模によって異なるため一概には言えませんが、投資型フランチャイズの代表的なコインランドリー経営やパーキング経営の場合は洗濯機や乾燥機、その他設備を整えるための工事費などを含めると、1000万円以上必要と言われています。実際に事業が始まってから必要となる運営費はそれほどかかりませんが、事業を始めるための準備費用や初期費用が高額になるということを予め理解しておきましょう。

業種によってはライバル店がたくさんあることも

投資型フランチャイズは運営の手間がかからない、安定した収入が見込めるという理由から近年ではますます人気が出てきおり、フランチャイズ加盟者の数も増えてきています。そのため、ライバル店や競合店の数も同時に増えているため競争率が高くなっています。また、コインランドリー経営やコインパーキング経営などは経営スタイルがどこの店舗もほとんど同じであるため、他の店舗との差別化が難しく、どれだけ良い立地で事業を始められるかということが収益を出す要因の一つとなっています。

店舗スタッフとの連携も必要

投資型フランチャイズでは直接店舗運営に関わる機会は少ないですが、だからといって全く関わらなくても良いとは限りません。事業を成功に導くためには店舗スタッフとの連携を図り、信頼関係を築いていくこともオーナーに求められる業務の一つです。

投資型フランチャイズとは?まとめ

今回は投資型フランチャイズとはどんな事業なのか、そのメリットや魅力も含めて紹介しました。投資型フランチャイズは従来の一般的なフランチャイズに比べて運営の手間がかからない、需要と収入が安定している、また副業としても始められるという魅力があります。しかし、投資型フランチャイズも一つのビジネスである以上経営努力を怠っては成功に導くことはできません。

投資型フランチャイズとは?投資型フランチャイズの魅力をご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする